20191205173541.jpg
川上弘美の「大きな鳥にさらわれないよう」を読む。
以前から気になっていた本なのだが、文庫になったので先々週に購入。
予想通りの良質な終末小説。
プロローグの章が何処に填め込まれるのかと思ったら、エピローグとなる辺り、作者の円熟期を見た思いを得る。


↑このページのトップへ