おはようございます。


僕です。



お早くはないです。





昨日はついにO-EASTワンマンでした。



打ち上げから帰宅して、夕方ごろまで寝てました。(笑)




今は至るところをアイシング中です。(笑)



雑記というか備忘録というか、ちょこちょこと。





O-EASTこぼれ話その1 「カバーメドレー」


ご存知の方もチラホラいたかとは思いますが、元々は9月の札幌ワンマンのために作ったものでした。

メンバーが気に入ってたのと札幌での反応に味をしめたのとで(笑)、

これ東京で出したらどうなんだろね?ってことで、

前後のコント(笑)含め、ほぼ札幌の時のパッケージそのままにお送りしました。

ハリセンは某T君の「強い要望」により東京のみの追加要素でした。笑






O-EASTこぼれ話その2 「SOUL JARNZΩ20曲メドレー」


アイディアが出たのは結構前。
誰が言い出したかさえ覚えてません(僕は僕だったような気がしてます。笑)


普段ライブで披露する曲は、メインであるオリジナル曲との相性なども考えながら選ぶため、どうしても限られてしまいます。

ですが僕らにとってSOUL JARNZΩが持つ意味はとても大きく、なんとか舞台に乗せたいという思いから、気付いたら全曲メドレー、という運びとなりました。笑


アレンジをやらせて頂いたんですが、1曲1曲の愛おしさも手伝って、正直かなり難航しました。笑

何回か辞めちまおうかとも思ったんですが←
なんとか作り上げた11分のデモと、最初に実際にメンバーと演奏したときのリハの録音は未だに愛おしくてたまりません。


ちなみにKokomoの出番は4秒です。謙虚でしょ?←笑





O-EASTこぼれ話その3 「Singer」

今回本編で歌った、唯一のオリジナルのスローバラードでした。

この曲アレンジするためにいろいろ聞き直したなぁ。
BSBとか。ゆずとか。BON JOVIとか。

最後に決め手になったのは「ライブ」ってキーワードだったりしました。

やっぱり好きなんですね。歌うのと、聞いてもらうのが。


気持ちのいい拍手を頂けました


俺らの高ぶりとか、演奏に込めた想いが少しでも伝わったのかな、と思いました。

なんせ歌ってて興奮する曲。歌い始めてから最後の音を切るまでの記憶があんまりありません。



O-EASTこぼれ話その4 「いつもいつまでも」


アンコールで歌ったこの曲。

今年いろんなところで歌った曲。

札幌でほろ酔いでアツシとふたりで大通公園で歌った曲。笑


いろんな思いを込めながら、一昨年作ったメロディ。

少し時間が経ってから、とても大切な曲になってくれました。



本番で急に「生声でやろう」ってメンバーに言われて、実は俺はそのときは「イヤだ」って言ったんだけど(笑)


だけど、これ以上会場が大きくなったら、1曲まるっと生声なんて多分出来なくなんだろうなと思って。

やっぱやるっつって、歌ったらやっぱりイースト広くてね。笑

必死で歌ったら何故か足を攣ったよ。笑


でもそのあと打ち上げで「2階席までけいの声聞こえたよ」って言ってもらえて安心しました。









伝えたいことならまだまだたくさんあるけどね。

もっともっと売れてから言った方がかっこいいなーって思うから、まだ言わないどくよ。笑


むしろ、日頃見つけたそういう気持ちとか、見せたいものとか、そういうのをとにかく突っ込んで、俺達の音楽を完成させていくこと。

それが今後の目標であり、なによりミュージシャンとしてあるべき形なのかな、

なんてなことを思いながら、昨日攣った右足を伸ばしている次第であります。笑




今日はこの辺で。


じゃねっ





けい