こんばんは。





僕です。






今日も今日とて、ちょこまかと忙しい日でした。










昨日はリハ後にアカペラ人たちと交流会。面白かった。


一緒に盛り上げて行けたらいいなぁ。












正味僕らのやってる事は


アカペラ好きな人が好きなこと


ではないと思う。










アカペラって、聞く側に楽しみ方のコツが要求される音楽だと思う。





歌う側は、それを要求するのか、しないのか。



プレイヤーとしての性格が出るとこだと思う。






アカペラ人は、無意識に要求してる人が多い気がする。


別にそれが悪いことだとは思わない。



むしろ、在り方としては美しい。







ただ僕は、その点に関してはずっと違和感を抱えてきた。




ただそこにあるだけて楽しい音を奏でたい。




だからアカペラが嫌いだったりもした。



とても遠回しな気がしたから。









いま、JARNZΩは、そういう挑戦をしてる。


だから僕は、このバンドに居られて良かったなぁ、と心から思っている。










ただ、昔を懐かしむ意味で、


いわゆるアカペラらしい、ゴリゴリのテンションハーモニーとか、

歌ってる本人が、その緊張感にワクワクするようなやつも


たまにはやりたいなー、久しぶりに。

とか、思ったりもして。







一応色々触った結果が、



今の頭振りながら歌うスタイルだから


それでもアカペラであることに意義は感じてるから



よほど僕の性癖は、気付かなかっただけで昔から歪んでいたんだろうなあ



と、恥ずかしかったり、ちょっと誇らしかったりするわけです。







久しぶりにアカペラらしいアカペラアレンジをしながら、そんなことを考えていました。






明日も頑張りましょう。





んじゃね。





けい