こんばんわ。
申です。
すごしやすい、天候になりました。

今日は、船山貴之、タカについて話そうと思う。

言わずと知れた、サポーターから愛された男。

タカがジェフを去ると聞いたときは、俺だけじゃなく周りの人達も耳を疑った。

えっ?大丈夫か?

時間がたって冷静に考えればチームイノベーションは必要だし、現場にはそれなりの中期的な戦略があったんだろう。と推測する。

俺はタカがプレーヤーとしても人としても好きだ。

タカのプレーはみんなが知っての通りなので、いまさら自分が説明する必要もない。
ただ一つ、俺が言えるのは何時も"頼れる男"だった。ここ一番の勝負強さはこれぞ、タカという代名詞だった。

タカという男は、人としても魅力的な男だった。
当時、ジェフにスタッフで入りたての俺を、何の偏見も区別もなく迎えてくれた。
(それはみんなそう)

あれだけの実績を持ちながらも、色々と吸収するために俺の意見も真摯に受け入れてた。
(シュート練習に付き合う時はうるさかった。笑笑)
調子を落としスタメンから外された時も、"チームのためだから"と受け入れた。

サイゼリヤで二人でチームのことや、今後のサッカー人生についても話し合った。

チームをまず第一に考え、チームメイトをリスペクトしチームスタッフに気遣い、家族を大事にする本当に愛されるべき男だった。

タカは今、全身全霊をかけて、相模原とサポーターのために戦っている。
ジェフにいた時と同じ気持ちで。

そんな走り続ける彼をテレビ越しで観て思うことがある。

私達は、選手やスタッフ、アカデミー、サポーター、スポンサーにいたるまで、いかにエンゲージメントを高められるか考える必要がある。

人がチームを構成しているから。

関わる人を大事にしたい。

タカ!俺はまだお前から学んでいる。

また、会おう!


こんばんわ。
申です。
まだまだ、夜は冷えますね。

今日は本田功輝から直接リクエストがあったので、本田功輝について話そう。

今年からジェフサポになった方は分からない人もいるかも知れないが(一人か二人はいると思う)大抵のサポーターの方はご存知だろうか。

徳島県出身で高校は香川西高校、高校を卒業しジェフユナイテッド千葉に入団した高卒ルーキー。

俺がジェフに行った時は靭帯断裂の大怪我でリハビリ中だった。
性格は明るく前向きで、周りの人たちからも愛されキャラとして可愛がられていた。
復帰しグラウンドで初めてコーキのプレーを見たとき、荒削りだな〜と思ったな。

俺ね。いつもコーキを見ると、自分の好きな馬"サイレンススズカ"を重ねるんだよね。

最初はじゃじゃ馬でゲートも潜る暴れ馬。
コーキと話しても、"いや俺、全然負けてないっすよ"とこっちも強気
この二人、共通点多い。
まず、そのスピード。一旦スピードに乗せたら誰も追いつかない。止められない。

それはもう、コーキは、あのアルゼンチン代表のカニーヒャを思い出させてくれた。
そのくらい、爽快な脚力を持っていたね。
さっきも言ったようにまだまだ、荒削りの面はあったけど、そのスピードは大きな魅力でもあった。

この二人のドラマも凄い。
まず、サイレンススズカ。転機が訪れる。あの天才ジョッキー武豊が騎乗を懇願。武豊の繊細なコントロールもあって、あの暴馬が闘馬に生まれ変わる。
【異次元の逃亡者】として
そして連勝街道が始まる。

次は、コーキ。怪我から復調し、メンバー入りも果たしながら徐々にチームの中での存在感も増して行ってた。
【疾風のドリブラー】として
彼が調子を上げるにつれ、ジェフユナイテッドの今後の展望は明るさしかなかった。

そんな順風満帆な二人に悲劇が襲う。

コーキはその有り余る才能を早く発揮させたかったかためか、オーバートレーニングでまたも負傷により戦線離脱。
サイレンススズカも天皇賞秋にて第四コーナーで粉砕骨折によりその生涯を終える。

コーキはその後、懸命なリハビリを兼ねて復帰するも、移籍したチームで更に大怪我をおい手術を余儀なくされる。
そしてサッカーから離れる。
その手術、通算5回、彼の天性の足は悲しく悲鳴を上げた。

コーキとサイレンススズカの共通点は"怪我がなかったらどうなっていただろう?"
そんないつまでも、果てしない夢の話しをさせてくれる。

コーキは現在、サッカーの世界を離れ社会人として立派に過ごしている。
けど、俺やジェフサポーターたちは、また来年コーキが戻って来るんじゃないかと、夢見ている。

「ことしもまた、あなたの、わたしの夢が走ります。あなたの夢はスペシャルウィークかグラスワンダーか。わたしの夢はサイレンススズカです。夢かなわぬとはいえ、もう一度この舞台で、ダービー馬やグランプリホースと走ってほしかった…」

杉本清さんの名ナレーションをコーキに当てはめる。

コーキは今でも色んな人に夢をみさせてくれるそんな素晴らしい男です。

どこまでも、先頭を走れ!本田功輝!


こんばんわ。
申です。
今日は雨。けど、雨はいいですね。すべて流してくれるから。
お陰で車の洗車もしなくていい。

皆さんは先週のアルディージャ戦はどう思われただろう。
様々な思いが交差するなか、色々な新たな発見と驚きがあったので、話そうと思う。

試合内容は番記者やアナリストに任せて僕はジェフユナイテッドというチームとサポーターについて考えてみた。

チームはなぜ、こうも逆境に弱いのか。
それでもサポーターはなぜ、前を向けるのか。

以前、元ジェフ戦士の鈴木隆行が「ジェフサポーターは日本一」という記事を見た。

今回の敗戦でジェフサポーターはその記事のまんまであることを知った。

あるサポーターが
「今日は拍手がたりなかったね」
(拍手がたりなかったから、負けたと思っているのか?)
「良い拍手をすることで良い波動を選手たちに送ってる」
「今日は足りなかったね」
「だから、負けたのは僕らのせいでもある」
「次は…」
たまげたよ。
負けたのは僕らの責任でもある?
負けた理由がチームのどこかにあったにせよ、これには驚きを隠せなかった。

隆行が見た光景はこれなんだな。

ジェフ戦士たちよ。サポーターは誰一人君たちを責めたりはしていない。

むしろ、その逆だ。

どんな時でも下を向かせないためにいつも波動を送り続けてる。

私達は十数年、同じ波動で仕事してはいないだろうか。
変わらないから諦めてはいないだろうか。
やっても報われないと思ってはいないだろうか。

この流れを変えるために全力でこの状況を抗ってみよう。
そして、本当のジェフユナイテッドの波動をサポーターに贈りましょう。

ここからがスタートでもいい。

スタートしたら

ジェフサポーターは世界一になる。











↑このページのトップへ