こんばんは。


僕です。


ライブ前夜です。



一昨年の秋頃。


そうそう、例の、解散騒動真っ只中の頃。



あの時はね、まさか2019の年明けに

O-WESTでワンマンなんて、思ってもなかったよ。




通じて、音楽家として、

何かを作りたいとか、何かを残したいとか、


そんなことを考えて、躍起になって、音楽して、歌って、ハモって、笑って泣いて。




こんなこと、皆さんに言うべきことかわかんないけど。




こう、長いことやってますと、

「あれ?これ無理なんじゃね?」


って、思う時もあるわけです。


ええ、そりゃそうです。

ただ、何かを作りたいとか、何かを遺したいとか思ってますから、

せめて1個だけでも、自分が納得するものを、

言わば「やめる理由」を、必死に作ろうとするわけです。



やめた方がいい理由なんて

そのへん見れば、売るほど転がってます。




これでダメならもういいや。

そう思えるほど自分を追い込んだ時期がありました。



で、ダメだったのよ。



でも結局、やめなかったの。




本当に良かったと思ってます。



続ける理由は、自分らで作らなきゃないんですけどね。

それも含めて。本当に。よかったと思います。



皆さんを、歌い続けるための言い訳にするのは、僕の中ではもう、おしまい。

大きな理由ではあるんですけど。ともすれば言い訳として僕を、一見優しく、包んでしまう。


そうなると、出るのは億劫なんです。

でも、そうじゃない。そうじゃねえんだよホントは。



明日は、ただいまの日。
東京という場所を、僕らのホームにしたい。

その思いで始まった「本気ふるさと化計画」の、
最初の1歩。



僕にとってはまた、別の意味合いも少し、感じたりしている。


ただいまJARNZΩ。

ただいまアカペラ。

ただいま音楽。

ただいま、東京生まれの俺。





明日はなんか、そんな日。




意味わかんないね。


シラフだよ。



足は第2の心臓です。


歩みを止めたら、全部が止まるんです。

そういう意味じゃないのか。

そうか。知ってる。


けい