月別アーカイブ / 2016年10月

こんばんは。





僕です。









もがいてもがいて、手に入れたものが、


実は大したものじゃなかった、ってなことは


悔しいですが、よくあることです。








なんとなく、「頑張ったことに意義がある」的なまとめ方をしたくなります。


実際、努力したという事実は糧になり得るでしょう。


次のターゲットへの努力の「実技訓練」であるわけですから。






さて、手に入れてしまった、大したことのない''それ''は、どう処理してやりましょう。







そもそも、''それ''が要らないから始まった話なんです。




それなのに「頑張って手に入れたものだから」とか言って、大事にしたくなるんです。






頑張って手に入れたのは、

''それ''自体じゃなくて、

''それ''は自分にとって不要なものだ、っていう情報、

でも、いいと思うんです。





頑張って手に入れたものだから大事にしたい訳じゃないのかもしれないんです。


頑張ったことが無駄になると、思いたくないわけでもないんです。

というか、綺麗事かもしれないけど、頑張ったこと自体は無駄にはならないって、

さっき言ったし、みんなそう言うんです。







そもそもの、

「''それ''を手に入れるために頑張ろう」って思った、

その時の判断を、


間違いだった、って、

言いたくないだけかも知れないんです。









その意地が、いちばん無駄かも知れないんです。








手放すことも、大事かも知れません。


離せば、違うものが掴める。



次に掴むものは、少なくとも手放した''それ''よりは、


いいものだろうと思うんです。





選ぶために必要な情報を、

先の努力で、手に入れたハズですから。









とか言いつつ、やっぱりなんだか捨てられなくて


部屋の隅っこでホコリかぶってる''それ''が、


なんだか増えてしまったなあ、なんて思うのも、


そんなに悪い心地じゃないなあ、とか思うんです。







いつかひょっこり、役に立ったり、立たなかったりするんですけどね。







そんな感じです。





本日は以上。








けい

こんばんは。





僕です。









子どもから大人まで、それなりに盛り上がれる話題。



「ドラえもんの道具の中で、どれがいちばん欲しい?」



僕は未だに、ちょくちょくこの質問をする。





心理テストほど仰々しくはないものの、その人の考え方、物事の優先順位がわかる、ような気がするのだ。


何より、選んだ道具で何をするか、を聞けば、
その人の想像の世界に、共有の概念を一つ持って触れられる。
それが楽しいというか、嬉しい。





ちなみに僕は、小さい頃から決まって「もしもボックス」を選んでいた。



使い方の制限の少ないこの道具なら、あらゆる悩みを解消できる。

スペアポケットの次にインチキな道具だと思う。








「もしも」の世界に、人は思いを馳せるもの、だと思う。





僕みたいなのは若干、そのクセが強いのかもしれない。


もしも違う家の子どもなら、もっとたくさん遊べるのに、とか。

もしも違う場所に居れば、もっと伸び伸びと自分を活かせるのに、とか。



多分誰でも思うことだと思う。



そして「もしも」の自分と、現実を比較して、落ち込んでみたり、怒ってみたり。




これらは、「もしも」の使い方としては、悪い例だと思う。





もしも、あと少し足が早かったら。

もしも、あの資格を持っていたら。

もしも、あと少し貯金が溜まったら。




その先に起こることは、きっと自分の手で得られるものだろう。



「もしも」の運用としては、こっちの方がいくらか、素敵だ。






ただ、そんな教科書通りの真人間には、なかなかなれない。



悪い例の方ばっか考えて、いやこれはいかん、と思い直して。



その繰り返しばっかりしていて、だったら足元見ろよって、


自分で自分を薄ら笑いで眺めているような、



なんかそんな感じで、進歩がねえなあ、とか思ったりしながら、



なんだかんだ、それもそれで楽しかったりはするし、




とりあえず明日はきっと、同じ「もしも」は考えずに済むんだろうなぁ、なんて、



ちょっと胸を撫で下ろしてるくらいが、



いまの僕には、身の丈に合ってるのかもしれない。






なんにせよ、安心しながらいきましょ。


今日失敗したら、明日はしない。よかった。


それで充分素敵じゃない。



ね。






それじゃ。





けい

こんばんは。




僕です。






前回の続き。





土曜日、ライブを終えて、簡単に夕食を済ませて家に帰ると、もう間もなく日付が変わろうとしていました。




しまった!と思い、慌てて服を全て脱ぎ、鏡の前に立った。

誕生日には、生まれたままの姿の自分を眺め、自分が生まれたこと、生まれてから今日までの日々に思いを馳せる。

岩城家の風習であり、欠かせない行事なのだ。

去年より少し引き締まった、大人の男性の身体が写し出された鏡には、ほんの少しの


ごめん、「しまった!」から全部ウソだ。




ライブのことなど考えながら、まずはその日に頂いたプレゼント達を開封。

どれもこれも、自分のことを考えながら選ばれた物なのだと考えると、少し気恥ずかしいものの、やはり嬉しい。

紙袋は丁寧に畳み、これもこれでそのうち使わせて頂きますありがとうございます。←


それぞれ然るべき場所へ収納した後、汗だくの身体を流すべくシャワー。

生ぬるい石鹸の泡が、大人の男性の体表を滑りおち

ごめんなんでもない。




よし寝るか、となったのが1時過ぎ。




3:45、ダンスミュージックが部屋に鳴り響く。

無論、自分が掛けたアラームである。




そうして最寄り駅から始発の空港行きバスに乗りこみ羽田へ。



目指すは宮崎、都城。



兼ねてより厚くお世話になっているこの地の、最もお世話になっている、都城総合文化ホール、通称MJ。


そのMJの開館10周年記念フェスに出演するためだ。





羽田まで爆睡、宮崎ブーゲンビリア空港までも爆睡。


空港には、市役所の方がマイクロバスで迎えに来てくださった。なんとありがたいことか。


このバスでは寝なかった。俺エラい!!



MJに到着。馴染みのスタッフの皆さんと「全然久しぶりじゃないね!」と笑った。



即リハ。ゲネ。


ゲネ後に服部克久大先生から「バッチリだね。いいね」とお声を掛けていただきました。

ちなみに他にも色々言ってくださったのですが、

大先生を目の前にした緊張感と、先生のレザージャケットのあまりの高級感とオシャレ感に圧倒され、あまり覚えていないことが何より悔やまれます。




その後出番まで楽屋で何か変なテンションになったメンバーとハシャいだり(今思えばナチュラルハイだったのだろう)、

アカペラ部の子達に先輩風を吹かせてみたり、他の出演者のパフォーマンスにただただ心打たれたり。






そうこうしてたら自分の出番が近付いて、

そしたら、途端にバカみたいに緊張して。




抱えきれない感謝の気持ちを胸に、ほんの2曲ではありますが、披露させていただきました。





本番後、アカペラ部の子達から活動報告と、俺とヒデに誕生日プレゼント。


本当に沢山の気持ちを、この町からいただきました。





夜は祝賀会にも出席させて頂いちゃって。

沢山の人に愛されている場所なんだなぁと、喜びと軽い嫉妬を抱き、この日は終了。



ホテルの部屋に入りスヤスヤと眠りにつきました。








初めてJARNZΩが都城に行ったのは、奇しくも僕がJARNZΩに加入したときでした。



当時見失ってた、沢山の大切なものを、この町が教えてくれました。

誰のための音楽か、何のための自分なのか。



以来、この町に来るたび、それを確認させてもらってます。




たまたま出会ったこの町と、たまたま出会った人達が、今の僕には、大切なものになっている。



きっとそれが他の町でも、僕は同じように大切にしていたのだろう。




だからこそ、この「たまたま」が、僕にとっては、キラキラしてて、愛おしくてたまらない。



世界中のどこを探しても、僕とこの町の間にしかない「たまたま」だから。







今日、東京に帰ってきて、電車で家まで帰りました。




東京に生まれて28年。


羽田から家までの間にも、何かしらの思い出のある駅をいくつも通り過ぎる。



いつもはただ通り過ぎてしまうのだけど、なんだか今日は、色々思い出して。





大事な場所が、沢山あるってのは

悪くないことだなぁ、と、思いました。






これからも増やすぞぉー。


キラキラ金色に輝く「たまたま」を!




はいすみませんでした。



ほんでは!




けい

↑このページのトップへ