1日を終え、乗換駅で仲間と別れ、疲れた自分に気付く。

自販機で缶コーヒーを買う。


おまけが付いている。当たりらしい。

ほんの少し心を躍らせ、おまけをコートのポケットに突っ込む。



暖かいコーヒーを飲みながら、今日1日のことを考える。

自販機の前は僕一人の空間。少し寒いが心地よい。

















ややあって、仕事帰り風の男の人がやってきた。

僕と同じ自販機でコーヒーを買い缶を開け、飲み始める。





一人の時間は、知らない人と二人の時間になった。




















お兄さん、これあげる。


自分に話しかけているのだと気付くのに、少し時間が掛かった。








当たったんだけどさ。


手には自分のと同じ「当たり」の文字。




いいんですか?


いいの、おじさんはこういうの使わないからさ。


僕のとは別の、ちょっとした電化小物を受け取る。







知らない人と二人の時間は、心配に反して心地よい時間になった。



冷めたコーヒーを飲み干し、彼に再度礼を言って、ホームへと向かう。













やけに膨らんだポケットには、名前も知らない人との、ちょっとした出会いが突っ込まれている。