オスロ滞在中に 衝撃的なニュースが。
前例のない 北極マラソン開催中止という事実。
わたしたちは 北極の氷の上を走ることが出来なくなってしまったのです。

この日の為に、連日準備して来た。
ここまで来た。
このまま走らずに帰るなんて絶対に嫌だと オスロに居たわたしたちは
世界最北端の街 ロングイエールビーンでフルマラソンを走ることを決めて
またロングイエールビーンに3時間かけて飛行機で戻りました。
チャレンジする人の背中を押してくれる、チャレンジャー精神を大切にされているFWDさんのお陰で
FWD北極マラソン 改め
FWD北緯78度マラソンに切り替えてのフルマラソンを開催されることが決定しました。






そして無事、完走しました!
1週約10キロを4往復。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9431.HEIC


走り終わったら 皆が目を赤くして待って居てくれました。
私が一番最後だったから 本当にお待たせして申し訳ないなぁという気持ちでいっぱいだったのに
皆があまりに優しくって涙が止まりませんでした。
6時間19分かかってのゴールだったから
君はどんなハートをしてるんだ!と
たくさん褒めてくれたけど
私からすると、皆のその速さと強さが羨ましくって仕方がないです。
今年も すごいランナー達の仲間に入れてもらえて本当に感謝です。
なぜここまで時間がかかってのゴールだったのかは 追い追い。

今回私は 
何があっても途中で辞めない
自然を感じて感謝しながら走る
10キロごとしっかり自分の感情の変化を感じる
何より笑顔で!


をルールにしていました。



最後の最後で泣いてしまったけど。
フルマラソンの後って 本当毎回感情がゆさゆさされる。
ひどい顔。笑

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9339.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9340.JPG



完走後の、このデトックスし切ったお顔がこちら。
もうね、フルマラソン終わった後と前って 嘘みたいに顔が違うんです。
走る前は 緊張と色々でこわばって居た顔が おまんじゅうみたいに まぁるくなるというか。
兎に角、柔らかくなります。
目の奥が、きらっとするの!

究極のデトックスだから、毎月フルマラソンしたいくらい。。笑 
 
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9336.JPG


靴とウエアは、どろんこ。
その理由は 
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9333.JPG



小雨の中のスタートでこの1本道を4往復だったので
兎に角足元が ぬかるんでいたのです。

体が浮いてしまうくらいの強さの 谷を抜ける風が長くあったりと
最後まで、身体を持っていかれるレースでした。
ウエアの調整も難しくって インナーを脱いだり スパイクが壊れたりと
トラブル続きでした。
でも、
 
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9330.JPG



木村コーチから頂いて居たかりんとう 凄くパワーになりました。
ありがとうございます。 
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9310.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9216.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9185.JPG





今年も色んなことを経験させて頂いて。
課題は持ち帰って。
今まで考えたことのない 環境のことに関しても
自分が体感したからこそ 守るべきものがあるという気づきもありました。
去年はマイナス15度が平均だったロングイエールビーンで初めて雨を体験して
これはおかしいって思ったんだ。
美しい自然に わたしたちはたくさんの喜びと感動と癒しを頂いてばかりで
わたしは何一つ 恩返しできて居なかったことが情けなくも感じた。
このままじゃいけないし 変えていかなければいけない。
なるべく、日常でできることを工夫していく必要があるって 強く思いました。
マイボトル持参、なるべく買い物の時は包装や袋は貰わないとか
そういう意識だけで 変わっていくはずだから
帰国後早速 お水はなるべくマイボトルを自宅から持参して生活しています。

きっと去年とはまた別の目線で 物事を捉えられるようになってることにも
ちょっと自分に驚きました。

そして何より 北極の氷が5年もすれば無くなってしまうかもしれないねと言う話を聞いて
尚更 そんな事が自分が生きている間に起こるなんて考えたこともなかったからこそ
チェンジの時だ。と 改めて。



長くなりましたが
また北極で走れる日を夢見て そして今回感じたことを強く心に刻んで
日々に活かしていきます。

今年のFWD北極マラソンへの道も,
また違った形で わたしを変えてくれました。



応援してくれた皆さん、今回のチャリティーにご協力頂いた皆さん、そしてたくさんのサポートをしてくださったFWDさんへ
こころから
感謝 感謝です!










ではでは。

あでゅ♡