月別アーカイブ / 2014年05月



5月24日渋谷WWWワンマン無事終わりましたー!!!

photo:01





最高の景色を見せてくれてありがとう。
共に走ってくれてありがとう。




ステージでも話したけど、僕らは今年始めに『ラストチャンス』って言葉を使った。今年だめならやめるって決めてスタートした。

けど、内心はどこ向かってるかそんな明確なものはなくて、とりあえずガムシャラにやるぞって思ってた。
すげー不安だったし、みんなにも不安にさせた。ごめんね。

だけど、12ヶ月連続ワンマンが終わって、香港でライブしたあたりから何か自分たちがしたいことが明確に見えたんです。



今年だめなら辞めるって気持ちから、今年やめてたまるかって思った!!笑


そして今回524渋谷WWWであの景色を見た瞬間もっと歌っていたいって思った。もっと挑戦したいって思った。


だからもう少しみんなと一緒に夢追ってもいいかな?頼りない僕らだけど、共にみんなで夢掴みたいんだ。

ありがとうなんて言葉じゃ足りないくらいみんなに感謝してます。
でもありがとうって言葉より大きな感謝の気持ちの表現の仕方はわからないからこれからも歌ってみんなに返したいって思ってる。

だからこれからもよろしく!



いつもそう、上京した時も地元のみんなが僕らの背中を押してくれた。
上京して何度も負けそうになって逃げ出しそうな時だってみんなが背中を押してくれた。

今の僕らがいるのはみんなのおかげなんです。

だから今度は僕らがみんなの背中押せるように歌うから、何か迷った時は会いにおいで。
一緒に笑って泣いて怒って疲れよう!笑


なんか終わった風ですが、僕らはスタート切ったばかりです!
次は渋谷クアトロ!渋谷WWWの倍の800人!
やったるからな、待ってろクアトロ!!


そしてこれからもよろしく!
さて、反省会いってくるぞ!!笑



最後まで読んでくれてありがとう。



とし




北海道シリーズ終わりました。
最高の時間をありがとう。

今は飛行機の中でこのブログ書いてるんだけど、(もちろん機内モード)帰りの飛行機ってなんか好きなんだよな。楽しい余韻に浸りつつ、ちょっと切ないみたいな。
頭も整理できるしね!

ちなみに上京したばっかの頃は正直札幌から東京へ戻る時、帰りたくない!って思ってた。笑
会いたい人はたくさんいるのに勝負の街へ戻るのが怖いって感情。
いつでもダメだったら帰っておいでっていう言葉に甘えまくってた!笑

でも月日が経っていつからかそんな風に思わなくなったー。
きっと全国に僕らのことを待ってくれる人がたくさんいるってのも理由の一つだけど、結局東京だろうが札幌だろうがどこ行ったって勝負の街には変わらないのです。
やることは誰かの心に届くように必死に歌うこと。

あの頃よりは成長できてるのかな?
そうだといいね^ ^


5月24日まであと5日。
今の俺らを全部ぶつけます。
最高の空間を作るの約束するから、みんなも覚悟してWWWにおいで!笑


光源の歌詞にもあるけど、戻りたい過去があって、でも進まなきゃいけない未来がある。みんな苦しかったり葛藤したり。俺らも同じ。
でもどうな悩むなら、1人で悩まないで一緒に悩んで葛藤して自分と戦いながら前へ進まない?

俺らはステージで歌ってるからいつでも会いにおいで!待ってる。

みんなは俺らの光の源だし、俺らはみんなの光の源でありたい。



一緒に夢叶えよう!

そろそろつきそうなので終わり!
最後までみてくれてありがとう^ ^

地味に書いてるブログにコメントあると幸せな気持ちになるからよかったらコメントちょうだいね☻笑

いつもありがとう!


とし




今日5月7日無事『光源』と『SOULJARNZ vol.2』リリースしましたー!!!!
まずは応援してくれた皆様本当にありがとう。


今回のテーマは『アカペラへの挑戦状』
今まで偉大なる先輩たちが作ったアカペラのイメージを壊せるような新たなアカペラ像を作りたい、そんな思いで作った2枚です。
だからこそ挑戦状!笑


表向きにはデジタルサウンドとアカペラの融合なんて話をしてるので、今日は楽曲の裏の話。


ぶっちゃけこの楽曲たちと向き合うこと最初はすごく難しかった。
光源もアメノチアオも楽曲提供で、曲のイメージも歌詞の世界観も今の自分たちと少し離れてると思ったから。

だからとことん話した。メンバーとも会社とも作って頂いた方とも。
時には生意気なこと言って怒られたりメンバーとギクシャクしたり。笑


その中で見えた光、アカペラへの挑戦状ってキーワード。

光源もアメノチアオも共通して言えることは戻りたい過去や逃げ出したい今がある中で迷い、焦り葛藤しながらもなんとか前に進もうとする姿。変わりたいって思ってる強さ。
そこの切なさとポジティブな力をこの真逆な曲たちに込めて歌った。
だからこそサウンドも今までよりも攻めてとことん追い込みました。

そして何度も何度も歌詞を見直した時まさに今の自分たちのこと歌ってる歌だなって思ったんです。
そう感じれたのは香港帰ってだから結構時間はかかったけどね笑

でもさ、同じように苦しみながら頑張ってる人ってたくさんいるじゃん。このブログみてくれるあなたもそうだと思うよ。
だからどうせなら悩んだり葛藤するのも一緒にできたらなって、その先にある幸せだとか光も一緒に探せたらいいなって思ってこの歌を歌ってる。
ともに頑張ろう、そんなありがちな言葉だけどそう思ってるんだ。

みんなと夢掴めるように、たくさんの人の力を借りてこのCDがリリースできることになりました!
改めてありがとう!
幸せです。


2014年5月7日
とし

↑このページのトップへ