おはよございます。

僕です。



朝から汗だくです。


何をしたわけでもなく。

ただ暑いんです。




暑さや寒さの感じ方って、意外と個人差ありますよね。

この時期だと冷房の感じ方の個人差は結構ね。キツい人にはキツかったりしますね。



自分一人で生きてたら、そのへん色々と楽なのかもしれません。


暑けりゃ、寒けりゃ外に出ない。冷房の掛け具合も自分好み。


寂しいって話もありますが、大概の場合「人と関わらなきゃならない理由」って、それだけじゃあない。


僕ね、一緒に仕事してる人って、自分の傍の人でも、1回だけ仕事する他のとこの人でも、

自分が出来ないことをやって下さってる人達だと思うんですよ。


例えば僕なら、1人じゃアカペラ出来ないけど、メンバーがいてくれる。

歌いながら操作出来ないけど、音響さんや照明さんがいてくれる。

そのための環境の管理なんて出来ないけど、ライブハウスを運営してくれる人がいる。

歌の仕事じゃなくてもそう。


体はあるけど、それを使ってお金を稼ぐシステムは管理出来ない。けど会社がそれをやってくれてる。

1人じゃ業務をまとめられない、片付けられないけど、それを管理してくれる上司や、共に戦ってくれる同僚たちがいる。


もちろん会社側もそうなんですよ。

社長1人じゃ回せないけど、従業してくれる人がいる、みたいな。


ただそうやって集まった人達も感じ方がそれぞれ違いますから、冷房の設定は非常に難しくなるわけです。


暑さ寒さもそうだし、何が楽しいか幸せかも、何が辛いか悲しいか腹立たしいかも、みんな違うんです。

もちろん人が集まるからには、ルールもマナーも空気も大事です。

でも、同じことをやったら同じように感じる、同じ結果が出る、はずはないんです。

双方何かを頂いてる訳ですからそこは相談ですが、目標に向けてどれほどの効率を上げているか、で、どうしても優劣を付けざるを得ません。


けどそれはそのコミュニティでの基準でしかなくて、世界が下したその人の優劣では決してない。


手伝ってもらう側も、手伝う側も、そういう気概があってもいいんじゃないかなぁ、と思うのです。


暑さ寒さの感じ方、冷房の好みは人それぞれです。


僕はうっかり弱冷房車に乗るとビチョビチョになります。

当然周りは可憐な女性が多いですから、ビチョビチョの僕なんか変な目で見られます。もうグッショリです。


選択肢としては、隣の車両に移動する、ちょっとヘラヘラして乗り続ける、などが考えられます。


走ってる車両の窓から飛び出すとか、よもやその場で自決しようとか、

あんまりにも、ね。

言っちゃえば、愚かしいでしょ。



満員で動けない時もあるけどね。


周りの人は意外と見てるよ。

非常通報装置もあるし。

押すのは勇気いるけどね。

でもビチョビチョを理由にリンチに遭ったりしたら、俺なら押すなぁ。



そんな感じで、弱冷房車に乗る時に必要なのは、



ヘラヘラするスキルと、SOSボタンを押す勇気、だと思います。



違うか。



岩機