月別アーカイブ / 2016年07月

こんばんは。





俺です。











生きてる上での不満の大半は、自分が不完全であるせいだと思います。








もし俺がパーフェクト超人だったら。








まず、周りの人もパーフェクト超人に育て上げるね。





そして優しさと笑いに満ちた世界を作り上げるね。





できないね。できない。



多分俺は、ミート君にも勝てない。







じゃあどうしようか。


ここがスタートライン。








出来ないことを出来るようになるか。




出来ることを精一杯やるか。








多分、どっちかだけじゃダメなんだろうと思う。






どっちもやらなきゃ、今の自分は越えられないような、そんな気がします。









出来ない自分を認める、ってのは、



出来ない自分を許す、ってことではないのだろうと思います。





出来ない自分を、標的として確実に捉える。



そして殺す。







もちろん、出来ない自分も愛してやらなきゃなりません。



でも殺す。だから殺す。



好きだけど、嫌いだから殺す。







殺すって何回書くねん。












まあいいや。



俺は明日も俺を殺そうと思います。




押し殺すのとは違うからね。気を付けてね。








生き残った俺が、限りなくパーフェクト超人に近付くその日まで。










愛すべき自分を

殺し続けませう。






夜中におっかねえなあ、字面がよ。






面倒くさがる自分も殺したいんだけど


コイツなんか知らないけど超強いよね。




ラスボスなのかなあ。




俺のレベルが足りないのかな。










明後日は上州あかぺら市場です。








殺しぶりを見に来てください。


群馬は高崎だよ。


お近くの殺されたい方は是非。







※本記事中の「殺す」は、文字通りの「命を奪うこと」ではなく、あくまで比喩表現としての使用に留まっております。
皆様のご理解のほど宜しくお願い致します。




↑親切なテロップだよ!↑







じゃね。







けい

こんばんは。





僕です。






今日も今日とて、ちょこまかと忙しい日でした。










昨日はリハ後にアカペラ人たちと交流会。面白かった。


一緒に盛り上げて行けたらいいなぁ。












正味僕らのやってる事は


アカペラ好きな人が好きなこと


ではないと思う。










アカペラって、聞く側に楽しみ方のコツが要求される音楽だと思う。





歌う側は、それを要求するのか、しないのか。



プレイヤーとしての性格が出るとこだと思う。






アカペラ人は、無意識に要求してる人が多い気がする。


別にそれが悪いことだとは思わない。



むしろ、在り方としては美しい。







ただ僕は、その点に関してはずっと違和感を抱えてきた。




ただそこにあるだけて楽しい音を奏でたい。




だからアカペラが嫌いだったりもした。



とても遠回しな気がしたから。









いま、JARNZΩは、そういう挑戦をしてる。


だから僕は、このバンドに居られて良かったなぁ、と心から思っている。










ただ、昔を懐かしむ意味で、


いわゆるアカペラらしい、ゴリゴリのテンションハーモニーとか、

歌ってる本人が、その緊張感にワクワクするようなやつも


たまにはやりたいなー、久しぶりに。

とか、思ったりもして。







一応色々触った結果が、



今の頭振りながら歌うスタイルだから


それでもアカペラであることに意義は感じてるから



よほど僕の性癖は、気付かなかっただけで昔から歪んでいたんだろうなあ



と、恥ずかしかったり、ちょっと誇らしかったりするわけです。







久しぶりにアカペラらしいアカペラアレンジをしながら、そんなことを考えていました。






明日も頑張りましょう。





んじゃね。





けい

こんばんは。






僕です。







先月のマンスリー終わりから筋力トレーニングを始めました。





最近ライブの度にヘロヘロなので。



体力が落ちたんじゃない。


むしろ上がってきてる。


ただ俺のハシャギぶりも磨きがかかってる







このままでは、いけない。




より強靭な体を

より安定した下半身と横隔膜を




あと

できれば

今よりセクシーなBODYを



色んな意味で


抱かれたい男No.1になるために。


僕が描く僕だけのNo.1を迎えに行くために。




そんなヨコシマな気持ちが、僕を強くする。











ライブの後はもう、チューブ絞り切った感じ。


ここ半年は「打ち上げ」という文化に対し、憎しみさえ感じている。





そんなことでは、いけない。






ただでさえ社交が苦手なワタシだ。

酒を飲まなくてどうする。


酒を飲まないワタシなんて、クズも同然だ。





飲んだら飲んだで、クズそのものなのだが。










と、ここまで書いて気付いた。




別に振り付けで動いてるわけじゃない。



その時の「めいっぱい」をやってるわけで。





とすれば、体力が上がったところで




その上がった体力を「めいっぱい」使って





結局、ライブ終わりの残りHPは



今と変わらないんじゃないか









……………………



………………



…………



……









えー、




首振り160km/h目指して頑張ります。






プロテインが恐ろしい速度で無くなる昨今です。








image




明日は筋肉痛ぞ。



今日はNo廊下だろ!





けい

↑このページのトップへ