月別アーカイブ / 2016年08月

こんばんは。






俺です。







もう一昨日になりますか。






Six months LIVE 3rd、要は6ヵ月連続主催ライブの3回目でした。






出演は、ワタナベフラワー、Sky's The Limit。

オープニングのマスク・ド・ファンファーレは、本番もリハも見られなかった。

しかも出番終わってすぐに次の現場に向かってしまった。イギリスらしい。




image





ちなみに、Maskedのマスクドじゃないのがこだわり、らしい。

ホントはドじゃなくてドゥ、らしいけど、

そこは、ドーでもいい、らしい(うまいっ)







1組目はワタナベフラワーさん。



JARNZΩとは古いお付き合い。



僕個人としては2回かな?関西でご一緒して。



熱くて。オモロくて。

涙が止まんないんです。マジで。




カッコいい野郎ってああいうことだと、俺は思います。俺はね。


男泣かすの上手な人は、きっと女にもモテんだろうな、と、ワタフラ見ると、毎度思う。






2組目、Sky's The Limitさん。



専門的な話を色々割愛すると、あの4人はかなりミラクルです。


他のボーカルグループの諸先輩方に比べて、やる側の「ジャンルの門戸」が広いな、と思いました。


そういう意味ではゴスペラーズと同じなわけです。


別にゴス師匠と比べたから何が分かる、というわけではないですが、

なんかもう、おいおいマジかよ、って感じでした。

カッコよかった。




女にもモテんだろうなあ。←







俺らはどうだったかなあ。



毎度ライブはメンバーみんなで話したり試したりしながら作るんだけど、



今回、なぜだか俺はだいぶダダこねて、俺のやりたいことを大いに盛り込んでもらった。



別にそういうコンセプトがあった訳じゃないんだけど、なんか、今月俺は、変にゴキゲンが傾いていたようだ。苦笑



この場を借りるのもおかしいけど、メンバーごめん。マジありがと。笑





やってみて、出来たこと、出来なかったこと、色々あるわけですよ。


出来なかったことは、物理的に無理なのか、腕不足なのか。



ここの見極めが要。むずい。




でもその「物理的に無理」の方を、何とか可能にしてみたいね。

いくつかだけでもいいから。



それはもう、なんつーの、演者のエゴでしかないんだろうけど。笑




でもそれで、見てる人があんぐりしてくれたら、なんかもうそれがいいや。











最近思うこと。






もし明日、俺が死んだら、





「あー、やっぱりかぁ。」って思われたいんですよ。




死にたいとか、体悪いとかじゃなくてね。笑





なんか、それぐらい出し切りたい。



誰がどう見ても、「もう出ないでしょ」って思うまで出し切りたい。



ライブ終わった瞬間はもう、搾りカスみたいになってたい。



もちろんそれで、いいものを出したい。



それで死んだら「あー。やっぱりそうかあ。」って思われたい。




逆に言うと、もう出ないだろ、ってトコから、出し続けたい。



こないだのライブであんなに出してたのに、まだこんなに出るのかコイツ!って。



なんか、印象の記録を更新し続ける感じ。



そういう感じでありたい。ステージでは。








音楽がそのための道具、って言ったら変だけど、


それぐらい向き合えて、やりがいがあって、誰かに届けたいと思えるのが、


僕にとっては、音楽であり、歌であり、JARNZΩなのかな、と。











今週末は金沢です。アカペラタウンです。




声に貪欲な皆さんに

俺らなりの「声の使い方」が、


どれくらい伝わるか、試してきます。






今日はおやすみ。また明日。


じゃね。






けい




JARNZΩ Go ahead !! Six months Live 4th


【日程】
2016年9月24日(土)

【場所】
TSUTAYA O-nest
(渋谷区円山町2-3 6F )

【時間】
open/start
18:00/18:30

【料金】
前売:¥3000+D
当日:¥3500+D

【出演】
JARNZΩ
半崎美子
(O.A.)ペソペソペソ

詳細はこちら

こんばんは。




僕です。







誰だよ。






それがね、たまに僕も、分からなくなります。










僕は僕なんですけどね。











分かってもらえないのは寂しい。






自分で分かんないのも、然り。






寂しい。










自分が何者か。

分かんないはずは、ないんです。






あれに似てんのかも知んない。




同じ字を書き続けると、「あれ、こんな字だっけ」ってなるヤツ。









だとしたら、そんなに不安がらなくても、いいのかも知んない。











あれ、こんな字だっけ?って思って、


違う字を書いてみる、ってのは、

だいぶ滑稽じゃなかろうか。









喪失感、ではないだろう。


わかんなくなるまで続けた先に在るのは、きっと。









明日は6ヵ月企画、3回目。







見つけてくりゃれ。




んでは。




けい






JARNZΩ Go ahead !! Six months Live 3rd

【日程】
2016年8月20日(土)

【場所】
TSUTAYA O-nest
(渋谷区円山町2-3 6F )

【時間】
open/start
18:00/18:30

【出演】
JARNZΩ
ワタナベフラワー
Sky's The Limit
《O.A.》
マスク・ド・ファンファーレ


詳細こちら

こんばんは。






僕です。








人は何故、生まれてくるのでしょうか。










それはね、坊や。


お父さんと、お母さんが、とっても仲良く愛し合






うん。




そうじゃないね。







じゃあ、生まれてから、どれくらいの時間が経ちましたか?






これは、頑張ったらわかりそう。





じゃあ、そのうち何分笑ってましたか?




何分間、泣いてましたか?






何分間、困ってましたか?












僕の頭が弱いのかも知れませんが、




僕には、僕がどうだったのか、わかりません。






それに、他の人がどうだったのかも、知りません。








だから、他の人と比べて、自分がどうなのか、よくわかりません。









明日何分笑えるかの方が、ずいぶん大事な気がします。







どうしてこうなったか。




何かを起こす意図があって、

成功したか失敗したか、ならともかく、



そうじゃないなら、そもそも理由が分かったところで、なにかの参考になるのでしょうか。











僕は何故、生まれてきたのでしょうか。






それはね、坊や。





誰かを生むためさ。





そう、誰かと愛し合ってセッ










世のため人のため、ってことにでもしといてくれ。





その方がカッコイイから。






ほろ酔いなのでこの辺で。



そんじゃね。








けい

↑このページのトップへ