こんばんは。

お久しぶりです。


僕です。



もはや「お久しぶり」は固定。



全国ツアーの真っ最中ですが、あんま関係ないこと書きます。




今日だか明日だかで、僕がJARNZΩのメンバーになって5年が経ちます。




変な話、こんなに長いことこのバンドに居るとも思ってなかったかも知れません。


20代の後半という、恐らく今後の人生感に於いてもそこそこ肝になって来るであろう5年間を、JARNZΩで過ごしました。



長いような、あっという間のような。

とにかくバタバタと過ぎた時間でした。



楽しいこともそこそこありました。
好きで歌ってるんだから、そりゃそうですね。


大変なこともいっぱいありました。
辛いとか悔しいとか、そんな気持ちに飽きてきてる自分さえいます。


それでも何とか、やっとこさっとこやってきた時間が、5年過ぎました。

5年前は反骨心の塊だったんだけどなぁ。
まあ本質は今もそんなに変わってないか。



「続けることに意味がある」と、胸張って言えるようなことをやっている自信はあまりないのですが、

続けてこられたのは間違いなく、支えてくれる皆さんのおかげです。


本当にありがとうございます。






5年が経ち現在、改めて思うのは「自分とは」ということだったりします。


JARNZΩのKEIΩとしても、1人の29歳の男としても、

何がしたくて、何を知りたくて、

何がどうして、今こんな感じになってんのか。


ここまで来るともう、夢とかそんな次元の話じゃないんですよ。


一人の人間として、何を完成させたいのか。


そのために必要でないことに傾けられる時間は、今後そんなに残ってないような気がするんですよ。





ここからは本当の意味で全力投球です。

明日投げられなくてもいい、という覚悟も、時には必要だったりする、ってことですかね。


いやでも肩痛いの嫌だなぁ……。


まあ大体そんな感じです。

明日からもよろしくお願いします。


ご挨拶でした。




春が来てるね。







けい