世炯ソンセンニン、世炯ソンセンニン、世炯ソンセンニン、世炯ソンセンニン、世炯ソンセンニン、世炯ソンセンニン…
何回も何回も呼んでも呼び足りない。

私が、朝大を登校拒否をしたとき、新宿で私を探していた世炯ソンセンニン。
朝大を辞めるとき、親を含め反対してた人たちを説得してくれたのも世炯ソンセンニン。
朝大を辞めてもウリナラユニバーシアード代表に弱冠19歳で選んでくれたのも世炯ソンセンニン。
代表合宿直前に重病を患い、神奈川の病院に搬送された直後にすぐ駆けつけてくれたのも世炯ソンセンニン。
日本企業サッカー部に入団が決まり、代表の道が絶たれたとき、国分寺の茶店で苦い珈琲を共に飲んでくださったのも世炯ソンセンニン。
古河に入り、筑波大学の後輩でもある現日本サッカー協会会長 田嶋さんに"頼むな"と
人知れず連絡してくれたのも世炯ソンセンニン。
朝鮮新聞社から取材拒否を受けたとき、真っ先に抗議してくれたのも世炯ソンセンニン。
そして、その翌週に朝日新聞を呼んできたのも世炯ソンセンニン。

どんな状況であれ、僕を信じてくれた世炯ソンセンニン。
僕のために多くの敵を作ってしまいましたね。

そんな、ソンセンニンがいなくなったら、僕はどうすればいいんでしょうか?
ホント、目を覚ましてください。お願いします。心が痛くて痛くてたまりません。
世炯ソンセンニンが名誉監督されてる、朝大に僕が行くようになって安心したから、逝かれたのでしょうか。
なら、僕はもう行きません。
だから、またソンセンニンお話しましょう。今回は僕がソンセンニンの溜まった話を聞きますので、ねぇソンセンニン。

ソンセンニンがいなくなったら僕がやってることに何の価値があるのでしょうか。














ひょんとした繋がりが、どんどん大きくなることがある。
それがプライベートレッスンだ。
始めは友人の紹介のお子さんを見たのがキッカケなんだけど、あれよあれよと自分のキャパを越えそうな勢いだ。(もちろんありがたいお話です)
そのお陰で私自身も個人練習のレパートリーも増え有意義なトレーニングを行うことが出来ている。
皆さんに感謝です。
個人レッスンでは技術的なトレーニングを重視しながら、サッカーについての勉強を子供たちと共にディスカッションしながら私も学んでいる。子供たちの発想はまさに天才的だ。
しかし、やって行く過程でもっとも重要なのは子供と話し合って目標設定してあげることだと感じている。
それは短期、中期、長期と三段階でしてあげることがベストだ。

中学生の例え

短期 技術          (現在、在籍している部活やクラブチームで発揮できるスキル)
中期 フィジカル 精神熟成  (主に自分が受験したいJ下部組織や高校への対策推薦)
長期 プレースタイルの確立  (自分が持っている武器でプロ、大学を目指す)

こういった話を子供に設定してあげると俄然やる気が違う。
技術も目標も非現実を現実に近づけることが私の役目と思っている。
もちろん、全員がプロになることを願っている。しかし厳しい現実があるのも事実。
狭き門だよ。本当に
それを教えるのも忘れてはいけない。
けど、何より大事なのは目標を設定してそこに突き進む過程が重要。
憧れのプロになってもなれなくても、歩んできたサッカー人生は必ず活きてくるはずだから。

私も今はチャレンジャー、みんなと一緒!だからこそわかり合えるのかもしれない。
そんな私を支えてるのは間違いなく君たちです。
みんな、サンキューベリーマッチ!(笑)

父母のみなさんありがとうございます!



チャンピオンズリーグのお仕事で一番辛いことは待ち時間。
その間、僕は韓ドラを観るのです。
韓ドラの恋愛モノが好き…(笑)
韓ドラはいつもハッピーエンド。幸せな気分になるのだ。
乙女チックな奴のほうが、サッカーはウマイよ。とセル○オさんも言ってました。
本当かい!
さあ、これから本業といきましょう。
チャンピオンズリーグ準決勝 ファーストレグ
レアルマドリードvsバイエルンミュンヘン
C.ロナウドという化け物を押さえられれば、総合的にサッカーはバイエルンが上。
みんな、レアルが好きだからレアルって言うんだけど、バイエルンが勝つと思いますよ。
当初の予定道り、決勝はバイエルンvsリバプールってことで。
どっちにせよ、凄い試合になるでしょう。


↑このページのトップへ