2020年、仕事始めから皆さま良いスタートを切れましたか?
インフルエンザが今年も流行してますので、どうか
体調を崩されませんように。
わたしはたしか
走り始めた2013年辺りから、1度もインフルエンザにかかる事なく過ごせています。
きっとご飯をたくさん食べ、筋肉量も増え、不摂生を経ったことが大きな理由なのかなと
勝手に思っておりますが どうなんでしょう。
(とか言って今年なっちゃったら説得力ゼロなのでもう黙ります)


あっという間に日が経って、1月も折り返し。
今年になって、とっても私ごとですがひとつ
克服できたことがあったので こっそりお話ししておこうかなと。
ただのメモのようなものなので お時間ある方だけ是非。




日頃、昔の写真やデータ等。基本的に振り返らない主義で
写真のデータが消えようと 別にへっちゃらなタイプなのですが
3年前から余計に振り返らない
いや 振り返れなくなってしまっていました。

3年前 虹の橋を渡った愛犬との写真が目に入るのが
とても辛く 悲しく それ以来
どうにもこうにも 待ち受けにしている彼女の写真以外は
観ないようにしていたんです。

命ですから、どんなことをしても時間が解決してくれる他に道は無く
実際今は受け入れられているし 立ち直っているとは言え
幸せな写真をまじまじと見返すのには少々勇気が必要なことでした。


しかし先日不意に、過去の写真を見返す機会があり
気が乗らないながらも スマホのデータホルダを辿っていたら
予想外に幸せな気持ちになれたのです。

これには驚きました。

向き合っているつもりでも
実際どこかで蓋をしていたんですね
彼女は幸せだったか
彼女はもっとこうして欲しかったんじゃないか
いろんな感情が湧いてきて
自分ではきりがなくって 半分くらい蓋をして
向き合うのが精一杯だったんだと思います。
2017年は、他にも身内に不幸があったりと
ただでさえ個人的に悲しいことが続いていたので
自身を保つ為に無意識に蓋をしていたのかと

振り返る事で そんな気付きがありました。

このタイミングで振り返る勇気が持てたことや
なにか、ぽんっと背中を押される感覚を持てたことが不思議なんですが
人生にはポイントとなる時期が
必ずあるものですね。


振り返る 気付きがある
そして過去に一礼し
今まで以上に前を向く 



きっと一生
これの繰り返しなんでしょうね。



人間誰しもが
手放す悲しみや喜びを積んで
時に絶望し、時に舞い上がりながら
わたしたちに充てられた
無限には無い でも少なくも無い
時間をどう使って
自分自信をどう成長させていくのか
どんな仲間と時間を共にできるのか
どんな選択をするのか
後悔をして 強さに変えるのか
後悔もせず 前を向くのか
人それぞれにストーリーがあって
人それぞれにドラマがある



なんだかふと

そんなことを 思いました。








ではでは。
あでゅ♡