月別アーカイブ / 2017年03月

こんばんは。



僕です。






土曜日はツアーで仙台でした。





現地のアカペラグループさんたちと共に。

LEGO、すず風、Vital capacity、ありがとう。



LEGOは宮城大学のアカペラサークルからの参加。
まだ若いサークルみたいで、今回出てくれたのもみんな1年生でした。

まだ試行錯誤してますって言ってた。すげー緊張してた。
けどそれって素晴らしい経験になると僕は思う。

僕は二度とそんな経験できないし、おそらく彼女らにとっても、二度と訪れることのない「初めて」の経験になったんだと思う。

あとあと振り返った時に、あれは良かったって思ってもらえたらいいな。

すず風さんとVital capacityさんは社会人グループでした。


すず風のメンバーさんと、社会人アカペラのあり方、アマチュアアカペラそのもののあり方についてたくさんお話させていただいた。

どうやら僕は、未だにアマチュアリズムの中にいるらしい。

多分それ自体は良い事じゃないんだろうけど(笑)、

戦いながら、やっぱり故郷のことは忘れたくないなぁ、と思ったのでした。


そんなわけで仙台公演は、「こういうのもあるよ」って言うのを置いていきたくて歌った部分が少しありました。

もちろん、僕もまだ研究中の身だし、先生のような気持ちでいるのも違うよなぁ、とは思うのだけど。


ただ、「俺これ出来るよ!」は持ってるつもりだし、
それがナシで「アカペラ界を」とか「アカペラ愛が」とか言うのも、なんか失礼だよなぁ、と改めて思いました。


「俺これ出来るよ!」は増やしていきたいです。今後も。当たり前ですけど。






翌日移動して宇都宮。JARNZΩが宇都宮で歌うのは、これが初めて。


それでもたくさんの人が見に来てくれました。なんとありがたい事か……


ブルウノオトさんは現地のアカペラグループ。
上州あかぺら市場のときにご一緒した御縁もあって、今回出演していただきました。


ジャズっぽいハモをフワッとキメちゃう、ひと昔前だと「よくいるグループ」だったと思うんだけど、最近そういえばあんまり見ないかも。

そうだ、俺こういう先輩に憧れてアカペラやってたんだったなぁ、なんて、高校生の頃を思い出したりした。

ちなみに、僕が初めて出たライブ(当時Hearty vox)でご一緒したグループの一つが、おそらく彼らの先輩にあたるグループだったと記憶している。

ちなみにその時ライブハウスでPAとして働いてたのが、今回宇都宮公演で音響を担当してくれた野口さん。

もう12年も前かぁ、なんて、前日のLEGOのこともあってか妙にグッときてしまった。


2番手を務めてくれた吉間元春。
ライブは初めて拝見しましたが、いいシンガーですね。
技量も心意気も素敵でした。
酒飲んだらいい話してくれるんだろうなぁ。一緒に飲みたい。

キーボードのシータくんも、実は以前お会いしたことがあって。
というのも彼自身アカペラ人で賞も取ってる立派な方。
あった時のこと、覚えてくれてました。勇気出して言ってみてよかった。笑
パッと見とんがってるんですが、すごく謙虚でいい人です。もっと仲良くなりたい。







少しずつ、動いているものを感じる。

それが何、と聞かれると答えに詰まるけど、大きくて重たい何かが、少しずつ。

そしてそれは多分、僕らにとっていいものだ。



重たいものは動き出したら多分止まらないから、

壊れないように、優しく優しく、それでもしっかり加速がつけられるように、

周りにいる僕らが、ジタバタし続けられるように、これからも頑張ります。

まだまだ忙しくなりそうだ。
ヒマよりずっといい。





今日までの自分の嫌いなとことか、苦手なものとか、

明日からも殺していきたいと思います。

人に迷惑がかからない程度に。



ほんでは。




けい

こんばんは。





僕です。







今更ですが、先週末を振り返ってみたいと思います。









土曜はFlick The Switch!ツアー、熊谷公演。


会場は、初めましてのHEAVEN'S ROCK 熊谷 VJ-1。


一緒にライブしてくれたのは、ビオトープと、GREATEST HITSと、Sky's the limit。

ビオトープのメンバーは全員変態だったので(いい意味で)少し仲良くなれました。もっと仲良くなりたい。

GREATEST HITSさんは、兄貴!って感じ。
ステージマンとして憧れる。動じない感じ。
秩父には鹿がいると教えてくれました。笑


Sky's the limitは、去年の主催ライブ以来久しぶりの共演。
スカリミのリハを見てて、「そうだ!そう言えば俺、こういうのやりたくて歌始めたんだった!!」って思いました。笑
僕のルーツはゴスペラーズ。


正直、10年前は自分がベースを歌いながらループ回したり首振ったりする人に、なってるとは思わなかったなぁ。笑


後悔はない。多分俺にしかできないしね。(ぉ

みんな「やろう!」と思わないだけか。笑

誰かやってみて。笑


想像出来なかった自分になってるって可笑しいし楽しい。





翌日は柏公演。共演は4バンド。



GINNEZは帯広生まれのかっけーバンド。攻めた音出してたなぁ。
コーラスのリバーブそんなにこだわるんだ!いいね!とか思いながら見てた。笑

Yetiさんは不思議な世界観。
とっつきにくいのかと思ったら、控え室で俺らがふざけてるの見てずっと笑ってくれてた。笑
ああいうギャップいいなぁ。と、やけに冷静に羨ましかった。笑

SONG ORDERは2度目の共演。
ライブも熱いし、すごく気持ちのいい兄さんでした。
ああいう気持ちのいい熱さって僕にはないものだなぁ。
ウチのSEIYAΩにも思うけど、ああいう屈託のない感じって気持ちいいな。

そしてSissy。
ステージでもヌクモリティが高いけど、ホントに優しいお兄ちゃん達です。
ボーカルの方がウチの相方をエラく気に入ってイジって下さいます。今後ともTOSHIΩをよろしくお願いします。笑




今回は楽器のバンドさんとの対バンが主でした。

唯一そうじゃないスカリミには、仲間意識というか、ライバル意識というか、
ただ、音楽的にやってることは全然違ったりして、それがまた心地いいというか。
セッションはまたしたいな。


楽器のバンドさんとやらせて頂くことで、「自分たちの音楽とは」の芯のところに、また一歩近づけた気がします。

演奏してる本人が変な言い方かもしれないけど、音楽ってそういうものな気がします。

生まれて人目に触れていく中で育ったり、変わったりする。


それ自体がすごく怖くなったりもするんだけど、いまJARNZΩがやってる歌は逞しく育ってくれると信じてる。確信に近い何かがある。
それが一層深まった感じかな。




ツアーというもの、同じ曲を歌うことがどうしても多い。

沢山見に来てくれる人には悪いなぁ、と、少し思いながらも、

それでも大声で歌い続けたくなる曲達が、やっと俺らのそばにある。そんな感じ。


どんどん育つし、変わるし、同じ曲でも、同じ曲である瞬間は一度もない、と、僕は思う。



それも含めて楽しいし、始めて会う人に見せたいJARNZΩがたくさんあることも、僕は嬉しい。


そんなわけで、ツアーがいよいよ本領発揮しだしてきたような心地です。



ファイナルに向けて、じ曲と、同じ仲間と

全部違うライブを、まだまだたくさん出来るってのが、


僕は嬉しくてならないのです。





だからとりあえずライブ見に来いっての。





そんな感じ。


明日は早速仙台に行くよ!楽しみだ。




だから寝る。





おやすみ。






けい

こんばんは。





僕です。






土日のツアーの振り返りをしようと思ったんだけど、その前に。





本日、3/3付をもちまして、私KEIΩこと岩城慧は、






JARNZΩのメンバーとしての活動を、








あ、接続詞間違えた




JARNZΩのメンバーとしての活動が



5年目に突入しましたヽ(´▽`)ノ









良くも悪くも「JARNZΩ」に振り回され、



また一方ではJARNZΩをブンまわし続けた4年間でもありました。







何かもう、何年目とか関係なくなってきたよ正直。




それを意識し続けることが、いつまで経ってもやや外側に居る感じで大変不服ですし。









でも俺にとっては大事な日なの。








だって、曲がりなりにもプロになった日だもん。







誰も言ってくれないから泣いてる自分に言うよ。
(Flick The Switch収録「孤独ナ単体」より抜粋)



泣いてないけど。







にしても、時間は経ってるなぁ。





もっとスッと売れると思ってたよ。←←←






涙だらけの1年目、汗だくの2年目、嵐の3年目、新しい武器を手に入れた4年目。



もう5年目は、嬉し涙しか流したくないっす。







ご存知かとは思いますが、僕はちょっと偏屈なところがありましてね。


生きるのが、大変苦手です。




そんな僕が人の形をして居られるのは、夢のおかげなのかも知れません。




ひょっとしたら、夢を持ち続けたいと思うあまり、夢よ叶うなと少し思っていたのかも知れません。





バーカ、それじゃ意味ねえよと。





やってやんぞハゲ。おい誰だ自己紹介って言ったの。





僕の夢を大々的に語りたいところですが、
今言うとすげー格好悪いやつなのでやめます。(笑)




まずは沢山の人に知って欲しい。




JARNZΩが、俺が、在ること。







いまはそれだけです。






今後とも応援よろしくっす。







今週末はツアー、仙台と宇都宮!!








まずは屁理屈こいてねえで見に来い!


文句はその後受け付ける!!

文句があるなら直接言え!!


直接言えないならネットに書くな!!


誰かが鵜呑みにするでしょーが!!!





はい!!シラフです!!!





これからも頑張りまーす。





そんだけ。じゃね。



平成二十九年 上巳

JARNZΩ KEIΩ

↑このページのトップへ