月別アーカイブ / 2015年03月

こんばんは。


僕です。



先日、専修大学アカペラサークルEmo hillの、福音というグループの卒業ライブに行ってきました。

彼らが1年生の時に出会って以来、JARNZΩとしても個人的にも何かとご縁のあったグループです。

そんな彼らがもう卒業ということで、なんとも複雑な心持ちでステージを見ていました。笑

メンバー個々の色が強く、そういう意味ではJARNZΩと少し似てたのかな。

綺麗な色って、欲張って色々混ぜちゃうと、どんどん汚くなっちゃう。

でも、色の混ぜ方だったり、塗り分け方だったり、そういうのがわかれば、色がたくさんあればあるほど、様々な絵を描くことが可能になるわけです。

きっと彼らも苦労したのだろうと思うのですが、
今の彼らにしか描けない絵をしっかり見せてもらいました。
俺達も見習わなきゃなあ。


福音、卒業おめでとう。
笑ってしまえ、歌ってくれて本当にありがとう。


会場いっぱいの人が彼らの勇姿を見届けていました。

愛されているグループだったんですね。








ステージに立って、歌って見せて、それを好きだと言ってもらえることの、どれほど尊いことか。

JARNZΩを日頃応援してくださる皆さんには感謝しかありません。


前にも書きましたが、僕らは歌を歌ってるだけ。
それを支えてくれるスタッフと、見てくださる皆さんの存在が、僕らを歌手たらしめているわけで。

みんなが喜んでくれるから、もっと喜ばせたいっていう欲が生まれるわけで。


皆さんの日々の生活のどこかに僕らがいるってそれだけで、僕達はとても幸せです。


応援しろ!なんて言う権利は俺達にはないのだから。

応援したい!って、皆さんに想い続けてもらえるアーティストである義務が、俺達にはある。



まだ何も成功していない僕らにとって、現状をどう捉えるか、というのは、とても難しい判断になります。


今の僕らを好きだと言ってくれる人が沢山いるのも知っている。
でも、未来に抱く大きな野望に向けて、このままじゃダメだ、という思いも、常にまとわりつく。


12月に控える初の1000人ライブ。
その前にも超えなければならない壁が、いくらでも現れるだろうと思う。


壁を越える度にまた次の登り坂、登りきったらまた壁、その繰り返しなんだろうと思う。


その度に新しい知恵を拾い、武器を作り、自分自身を磨き、己の存在意義を作りながら壊しながら、前へ前へと進んでいくのだろうと思う。そうありたいと思う。

今日まで支えてくれたすべての人と、
これから出会う未だ見ぬ人々とが、
声を揃えてJARNZΩいいじゃん、と言ってくれるそのときを目指して。

そしてその原動力は、今日まで支えてくれた人達の暖かい声であり、笑顔なんだと思う。


何かを越えようともがく様を見て、面白く思わない人も出てくるかもしれない。

独りよがりに見える時もあるかもしれない。

だけど、僕らの考えていることはいつも変わりません。


聴いてくれる人の、光になりたい。


今後どんなに辛くなろうとも、この信念だけはいつまでも変わらぬよう、忘れぬよう、

己への戒めを込めて、ここに記しておこうと、

なんか、今日はそんなことを思った日でした。








明日からいよいよ、6人のJARNZΩが始まります。



けい



P.S.
大きな目標に挑む6人の決意を、どうか皆様、見に来てください。

JARNZΩ LIVE 2015~Road to 1,000~

【日程】
2015年5月2日(土)

【場所】
表参道GROUND
(東京都渋谷区神宮前4-2-12 WES)
(http://www.omotesando-ground.jp)

【時間】
OPEN/START
18:00/18:30

【料金】
前売:3,000+D 当日:3,500+D


【チケットお買い求め方法】
《ご予約専用アドレス》
j-ticket@g-up.net
<予約受付日>
2015年3月21日(土) 12:00~(正午)より受付開始
〈記入事項〉
題名に"日付と会場名"を明記してご送信ください。
例:「05/02 表参道」
本文に"1,お名前(フリガナ) 2,枚数 3,電話番号 を明記してご送信ください。
例:「1,丸 三角(マル サンカク) 2,○枚 3,0**-***-**** 」

【注意事項】
●同じ方の重複予約はお断りしております。発覚した時点で予約メールは無効とさせて頂きます。
●予約開始時間よりも早いメールに関してもすべて無効とさせて頂きます。
●メールでのご予約は、こちらからの返信をもって受付完了となります。

【入場順】
整理番号順となります。

こんにちは。



僕です。






後ろを向くのは良い。


後ろを向くのは好きだ。






振り返ることを美としない風はあるけれど。







この3月で、僕がアカペラと遊び始めて13年が経ちました。



ただ歌うのが楽しかった中学時代。

これを一生続けていられたらどんなに楽しいだろうと、ただ焦がれていたあの頃。



夢に燃えてた高校時代。

ライブはたくさん出たけれど、
ライブが在る意味なんて考えなかったなあ。



高校卒業後は辛かったなぁ。

でも、だからこそ自分をじーっと見てたときでもあったかな。

周りにとって自分は何なのか。
自分にとって周りは何なのか。

自分にとって自分は何なのか。




本当に自分がイキイキできるようになったのはJARNZΩ入ってからかなあ。


っていうかホントにここ最近な気もする。






っていうかいつでもそう思ってた気もするなぁ。



「今までで、今がいちばん自分が自分で居られてる」って。


信じられないくらい辛い時もあるけどさ、
毎回ちゃんと何かしら見つかってるんだろうな。


そう考えたら無駄だった時間はないよホントに。

全部の時間の上に今があるんだよな。

わかってるけど結構忘れちゃうよね。
辛い時とか特にさ。







ふとね、なんでこんなにアカペラばっかりやってんのかなって思うこともあるんですけど。


まあ好きなもんに理由はないよね。

それでいいんだと思ってるし、思いたい。




アカペラのために会社やめたり、いろいろしたけど後悔はないしね。


生き様だけは誰よりもロックしてたいよ俺は。
そういう向き合い方をしてたい。アカペラには。





さてと、そろそろ前を向きましょうか。

12月にはO-EASTで1000人ワンマンやらなきゃだしね。

その先はどんななんだろう。
ちゃんと進んでかなきゃね。







後ろを向くのは良い。


後ろを向くのは好きだ。



ずーっと後ろまで見た後で、
また前を向くとね


ずーっと先まで見えてくるような、

なんか、そんな気がするから。


さあ、前を向いて歩こう。




P.S.

O-EASTとかその先とか言う前に、2,3歩先のことなんだけど(笑)


EASTに向かうにあたり、
気合のワンマンライブを5/2にやるよ!

ATSUSHIΩも加えて6人での出発式だ!

これがSold outしなかったらO-EASTとか言ってらんないんでね!!笑


かっこいいの見せるよ!!
みんな遊びにきてくれい!!!
マジで!!笑



JARNZΩ LIVE 2015~Road to 1,000~

【日程】
2015年5月2日(土)

【場所】
表参道GROUND
(東京都渋谷区神宮前4-2-12 WES)
(http://www.omotesando-ground.jp)

【時間】
OPEN/START
18:00/18:30

詳しくは http://www.jarnz.jp/schedule/live/000510.html



前に進むのも一人じゃ大変です。


支えてくれる人が居て、応援してくれる人が居て、

だから僕はなんとかなってるし、まだまだ行ける!行きたい!って思えてます。


日頃の支援、応援に

心から、ありがとう。








んでは。



けい

こんばんは。



僕です。




今日は1月から続きました、3ヶ月連続JARNZΩ Partyの3回目でした。

どの回も、とても思い出深いものとなりました。

協力してくださった共演者の皆さん、本当にありがとうございました。




さて、今日のライブでは、僕たちから大事なお知らせを二つほどさせていただきました。

ライブに来られなかった方のためにも、今一度。




まず、去年の12月から僕らのライブにサポートで出てくれていた、
アツシ・マラマラマを、4月から新メンバーとして迎えます。


驚かせてしまったでしょうか。

それとも予想通りだったでしょうか。笑



僕も2年前の3月から、JARNZΩのメンバーになりました。

今回加入することになった彼の気持ちは、よくわかるつもりでいます。

そして、あの時のメンバーの気持ちも、少しわかった気がします。


やはり、今ある形を変えるというのは、並大抵の覚悟では無かったのだろうな、と思います。

今がそうであるように。




ひとり増えるだけで、実に色んなものが変わってきます。

演奏の面でも、パフォーマンスの面でも、
今までやってきたものを、改める必要が出てきます。

でもそれらは、新メンバーの加入如何に関わらず、JARNZΩが今やらなければならないことでもあるのです。



もう一つのお知らせ。
JARNZΩ Go ahead!! vol.2の開催が決定いたしました。
会場は渋谷、TSUTAYA O-EAST。
収容人数1000人を超える会場です。


我々にとって過去最大のライブに向けて。
いや、そうでなくても、僕らは進化し続けなければいけない。


そんな中でアツシと出会い、新メンバーとして加入を決めたのは、

彼の持つ情熱、歌声、人間性が、
間違いなく、JARNZΩを進化させる力になると確信したからです。


長くJARNZΩを応援してくださっている皆さんにはそれぞれ、思うところもあると思います。

変わることは、怖いことでもあります。


しかし信じてほしいのは、今回の変化が確実に進化に繋がると僕らが信じていること。


皆さんの心からの応援に対して、
日々成長し、より良いJARNZΩを皆さんにお見せする義務が、僕たちにはあります。


その義務を果たす意味でも、
まずは12月、O-EASTでのワンマンライブを成功させる。

そしてその先のまだ見ぬ未来に向けて、
ATSUSHIΩを加えた6人で、
これまで同様、走り続けたいと思います。



これからも変わらぬ応援、よろしくお願いします。




では。






けい

↑このページのトップへ