月別アーカイブ / 2013年10月

こんにちは。



僕です。






なかなか纏まらなくて、いっそTwitterにドバーっと書いてしまおうかとも思ったのですが。



年に一度の行事ですしね、こちらで。






22日、またひとつ年を取りました。





先日のワンマンでも言いましたが、1年前に僕は自分の心に、ひとつの誓いを立てました。


25歳になるまでに、自分が大きくステップアップするような「事件」が起こらなければ、歌をやめる。


それまでも散々周りに迷惑をかけながら、くすぶり続けていましたから。



誰にも告げずそんなことを考えた3日後、ヒデから飲みに誘われます。




そこから一度ライブのサポートを頼まれ、一年間のサポートを頼まれ、直後に何故だかサポートでなくなって、今に至ります。



今年の僕はJARNZΩ一色でした。




正直、去年の今頃は、JARNZΩそんなに好きじゃないどころか、ちょっと嫌いだったかもしれない。



まさか1年後にこうなってるとは思わなんだなぁ。




何があるかわからないね。


いま大好きだもん。







何よりステージ立てて幸せだよ俺は。


誕生日ありがとうございました。





ちょっとおやすみ。





けい

おはようございます。





僕です。







おとといは伊達アカに出させていただきました。




東北最大級のアカペライベント、以前から注目しており今回念願の初出場。

うれしかったなぁ。




お客さんも喜んでくれたみたいで、
僕もテンション上がりすぎてなんかよくわからないことになってました(笑)



ステージ終わりちょっとヤバくてビニール袋を口に当ててたんですが
アレもしかしたら良くないことしてる人に見えたかもしれないorz




いろんな人に会えたのもうれしかった。


ほかのメンバーほどじゃないけど、久しぶりに会えるアカペラ人たち。

俺のこと覚えててくれてありがとう。またね。





タカさんにも会えたしね。

相変わらずかっこよかったなあちくしょう。







仙台を満喫することもなく東京にとんぼ返り。






昨日は池袋Ruido K3でMusic For Two vol.2。


ボランティアサークルとアカペラサークルの共催で、Table For Twoの活動と絡めたイベント。





アカペラ側の主催者のきょーすけとは、もう3年くらいの付き合いになります。




当時一緒にバンドやってたメンバーの後輩で、

ライブ見に来てくれて、すぐに連絡をくれて。

「ベース教えてください」って。熱心なやつなんですよ。

練習見に行ったりライブ見に来てくれたり、

会う度いろいろ聞かれて、正直メンドくせぇなと思うこともあったけど。w



なんかというか、ほっとけなくてね。

彼はね、僕に似てるんです。






その後に組んだバンドから一人抜けたときに、声を掛けたのが彼でした。


ちなみにそのバンドには、昨日出てたQ林の左から二番目にいた、わっぴーも所属してました。





去年一年間はそのメンバーで活動してたので、昨日は同窓会みたいな気持ちでした。










このイベントも、ずっとやりたいって言ってたし、


一回目が大変だったのもなんとなく聞いてたし。




アンコールでたくさんお客さん入ってるのが見えて、

きょーすけが一生懸命喋ってるの眺めてて、



お前よかったなぁ、とか思ってたらちょっとグッときちゃいました。



ホントお疲れさん。


イベントとしても、どのバンドも面白くて良かったと思います。
















客席にアカペラ人が多いほど燃えるんです。僕は。



長年世話になってるアカペラ界ですから。



同じ時代を戦った仲間はどんどん少なくなってしまったけど、

それでも、いや、だからこそ。

今の学生アカペラ界を支える後輩たちには、カッコいい背中見せなきゃなあと

最近強く思うのです。







おわり







けい

こんばんは。


僕です。




ここ数日のことを書きますね。




まず、先日からレコーディングが始まりました。


ベースというパート柄、順番は最初。
しかも独りでブースに入り歌うのですが、

まさにこれが孤独との戦い。


ガラスとヘッドホン越しにあーだこーだ指示を受けたりしながら、独りマイクに向かってドゥンドゥンボンボンバベレバ言うわけですよ。

精神衛生上よろしいとはとても思えない。(笑)

でもレコードが形になった時のことを思うと頑張らずにはいられません。


だいぶやられてきてますが…(笑)




そんな自我崩壊との戦いの最中ではありますが、

先週末は北海道に行ってきました。



5日は札幌つどーむでゴールデンマーケットのステージ。


相変わらず広くてツルツル。笑

やっぱり広くて高いステージは楽しい!
客席の奥までよく見えるしね。
いい笑顔がたくさん見えた。
ホントに嬉しかった。



午前中早い時間にも関わらず沢山の方が集まってくれました。

本当にありがとうございました。




6日は佐呂間町、サロマ大収穫祭のステージ。

地元の方達に楽しんでいただけたようでしたが、

何よりあの景色の中で歌うことが出来て、気持ちよかったなぁ。

あと北見工大のみんなも見に来てくれてたね。久しぶりに会えて嬉しかった。




そして月曜に帰京、昨日からレコーディング再開。

いやん売れっ子みたい。(笑)






この、レコーディングだとか、北海道遠征だとかさ。


ほんのちょっと前まで、僕にとっては、あり得ないことだったわけですよ。

もちろん、ツアーだったりCDリリースだったりを夢見て、ミュージシャンを続けてたんですが。



JARNZΩ入ってから、急に変わったなぁ。
と、改めて思いました。

もちろん、自分が入ったおかげでそうなったわけじゃない。

元々そうだったところに入れてもらったんだ、僕は。




だからもっともっと疎まれてもいいと思うんだよ。本来なら。




なのに札幌行けば、おかえりって言ってもらえる。
知らないとこ行っても、待ってましたって言われる。
レコーディングしてるって言えば、頑張れって言われる。



ちょうどいい言葉が見付からないんだけど、
みんな優しいなって思う。

なんて言葉が相応しいのかわからないくらい、
皆さんに感謝してます。






最近、よく思うのですが。

僕らが前に進むっていうのは、もしかしたら皆さんにとって嬉しいことではないのかもしれない。

ステージが大きくなれば、皆さんからは遠くなりますから。


でもやっぱりね。
もっともっと沢山の人に聴いてもらいたいし、
もっともっと沢山の人を元気にしたい。

だからやっぱり、歩かなきゃいけない。



いや、違う。

歩きたい。
進みたい。

それが、僕らの望みだから。




とはいえ、これからどれだけ進んでも、どれだけ舞台が広くなっても、
いま見てる景色とか、皆さんの笑顔とかは忘れないんだろうなあ。



あと、最後に。

広くて高いステージの方が、
客席がよく見えるんです。




明日も勝つ!




けい

↑このページのトップへ