こんばんは。


僕です。



先日、専修大学アカペラサークルEmo hillの、福音というグループの卒業ライブに行ってきました。

彼らが1年生の時に出会って以来、JARNZΩとしても個人的にも何かとご縁のあったグループです。

そんな彼らがもう卒業ということで、なんとも複雑な心持ちでステージを見ていました。笑

メンバー個々の色が強く、そういう意味ではJARNZΩと少し似てたのかな。

綺麗な色って、欲張って色々混ぜちゃうと、どんどん汚くなっちゃう。

でも、色の混ぜ方だったり、塗り分け方だったり、そういうのがわかれば、色がたくさんあればあるほど、様々な絵を描くことが可能になるわけです。

きっと彼らも苦労したのだろうと思うのですが、
今の彼らにしか描けない絵をしっかり見せてもらいました。
俺達も見習わなきゃなあ。


福音、卒業おめでとう。
笑ってしまえ、歌ってくれて本当にありがとう。


会場いっぱいの人が彼らの勇姿を見届けていました。

愛されているグループだったんですね。








ステージに立って、歌って見せて、それを好きだと言ってもらえることの、どれほど尊いことか。

JARNZΩを日頃応援してくださる皆さんには感謝しかありません。


前にも書きましたが、僕らは歌を歌ってるだけ。
それを支えてくれるスタッフと、見てくださる皆さんの存在が、僕らを歌手たらしめているわけで。

みんなが喜んでくれるから、もっと喜ばせたいっていう欲が生まれるわけで。


皆さんの日々の生活のどこかに僕らがいるってそれだけで、僕達はとても幸せです。


応援しろ!なんて言う権利は俺達にはないのだから。

応援したい!って、皆さんに想い続けてもらえるアーティストである義務が、俺達にはある。



まだ何も成功していない僕らにとって、現状をどう捉えるか、というのは、とても難しい判断になります。


今の僕らを好きだと言ってくれる人が沢山いるのも知っている。
でも、未来に抱く大きな野望に向けて、このままじゃダメだ、という思いも、常にまとわりつく。


12月に控える初の1000人ライブ。
その前にも超えなければならない壁が、いくらでも現れるだろうと思う。


壁を越える度にまた次の登り坂、登りきったらまた壁、その繰り返しなんだろうと思う。


その度に新しい知恵を拾い、武器を作り、自分自身を磨き、己の存在意義を作りながら壊しながら、前へ前へと進んでいくのだろうと思う。そうありたいと思う。

今日まで支えてくれたすべての人と、
これから出会う未だ見ぬ人々とが、
声を揃えてJARNZΩいいじゃん、と言ってくれるそのときを目指して。

そしてその原動力は、今日まで支えてくれた人達の暖かい声であり、笑顔なんだと思う。


何かを越えようともがく様を見て、面白く思わない人も出てくるかもしれない。

独りよがりに見える時もあるかもしれない。

だけど、僕らの考えていることはいつも変わりません。


聴いてくれる人の、光になりたい。


今後どんなに辛くなろうとも、この信念だけはいつまでも変わらぬよう、忘れぬよう、

己への戒めを込めて、ここに記しておこうと、

なんか、今日はそんなことを思った日でした。








明日からいよいよ、6人のJARNZΩが始まります。



けい



P.S.
大きな目標に挑む6人の決意を、どうか皆様、見に来てください。

JARNZΩ LIVE 2015~Road to 1,000~

【日程】
2015年5月2日(土)

【場所】
表参道GROUND
(東京都渋谷区神宮前4-2-12 WES)
(http://www.omotesando-ground.jp)

【時間】
OPEN/START
18:00/18:30

【料金】
前売:3,000+D 当日:3,500+D


【チケットお買い求め方法】
《ご予約専用アドレス》
j-ticket@g-up.net
<予約受付日>
2015年3月21日(土) 12:00~(正午)より受付開始
〈記入事項〉
題名に"日付と会場名"を明記してご送信ください。
例:「05/02 表参道」
本文に"1,お名前(フリガナ) 2,枚数 3,電話番号 を明記してご送信ください。
例:「1,丸 三角(マル サンカク) 2,○枚 3,0**-***-**** 」

【注意事項】
●同じ方の重複予約はお断りしております。発覚した時点で予約メールは無効とさせて頂きます。
●予約開始時間よりも早いメールに関してもすべて無効とさせて頂きます。
●メールでのご予約は、こちらからの返信をもって受付完了となります。

【入場順】
整理番号順となります。