こんばんは。






いつも夜分すみません。





僕です。








先週のことですが、今更ながら振り返ってみようかと思います。





と思ったんですが、その辺は他のメンバーに任せます。← 






都城総合文化ホール、通称「MJ」




先週の土曜日に、僕らがワンマンライブをした会場。



そこのスタッフさんが最高だ、っていう話をします。






話は4年前に遡ります。







初めて都城に訪れ、小中学校を回った時のこと。



そのとき僕は本当に、自分がどうして良いのか分からなくなってました。


無力感がスゴかった。


歌うこと、ステージに立つこと、JARNZΩに居ること、



全部が苦しかったときでした。



何かこう、どこにも自分がいない気がしちゃってたんですね。




それでもメンバーのこと、JARNZΩのことはほっとけないし、っていう、


色んな人に申し訳ない精神状態で、毎日過ごしてました。




都城で僕らがやってる学校公演では、

MJのスタッフさんが、一緒に回って、音響や舞台、それ以外の様々なことをサポートしてくれます。



そこでのスタッフの皆さんの姿が、僕の心の胸倉を掴んでグワングワン言わせてくれたんです。



東京で大した成果もあげていない僕らを、アーティストとして丁重に、技術と心で、支えてくれました。



僕はそんな廃れた気持ちでいるのに。


アーティストとして、ステージに立って歌う人として、とても大事そうに扱ってくれました。




もちろん、あちらも仕事でやっていることですし、言ってしまえば僕らも。


そこに今更「全力で」なんて言葉は、却って無粋極まりないものではあるのですが。



今思えば、そのとき初めて「スタッフの皆さんと一緒にステージを作っている」「チームの代表としてステージに立っている」っていう気持ちが芽生えたのかも知れません。



ちゃんとしなきゃって思いました。



一人の人間として、与えられた時間で、与えられたパートで、

子供たちに伝えるべきことを伝えなきゃって思いました。




追い詰められたんじゃなくて、すごく心地よかったんです。それが。



自分の中に「伝えたいこと」が、まだあるって気付けたことも、


スタッフの皆さんが一緒にステージを作ってくださることで、僕が「ステージに立って歌う」というパートでいることを許容された、ような気がしたことも。



勝手な僕の思い込みが、僕にとって都合のいい方に捻れたってだけなのかも知れませんが。



すごく嬉しかったんです。



毎年会えるのも、すごく嬉しかったんです。




来年はどうなんだろなぁ。学校はほぼ回りきってしまったからなぁ。笑


そもそも3年周期くらいだったものを、禁忌の4年目を超えて5年目の今年だったから。


 

勝手に好きだった都城。


先日から「みやこんじょ大使」になりまして。



これはまた、都城に行く口実が出来たか?と、


密かに期待している昨今であります。




っていうか、僕はMJのスタッフさん達に会いたいのであります。




彼らは、僕の恩人なのであります。

勝手にね。






さて、日曜には宮崎市内の「ライブハウス」SR BOXでライブをしました。



僕らの今のところの基本的な居場所というか、身の丈や鳴らす音に合ってるのは「ライブハウス」っていうフィールドだと思います。


帰ってきた、って感じがして、好きなんです。


学校⇒ホール⇒ライブハウス←ここのタイミング。好きなんです。笑





ホールでもそうだったけど、今年のSRはやたら力入ったなぁ。


唇切れまくったし。久しぶりに途中あんまり覚えてないし。笑



けどその、身体と声と顔と、全部使って、

言葉は発さないパートでも、伝えるべきことを伝える、っていうのが僕のスタイルなんで。


そのスタイルの形成には、都城での思い出が、

大いに関与しているのですよ、っていう、


そういう、話。





あれ、そういう話だっけ?





違う気がする。




まあいいや。





寝る。




明日はロックの日だって。



知るか。








けい

こんばんは。





僕です。






月曜から都城に滞在してます。



僕がJARNZΩに入ってから5年連続。


都城の小中学校巡りは、この時期の風物詩になりつつあります。笑










大事なものに理由なんてない、が僕の持論です。



なんか大事なものになってます。この場所が。

大事になるキッカケみたいなのは、それなりにちゃんとあったけどね。








JARNZΩも都城の学校はほとんど回りきって。


もうそろそろ、来年はこの時期にこの場所に来られるのかなーどうかなー、と思っていた矢先の本日、都城の観光大使を仰せつかりました。
なんと嬉しくありがたいことか。





別れはいつ訪れるかわからない。

確かにそうなんだけど、大概の別れには、ある程度の予告や気配みたいなのがあって。


大丈夫、多分今じゃない。
そう思うことにしてる。









あーでも、明日のライブで大失敗したらもう呼ばれないかなー(笑)




とか思いながら、今日は明日のライブに備えることにする。







明日は夕方6時から都城総合文化ホール中ホール「あさぎり」にて、ワンマンライブ。




正味、自分たちの力だけで出来るような場所じゃない。




たくさんの人の協力と、想いがあって出来てる。




とにかく明日、そのたくさんの人が笑顔になってくれることをただ願う。


そのために、ステージに立つ。



まあこれは、この街に限ったことではないんだけど。もちろんね。




ただなんだろな、都城は、MJはそういう場所。僕にとって。







それには、理由なんてないんだよ、多分。







ゴチャゴチャ考える。



この街に来ると、いつもそう。





そのゴチャゴチャが自分を形成してるのだと思う。




都城に来たから、この場所で会った人達が居るから、JARNZΩのKEIΩが、未だに居るのだと、僕はそう思ってます。




ホントに何でだろな。前世でここに住んでたのかな俺。





とにかく明日だな。




楽しみで楽しみで、ちょっとだけ寂しい夜。






シャワー浴びよ。





それじゃ。





けい







MJホールワンマンライブの詳細はこちら

こんにちは。



僕です。





1月から始まったFlick The Switch!ツアー。

全11公演が、5/21日本橋三井ホールのワンマンライブで完了しました。



去年の11月にリリースしたアルバムを連れて回ったツアー。




JARNZΩというものの在り方について、その中の自分というものについて、改めて考えた時間でもありました。





新しいもの、誰も見たことのないもの。

それを追求するという行為は、一見すると、ただひねくれているようにも見えるのかも知れません。





とても不安にもなります。とても寂しくもなります。




しかしツアーが始まる前よりも、Flick The Switch!という自分たちの提示物について、
自信や確信が強く、深くなったことは確かです。





技術的にも、精神的にも、
この作品群が自分たちにもたらしてくれたものは多いように思います。



知らなかった物を知れたり、気付かなかったことに気付けたり。
あと単に、出来なかったことが出来るようになったりもしました。


 
それを使って、次は何をしようかな。






ずっと伝えたかったこと、新しく伝えたくなったこと、

それをどんな形にしようかな。





ツアーもワンマンも終わりましたが、

なんなら今の方がワクワクしてるのです。僕は。





「次」だと思ってたことがもう始まっている、ということを喜べることに感謝です。


これはきっと、ツアーを見に来てくれた皆さんや、共演してくれたバンドの皆さん、ツアーの手助けをしてくれた皆さんがくれた気持ちなのだと思います。




本当にありがとう。

始めますよ。




けい

↑このページのトップへ