おはよございます。

僕です。



朝から汗だくです。


何をしたわけでもなく。

ただ暑いんです。




暑さや寒さの感じ方って、意外と個人差ありますよね。

この時期だと冷房の感じ方の個人差は結構ね。キツい人にはキツかったりしますね。



自分一人で生きてたら、そのへん色々と楽なのかもしれません。


暑けりゃ、寒けりゃ外に出ない。冷房の掛け具合も自分好み。


寂しいって話もありますが、大概の場合「人と関わらなきゃならない理由」って、それだけじゃあない。


僕ね、一緒に仕事してる人って、自分の傍の人でも、1回だけ仕事する他のとこの人でも、

自分が出来ないことをやって下さってる人達だと思うんですよ。


例えば僕なら、1人じゃアカペラ出来ないけど、メンバーがいてくれる。

歌いながら操作出来ないけど、音響さんや照明さんがいてくれる。

そのための環境の管理なんて出来ないけど、ライブハウスを運営してくれる人がいる。

歌の仕事じゃなくてもそう。


体はあるけど、それを使ってお金を稼ぐシステムは管理出来ない。けど会社がそれをやってくれてる。

1人じゃ業務をまとめられない、片付けられないけど、それを管理してくれる上司や、共に戦ってくれる同僚たちがいる。


もちろん会社側もそうなんですよ。

社長1人じゃ回せないけど、従業してくれる人がいる、みたいな。


ただそうやって集まった人達も感じ方がそれぞれ違いますから、冷房の設定は非常に難しくなるわけです。


暑さ寒さもそうだし、何が楽しいか幸せかも、何が辛いか悲しいか腹立たしいかも、みんな違うんです。

もちろん人が集まるからには、ルールもマナーも空気も大事です。

でも、同じことをやったら同じように感じる、同じ結果が出る、はずはないんです。

双方何かを頂いてる訳ですからそこは相談ですが、目標に向けてどれほどの効率を上げているか、で、どうしても優劣を付けざるを得ません。


けどそれはそのコミュニティでの基準でしかなくて、世界が下したその人の優劣では決してない。


手伝ってもらう側も、手伝う側も、そういう気概があってもいいんじゃないかなぁ、と思うのです。


暑さ寒さの感じ方、冷房の好みは人それぞれです。


僕はうっかり弱冷房車に乗るとビチョビチョになります。

当然周りは可憐な女性が多いですから、ビチョビチョの僕なんか変な目で見られます。もうグッショリです。


選択肢としては、隣の車両に移動する、ちょっとヘラヘラして乗り続ける、などが考えられます。


走ってる車両の窓から飛び出すとか、よもやその場で自決しようとか、

あんまりにも、ね。

言っちゃえば、愚かしいでしょ。



満員で動けない時もあるけどね。


周りの人は意外と見てるよ。

非常通報装置もあるし。

押すのは勇気いるけどね。

でもビチョビチョを理由にリンチに遭ったりしたら、俺なら押すなぁ。



そんな感じで、弱冷房車に乗る時に必要なのは、



ヘラヘラするスキルと、SOSボタンを押す勇気、だと思います。



違うか。



岩機

こんばんは。


僕です。



熱中しすぎて時間を忘れる、ってやつ。


何かに没頭して「あれ!?もう5時間経ってるの!?20分くらいだと思った!!」ってやつ。



アレの時、実際にその人の脳と体は20分分(読みづれっ)しか歳を取らないのだそう。


逆に「1週間長いーまだ3日しか経ってないー」の状態の時は、その分老けるのが早いんだそうだ。


もちろん夜更かしが多くなったりすれば着実にダメージは蓄積するのだろうけど、何かに夢中になり続けてる人が若々しかったりするのは、そういう事なのかもね。


ただそうなると「待ち遠しい」ってやつは、なかなか厄介な存在ってことになるな、とも思うのです。






もしかしたら、頭が何かの準備を、しっかりとしてくれてるのかもしれない。


例えば誰かに会うとか、どこかに行くとか、
自分にとって何より楽しみに触れるその前に、
自分では気付けないほどの何かを、じっくり準備してくれてるのかもしれない。

時間を忘れるほどの楽しみを、万全の状態で迎えるために。

そう考えたら、ちょっとのんびり待ってみようかなって気になったりもするのかな、などと。




けど、待ってる時は大概、日とか週間単位で長く感じるモンなのに、

楽しいことで巻く時間は、せいぜい分とか時間なわけで、


んー、割に合わねえな。って感じ。(笑)



一生かけて楽しめるツールは、何かしら用意してあげた方がいいのかもね。


さて来週末はツアーのファイナルです。

今から楽しみで、今か今かの老け込みタイムです。

ただいつも、5日前くらいから準備だなんだと急に、バタバタと時間が流れ始めるので、

きっとその辺も、楽しんでるんだろうな、僕は。


超テンパるけどね。あっという間に当日になっちゃうから。笑




という、ネットの情報に個人的な感想を付け足しただけのお話。




明日も楽しく生きよーね。


ほんでは。




岩城

お久しぶりです。

僕です。


今日からまたブログ書くよ!

ってのも、最近また考え事をする機会と時間が増えたので。


フラペチーノ飲みましたとかラズベリージャムを作りましたとか、そういうのは書かないのでご安心を!←





人には人の数だけ、その人なりのこだわり。

んー、こだわりって言うと少し遠いな。

美意識というか、美学というか。

見た目の話だけじゃなくてね。
むしろ見た目の話じゃないことの方が多い。

ただね、こいつのせいで生き難さを感じるときがね、往々にしてありますよ。ええ。

人から疎んじられたりもするし、軽蔑されたりもする。

他の人の嫌悪感に触れることが多いんですよ。
もしかしたらこれは、僕だけかもしれないけど。

ただ最近感じます。

美意識同士が、例えば真逆の傾向だとしても、それぞれを侵し合うことはなくて、
むしろ絡み合って新しい何かが生まれるのだと。

人の美意識にケチをつける人のうちの何割かはただただ得体の知れないものに恐怖を感じているだけだし、もう何割かの心の奥底には憧れや嫉妬があるのだと。

めんどくさいと言われることは気にしなくていいのだと。

ただ、自分の意識の中に少しでも「くだらない」と思う要素があるなら、それは排除すべきだと。

磨くとは、削る行為なのだと。

けどそれは皆、無意識のうちにやっているはずなのだと。

そうして磨いた美学は、己の「指針」と言い切ってしまえ。

それに従うことで、自分の生きやすい世界で、望んだ自分になれるのだと。

それを「気持ち悪い」などと吐き捨てるような人間とは、二度と会う必要はないのだ。

自信を持ちなよ。君の美意識を信じろ。



って最近言われて大泣きしそうになったのをめっちゃ我慢したよ、っていう話。笑



皆さん元気ですか?

けい

↑このページのトップへ