こんにちは。


僕です。



今日はこれから福岡に飛びます。


学校公演のお仕事です。




僕の学校は、ポップスのミュージシャンが来る鑑賞会なんてなかったなぁ。



うらやましがってみたり、僕らでいいのかな、なんて気持ちに苛まれてみたり。



でも新しい出会いがたくさんあるってことですよね。



楽しみ。









高校時代、憧れていたミュージシャン。

いまでも尊敬しているけれど、あの頃とは少し、形が違って。



ただひたすらに、信じていた。

幼い子供が、悪と戦うヒーローに抱くそれと、大して変わらない憧れを抱いていた。





まだスタートラインを少し踏み出しただけ、それだけかも知れないけれど、

いま僕は、あの日憧れた彼らと、同じ道を歩いている。




あの日見た背中に、近付けると信じて。









その僕の背中を、僕より若い誰かが、見ている。




僕は彼らに何かを与えられるだろうか。


いつかの憧れが、僕にそうしてくれたように。








信じることは、何よりも自分の力になる。


僕はまだ、そう信じている。









けい