こんばんは。



僕です。





春の匂いがしました。





夜中です。





つまり、夜通し誰かと話したくなるような、そんな匂いです。









新しい文化や環境に身を置くと、人は4つの段階を経験するそうです。




はじめは、喜び。


見るもの触れるもの、全てが楽しい。




次に、後から来た者に対しての傲り。



3つ目は、すべてに対しての不満。





4番目の段階になって、ようやくその文化を自分のものにできる、だそうです。






何となくわかるなぁ。






「アカペラ」や「音楽」というものに対して、多分僕は2つ目と3つ目の間を行ったり来たりしてるくらい、だと思う。





少なくとも、触れるもの全てが楽しい、という段階は終わってしまった、かな。




一応15年、アカペラで遊んでいる。





確かに、不満に思ったり、不便に思ったり、それは多い。






でも続けている理由の一つに、「始めた頃の貯金」があるように思う。





歌うだけで、声を出すだけ重ねるだけで楽しかった頃のこと。



その頃の喜ばしい気持ちや体験は、今でも自分の心の中でキラキラと輝いていて、


僕の財産として、「アカペラ」というものを僕にとって「かけがえのないもの」たらしめてくれているのだと。







そのことは、世の「最近アカペラ始めた人」に知ってほしいな、と最近思う。




それくらいに、楽しいし、楽しめるものだと僕は思う。






娯楽を味わうには、何においても技術も作法も必要なもんだと僕は思う。




何もなしにただ楽しいものなんて、多分本当の娯楽じゃない。




そこを面倒くさがる人が、あまりにも多いように思う。







ただでさえ時限のある「人生」の中で、



楽しむことの一つか二つに貪欲になれないなんて、



ちょっと、逆にどうやって均衡を保っているのか教えて欲しい。





僕は生きているだけで不安だし悲しいし、


その中で楽しいと思うものに出会えて本当に良かったと思う。



出会えなかったらマジでヤバかったと思う。






面倒くさがられるけど、そんな奴は知らねえよ。


面白がれる仲間が確実にこの世に多数存在することも知ってる。






世の面倒くさい連中よ。



立ち上がろうぜ。








そんな変なテンションの夜更け。






春が、強く強く窓を叩きます。


うれしいなあ。うるせえなあ。




寝る。






じゃ。








けい