月別アーカイブ / 2016年10月

こんにちは。





僕です。




盛りだくさんの週末を過ごさせて頂きました。




まずは土曜日の話から。







この日はJARNZΩ Go ahead!! Six months Liveの第5回でした。


公演内容は、北海道出身のバンド、TRIPLANEとの Ⅱ Man ライブ。



TRIPLANEパイセン、かっこよかった。

そうだよ。そういうことなんだよ。そうなんだよなあ。ちくしょう。



自分が「やりたいこと出来ないこと」を、
当たり前に持ち合わせてばら蒔いてる人達が、ステージに立ってた。

モニター越しにただただ悔しかった。




最近少し足りてなかったかな。悔しいって気持ちが。


悔しい、は、とても大事。俺みたいな、偏屈こじらせて反骨心で戦うしかない、弱い人間には、特に。




その後の俺らのライブは、どうだったかなあ。

きっとまだ出来る。まだやりたい。












ちなみにこの日は、僕の誕生日でした。

祝ってくれた皆さん、本当にありがとう。





誕生日当夜にライブがあって、次の朝には宮崎に飛ぶことになるわけだけど、


冥利に尽きるというか、28歳はスタートから飛ばしてるっていうか。




また1年、生き延びられたことに感謝して、毎日を大切に過ごしたいと思います。



一歩一歩、踏みしめながら、足元を確かめながら、で、行けたらいいな。


石橋を叩くぐらいなら、ちょっとずつ踏んでみればいい、

ぐらいのバランスで。



今後ともどうぞよろしく。







そうそう、来月で最終回の6ヶ月連続ライブ、


最後はリリース記念、ほぼワンマンライブです。


ゲストにD-51さんをお迎えします。

生No more cry、楽しみですね!










って感じの土曜。


たくさんのお祝いの言葉と、プレゼントを胸と腕にいっぱい抱えて、

日付が変わる頃に帰宅。

早朝には羽田へと向かうのですが、
それはまた、次の回に。



つづく。




けい

こんばんは。




僕です。






見回せば嫌いなものばかり見付かるし、

嫌いなものの嫌いなところなんて、数え出したらキリがない。




そんなことはもう、わかりきってて、

これほど無駄な時間の使い方もない、とも、恐らく心の底から思っている。






それでも多分僕は、好きなものより、嫌いなものの方を、たくさん知っている。





そんな自分が、なんというか、キショいなあと思いながら。






なんとなく、薄ら笑いで隠しながら、

それでもまだ、好きなものを探して、

それでもなお、嫌いなものばかり見付ける。




もちろん、自分のことも嫌いだ。











嫌い、という感情の正体はなんだろう。



好き、は、どうだろう。








ただ気持ち良く生きていたい、という、それだけなのだと思う。

生き物としてとても自然で、
人としては、ものすごく邪魔な、ただそれだけ。


運用を間違えれば即、ワガママと呼ばれ、疎んじられて。




しかしどうやら、そう簡単に消え去るもんでもないらしい。









自己嫌悪と向上心は、紙一重であると思う。



理想を持てれば向上心。そうでなければ自己嫌悪。


そんなのはもう、運でしかない。







「向上心」とは、随分と格好のいい名前を付けてくれたもんだ。



それじゃあ、どうあっても勝ち目がないじゃあないか。









ただ気持ち良く生きたい、という気持ちを、

上手くやる人も、そうじゃない人も、平等にぶら下げて生きてく。



上手くいった人は胸を張って、

そうじゃない人は、やや申しわけなさそうに、




ブラブラと垂れ下がったその気持ちを、

何だかんだ、指針にしながら、

多分明日以降も、生きていく。






僕もそうする。



僕は僕が嫌いです。



多分明日も。その先も。




みんなはどうなんだろう。






明日はライブです。


JARNZΩ Go ahead !! Six months Live 5th


【日程】
2016年10月22日(土)

【場所】
TSUTAYA O-nest
(渋谷区円山町2-3 6F )

【時間】
open/start
18:00/18:30

【料金】
前売:¥3000+D
当日:¥3500+D

【出演】
JARNZΩ
TRIPLANE

詳細はこちら








けい

こんばんは。




僕です。







僕は、札幌が好きだ。





それを前提とした上で、今回のお話は始まります。










札幌に来ると、いつも何かしら困ってます。






時間の流れが独特です。

ゆっくりと、せかせかが、すぐ隣に居ます。

まだこんな時間、が、あっという間に、もうこんな時間、になります。

そうなると、思い通りに自分が動きません。







いつでも、少しだけ寂しいです。

なんでだろう。東京より涼しいからかな。




あと、なんか知らないけど、

札幌にいると、必ずと言っていいほど、試練的なモノが訪れる。

これはもう、ホントになんでだろう。笑







なんとなく、思い通りにいかない街。


それが、僕にとっての札幌です。



それでも札幌が好きでいるのは、

きっとご飯が美味し……札幌の皆さんが優しいからなんだろうな、と、思います。






東京に帰ります。

また。









けい

↑このページのトップへ