お久しぶりです。

僕です。


今日からまたブログ書くよ!

ってのも、最近また考え事をする機会と時間が増えたので。


フラペチーノ飲みましたとかラズベリージャムを作りましたとか、そういうのは書かないのでご安心を!←





人には人の数だけ、その人なりのこだわり。

んー、こだわりって言うと少し遠いな。

美意識というか、美学というか。

見た目の話だけじゃなくてね。
むしろ見た目の話じゃないことの方が多い。

ただね、こいつのせいで生き難さを感じるときがね、往々にしてありますよ。ええ。

人から疎んじられたりもするし、軽蔑されたりもする。

他の人の嫌悪感に触れることが多いんですよ。
もしかしたらこれは、僕だけかもしれないけど。

ただ最近感じます。

美意識同士が、例えば真逆の傾向だとしても、それぞれを侵し合うことはなくて、
むしろ絡み合って新しい何かが生まれるのだと。

人の美意識にケチをつける人のうちの何割かはただただ得体の知れないものに恐怖を感じているだけだし、もう何割かの心の奥底には憧れや嫉妬があるのだと。

めんどくさいと言われることは気にしなくていいのだと。

ただ、自分の意識の中に少しでも「くだらない」と思う要素があるなら、それは排除すべきだと。

磨くとは、削る行為なのだと。

けどそれは皆、無意識のうちにやっているはずなのだと。

そうして磨いた美学は、己の「指針」と言い切ってしまえ。

それに従うことで、自分の生きやすい世界で、望んだ自分になれるのだと。

それを「気持ち悪い」などと吐き捨てるような人間とは、二度と会う必要はないのだ。

自信を持ちなよ。君の美意識を信じろ。



って最近言われて大泣きしそうになったのをめっちゃ我慢したよ、っていう話。笑



皆さん元気ですか?

けい