月別アーカイブ / 2016年12月


この街に生まれた僕は か きっと

どこか違う町で生まれた誰かと 恋をして

そしていつの日か きっといつの日にか

知らない町で 生まれる誰かの

親になるのでしょう

そしていつか いつの日にか 今はまだ

見たことのない お墓に入るでしょう




「卒業式で歌いそうなメロディで即興で歌う遊び」で今日出来た歌詞なんですが、

6年生がこれ歌ってたらちょっとビビりますね。


ちなみにその後「さくらぁ~ふぶーきのぉ~」ってなっちゃってアウトだったんですが。



今日はそれだけです。



僕です。



来年ツアーが始まります。


絶対見に来てください。


度肝いただきます。







けい

ご無沙汰してしまいました。

僕です。



土日の2日間、新潟県は柏崎におきまして、楽しい時間を過ごしました。



まず、「こども自然王国」という、児童館と宿泊施設が一緒になったようなとこ。

温泉もあって、実に素敵でした。



こちらで、土曜夜はアカペラ交流会。

宿泊される方と、アカペラを使って遊ぶ時間を過ごしました。




野球やサッカー、TVゲームだってそうですが、遊ぶためにはある程度の技術が必要です。



ことアカペラは、遊ぶツールとしてはまだまだ認知度も低いし、そのためのメソッドも確立されていません。



まだ指導者を名乗れる分際じゃないですが、俺も何かできないもんかな。


そんなことを考えた夜でした。




そうそう、泊まった部屋が、珍しくトシと相部屋でした。笑



ドラムとベースでリズム隊と呼ばれる、いわばバンド内における「同部署の相方」なんですが、なんか泊まりの部屋で一緒になることは今まであまりなくて。


ご飯は一番よく行くんだけどなあ。


アイツがどうだったかはわからないですが、俺はなんか居心地がよかったです。笑




次の日、日曜はそのまま同じ場所でクリスマスお楽しみ会の催し物として。

1482194091471.jpg


もうクリスマスなんですね。




クリスマスが終わればまだ年を越すわけで。



光陰矢の如しとはよく言ったもの。

2016も始まったばかりだと思っていたのだけれど。





お楽しみ会を終えた後は市街地へ移動。






以前にもお世話になった、うたげ堂さんでライブ。

CYMERA_20161220_093650.jpg


現地のアーティストさんと共に。


前日もそうだけど、東京方面から見に来てくれた方もたくさん居て。


嬉しかったなぁ。




現地の皆さんには俺らの音楽届いたかしら。




来年から始まるツアー、残念ながら柏崎は入ってないのだけど。




必ずまた行きたいね。


行って会いたい人が、また増えた。



一緒に盛り上げてくれたWAVEさん、PLACEさん、本当にありがとうございました。





生まれた場所から遠く離れて、歌を歌って、誰かがそれを聞いてくれて。




そこで俺らを待ってくれる人が、何人かでも居てくれる。

柏崎に限らず、なんだかとんでもない事だな、と改めて思いました。



もっともっと色んな場所に行って、たくさんの場所で「JARNZΩ不足」 が起こることを祈りながら。



東京に戻ってからは、パソコンの不調と戦うのでした。




先週まで普通に使えてたのになんで( ; _ ; )







ツイてないことが続くときって、何か知らないけど、ある。

何か知らないけど、続くときは続く。





けどそれにも何か意味がある。きっとある。

あると無理矢理にでも言い聞かせる。



じゃなきゃなんだか、あまりにも不条理じゃない……



きっとビックリするくらい良いことあるんだ。


今日あたり。




無ければ明日。


無ければ明日。



繰り返してけば、明日が来るのはそう怖くないと思うのです。




もがき続けるのさえやめなければね。



とりあえず今日は早めに行って、スタジオのパソコンで作業しよう……


もがくぞー。




そんじゃねっ。




けい


金曜になりました。


僕です。







面倒事ばかりが身の回りにあると、だんだん「なんで自分ばかり」と思ったりします。





そして、そんな自分がちょっと好きだったりします。






精神衛生上の自己防衛、なのでしょう。






あまり、気持ちのいい状態ではありません。





きっと外から見てもそうなのでしょう。






どんなに望んでいない現在、現状だとしても、
それは間違いなく、過去の自分の選択が連れてきた現在なのだ、と、僕は思います。




その時は、それが一番いいと思った。

小さくて気にも止めなかった選択も含めて、積み重ねて積み重ねて、今があるのだろうと。





その事実の責任を取る、というと、どこまでもウンザリするのですが、





今も今で、一番いいと思う選択をするしかないのだと思います。





面倒事を被っているのは、それ以上の面倒が起きないための選択、とも言えるし、


愛想笑いをしてるその瞬間だって、それが最良だと思ってるからそうしてる訳であって。





本当に要らないなら、とっとと捨てればいいものを。




大事に抱えてる、その手に力を込めてる理由はなんだろう?




考えると、ちょっとスッキリしたりします。







さて、いま僕は、珍しくパソコンの前ではなく、横になってスマホを撫で回しながら、空いてる手でリンパマッサージをしています。






きっと今の僕は、それが最良と思っているのでしょう。






もうすぐ、寝るという選択をします。






リンパ節って何でこんなくすぐったい所にばっかあるんだろう。





ゴリゴリゴリ。





それじゃ。





けい

↑このページのトップへ