3つめでございます。


何にでも、美しさってのが必要です。

美学、と言った方が、ニュアンスは近いかもしれません。

人それぞれ、美の意識は違うし、それは作り手としてはとても厄介なことではあるのですが、

一貫した美学に基づいた何かってのは見てて面白いし、

逆に、言動に美学が感じられない人は、話しててもつまらなかったりして。








同じ人を笑わせるタイプでも、
誰かを傷つけるタイプと、そうじゃないのがいる。

確かにウケるんだ。悪口は。

ただ、悪口言われた人はやっぱり笑えないよね。
ましてやその場にいる人なんて以ての外だよね。

その空間でただ一人、笑えなかったその人はどうすりゃいいのさ。

後々その人のことを考えて、笑った人も傷付いたりして。





傷付けないタイプも悪口は言うんだ。

でもなんか、うまーく避けるんだよ。

悪口言われたその人も笑っちゃうような、うまーい所突くんだよね。

悪口言われた本人が笑うと、周りももっと笑うんだよ。

悪口言われた本人も、悪口言われてんのに嬉しくなるんだよなぁ。





傷つけるヤツは気付かないからね。

言われた人が気を遣って笑ってても気付かない。

周りも気付けない。だから、その人はどんどん傷付く。







ちょっと悪口言われてカリカリすんのも、確かにちょっと、どうかとは思うんだ。

でもそれって人それぞれじゃん。

絶対触れられたくないことってあるじゃん。

その人の美学に傷を付けちゃいけない。





もしも言われて嫌なことを言われたなら、それは嫌だって言えばいい。

それで嫌われるくらいなら、あなたはそんなところに居るべきじゃない。

ただまぁ、ね。
社会的な事情もあるしね。

そのときは、上手く言えばいい。
相手の美学を踏まない程度に歩み寄ればいい。







とまぁ、三枚目にも美学ってあるんですよ。


3つめでした。

こんにちは。二つ目です。

前回は単なるスタート宣言でしたので、ここからが本来在るべき「ブログ」の姿になっていくわけですが

いきなり重たいのぶちこみます。








言葉選びって大切だなぁと思う昨今であります。

詞を書くとか、皆さんが読むブログを書くとか、作品系はもちろん、それ以外も。






好きなものがあって、嫌いなものもあって。

自分の好き嫌いは、自分で良く知ってて。


好きなものを、好きだと言う。
嫌いなものを、嫌いだと言う。

どちらも素敵なことだと思います。



でも、そこで終わったら、いけない。







自分の嫌いなものを好きな誰かがいて。
誰かの嫌いなものを好きな自分がいて。



僕はこれが好き。

私はそれが嫌い。

いや、僕は好き。

いや、私は嫌い。



この繰り返しが素敵だとは思わない。

この繰り返しを、会話と呼びたくはない。











好きなものがあって、嫌いなものもあって。

自分の好き嫌いは、自分で良く知ってて。



また他の誰かにも、
好きなものがあって、嫌いなものもあって。

自分の好き嫌いは、自分で良く知ってて。





好きと嫌いは、みんな一緒じゃなくて
好きや嫌いに、理由なんてなくて


どっちが正しいなんてこともなくて







僕はこれが好き。

私はそれが嫌い。

そう?僕は好き。

なぜ?

わからない。

じゃあ、ホントに好きなんだね。

うん、君は何が好き?








みんなそれぞれ
好きなものがあって、嫌いなものがあって。




自分の好き嫌いを、誰かが知ってくれてて、
誰かの好き嫌いを、自分もよく知ってる。


とても素敵だと思うから、

好きなものを、好きだと言う。
嫌いなものを、嫌いだと言う。



自分を伝えることは、とても素敵なことだと思うのです。

1つめの投稿でございます。

この度、こちらでブログを始めることにしました。





今までも他の所でやっていましたが、
ぶっちゃけ業界最大手ってなんかなーとか思っていたのですが、
こちらの方が検索にも引っかかりやすかったり、環境面でもいろいろ利点があったり、
というわけで、甘んじて…満を持してこちらにお引っ越ししてきました。










せっかくの機会ですので、改めて自己紹介でもしておこうかと。



岩城 慧(いわき けい)と申します。

1988年10月22日生まれ、B型てんびん座。

何人かで声を合わせたりズラしたりして歌っています。
いわゆる、アカペラってやつです。

考えるのが好きです。
なるべく無意義なコトのがいいです。

でも考えていると、意味のあるコトって結構少ないなとも思います。

ところがどっこい、全く無意味なことってのも、これまた見つからなかったりして。

要はグルグルしちゃってるってコトですね。

じゃあやめれば、って話なんですが。




考えたこと。見付けたこと。
あとは、ミュージシャンとしての情報発信などなど。


皆さんの暇つぶしツールの一つになれれば、と思います。


そういう意味では、最初のライバルは梱包用のプチプチですかね。




これからよろしく。



ではまた。





↑このページのトップへ