今日は3月11日。
気がつけば、東日本大震災から10年の月日が流れていました。
本日出演させて頂いた、J:COMさんの特番、「震災をこえて〜みんなでつくる地域の未来〜」と言う番組の議題にもあがっていましたが、今では被災地の子供の6割が、東日本大震災を知らないとされています。
その事実に衝撃を受けましたが、10年経っているんだから、そりゃそうだ、とも思いました。

それでもなんだか、実感が湧かないんです。
それくらい、大きな災害だったからなのかな、きっと。
被災して上京して、そのままアイドル活動を始めました。
母親と夜行バスを乗り継いで東京に着いたとき、お腹が鳴りました。
母に、「なにが食べたい?」と聞かれて、私はすぐに答えることが出来ませんでした。
だって、今も仙台に残してきた父と祖父母は、一つの握り飯を3人で分け合って食べてるから。
一杯の豚汁を、一枚の新聞紙を、ご近所さんと分け合って生きているから。
それを知っていても、お腹は鳴りました。
「マック。」と私は答えました。
後にも先にも、あんなに美味しくて、あんなに味のしないマクドナルドを食べたのはこの時が最後でした。

私だけ贅沢できない。

私は一人で逃げてきた。
だから何か掴まないと絶対に帰れない。

こんなの全然辛くない。私の地元には今、もっともっと辛い思いをしてる人たちが沢山いる。

泣くな。泣くな。がんばれ。立ち止まるな。



そんな感覚が、ずっと、ずっとありました。

今思えば、48グループを卒業するまでの私は、そんな"自分へのプレッシャー"と言う鎧に身を包んで、ずっと何かと闘っていたのかも知れない。
と、最近ふと思います。

10年間、色んなことを経験しました。
嬉しいことも、悲しいことも
悔しいことも、幸せなことも。
幼少期からの夢であった、女優になると言う夢を叶える為、AKBを卒業してからも、私の心には常に故郷があって、
その時気付きました。

私が頑張る理由が、故郷なんだ、と。
どんなに嫌われても、私がこの10年間一人でも立っていられた理由が、故郷にあったんです。

東北の存在が無ければ、とっくに辞めて泣きながら仙台に引っ込んでたかもしれない。
東北のみんなの声援がなければ、マイクなんか投げ出して、逃げ出してたかもしれない。

100人に嫌われても、あなたの「頑張れ」に、私は何度も救われてきたんだよ。

ありがとう。
10年頑張ったって私はまだまだまだまだちっぽけで、微力な存在だけれど、どうかこの声がみんなに届きますように。

この10年間、私を支えてくれて本当に
ありがとう。

今日まで一緒に生きてくれてありがとう。

明日から、また新しい10年が始まります。

「また明日。」って言える幸せなんて、もう二度噛み締めたくないから
だから毎日、明日が来ることに感謝して、大切な人には毎日、「また明日ね」って言うんです。
愛してる人には「愛してる」って言うんです。


東北を背負う、なんてかっこいい言い方は出来ないけれど、
これからも私は、故郷を大切に大切に抱き締めて歩いて行くから

また10年後、今日のことを思い出してくれたら嬉しいな。

そして、その日まで頑張った自分を、全力で褒めてあげてください。


私も今日だけは、自分のことを褒めてあげようと思います。


それじゃあ、

また明日。


だいぶ間が空いてしまったが、引き続き私の人生日記を書いていこうと思う。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0455.JPEG

そろそろAKB編に突入するとしよう。
男友達しかおらず、クラスでもゴリラと崇められていた私がAKB48の存在を知ったのは、小学5年生頃だった。未だに会う宮城の小学校の同級生は本当に数少ないが、その中の1人で、当時から特に仲の良かった友達が、「まゆゆ可愛くない?」と言ってきたのが始まりだった。
掃除の時間、ホウキをスタンドマイクに見立ててヘビーローテーションを熱唱し、全力で先生に怒られるそいつを、当時鼻で笑っていた。

正直私は、アイドルに"全く"興味がなかった。
申し訳ないが、これは本当の事だ。
そもそも私がなりたかったのは女優、役者であり、アイドルでは無かった。と言うより、自分がアイドルになんてなれるわけない、と思っていた。
前回のブログで書いた通り、Berryz工房さんのステージを見たとき、私は確信した。正確に言うと、興味がなかった訳ではないのかもしれない。本物のアイドルに格の違いを見せつけられ、「私はアイドルにはなれない」と言う答えを導き出した私は、自分にそう言い聞かせていただけなのかも。本当は、ほんのちょっとだけ、憧れていたのかもしれない。

そんな私がAKB4812期研究生オーディションを受けたのは、2011年の年始。舞台やプロダクションのオーディションに落ち続けて戦意喪失していた私に、「気分転換に、どんな子たちが来るのか見に行ってみたら?」と勧めたのは、母だった。
いつも東京にオーディションに来る時は、母と2人だった。夜行バスで東京に着く時は、毎回わくわくしていた。たまに、いや、割と頻繁に、父が往復8時間近くかけて仙台から車で送り迎えしてくれたりもしていた。
何度も何度もオーディションに落ち続け、それでも私の夢のために時間とお金を沢山使ってくれた両親には、本当に感謝している。
オーディションが終わった後は、毎回母と原宿でショッピングをして帰った。未だに私が東京で一番好きな街は原宿だ。当時の私は、原宿が世界で一番お洒落な街だと思っていた。今でも原宿には、そんな田舎娘だった私の思い出と憧れと、初心が至るところに転がっている。

少し話が逸れたが、完全にノリで(申し訳ない)12期研究生オーディションに書類を出したら合格通知が届いたので、いつものように母と2人でオーディションに向かった。(ちなみに私がAKBの一つ前に受けたオーディション、つまりデビューするまでに受けた最後のオーディションは、E-girlsだ。笑)

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0446.JPG
【↑実際に書類に添付した写真】

まずは一次審査。12期研究生のオーディションには秋元康先生は不在だった為、当時の劇場支配人を始めとしたスタッフさん達がズラリと肩を並べていた。目の前の審査員席に座っていた戸賀崎さんと西山さん(サルおば)が、めちゃくちゃ怖かったのを今でも覚えている。笑
後にこのお二人から私は、生涯かけても返しきれるか分からない程の恩恵を受ける事となる。

一次審査は簡単な自己PRと質疑応答。
まず聞かれたのは、「推しメンはいますか?」だった。何度も言うが、アイドルの知識が本当に無かった私は、メンバーの名前なんて分からなかったし、まず「推しメン」と言う言葉をそこで初めて聞いた。

おしめんってなんだ?

私の頭にハテナが浮かぶ。
周りの子たちは、「まりこ様です」「ともちんです」と、どんどん答えていく。私の番がきた。
おしめん?オシメン……お知メン、、?
そうか!お知り合いのことだ!

「いません。」




ほんの一瞬、会場の空気が止まった気がした。

次の質問が、「デビューした後の目標を教えてください。」だった。

周りの子たちは、「選抜メンバーになる事です。」「神7に入りたいです!」「センターに立つことです。」などと答えていて、その子たちの目はとても輝いていた。

私はと言うと。

アイドルとしての目標が特に思いつかなかった。
もうこの際すべて暴露すると、もし万が一受かったときは、AKBとしてデビューをして、プロダクション移籍で事務所に入り、女優デビューすることが私の真の目的だったからだ。だとしたら、アイドルとしての目標よりも、自分の人生の目標を言おう。
 

「ブロードウェイに行く事です。」


また会場の空気が止まる。刹那、戸賀崎さんが少し笑った気がした。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0456.JPEG

そんな感じで一次審査は終了。周りの子たちから、「変な子だ。」と言う視線を存分に浴びて、私は悔いなく母の元へ帰った。
受かる訳は無いが、夢を語る少女たちの目の輝きを見て、アイドルってちょっと凄いのかも。なんて思いを胸に東京を後にした。
それから少し経ち、私はオーディションを受けた事自体忘れていたが、なんと、2回目の合格通知が仙台市太白区(前実家)に届く。

果たして宮城の田舎娘は、国民的アイドルの仲間入りを果たせるのだろうか……!?運命は如何に…!

次回!「華怜、アイドルになる」

お楽しみに!!!





皆さんは、挫折をしたことがあるだろうか。
誰しも、きっとあるだろう。

私も短い22年間の中で、数えきれない数の挫折をしてきた。しかしその中でも、特に記憶に残っているお話をしようと思う。
_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2020.JPG

私の最初の挫折は、「おてんば病」の時に少しお話した、母と2人の冠番組の取材での事だ。

あまりに古い記憶なのであまり正確ではないが、私はある取材で、たった7、8歳の癖に自分に落胆した。
それまでは、ただ楽しくてその仕事をやらせて貰っていたが、何となく自分の中で、「この世界で生きていきたい」と言う気持ちが芽生え始めた頃だった。

あの大人気アイドルグループ、Berryz工房さんが、仙台に来てくれたのだ。
仙台駅にある、Zepp仙台。今はもう無いが、当時は有名なアーティストさんが沢山ライブをしていた。私が初めてTHE YELLOW MONKEYさんのライブを観たのも、確かZepp仙台だったと思う。
そこでBerryz工房さんがライブをすると言うことで、私と母は取材へ向かった。

楽屋へ行かせてもらい、メンバーの皆さんにお話を聞かせて貰うことも出来た。
その時私は、衝撃を受けた。
よくよく考えれば、東京で活躍するアイドルの方に生で会うのはこの時が初めてだったと思う。 
とにかく皆さん顔が小さい。細い。かわいい。
私とは元々作られている細胞から違う気がした。

インタビューが終わり、リハーサルも見させて貰った。さっきまで楽屋で話していた時に垣間見えた幼さは一気に消え、アイドルの顔に変わる。彼女たちの全身から、物凄いパワーと輝きを感じた。
その姿を舞台袖から見ていた私は、初めて自分に自信が無くなったのだ。

東京へ出たい、東京は凄いところだ、と言う漠然とした憧れしか抱いていなかった私は、レベルの違いを思い知った。彼女たちと何かのオーディションで肩を並べたら、勝てるわけがない。いや、まず肩を並べる所までもいかないだろう。
元々アイドルになりたい訳ではなかった私だが、「自分は、彼女たちと同じステージには立てない。」と、幼いながらに感じてしまったのだ。

その数年後、AKB48へ入る事になるとは、世界中で誰一人想像していなかっただろう。
そのまた数年後、当時私がインタビューさせて頂いたBerryz工房さんのメンバー、清水佐紀さんと主演舞台で共演する事が出来るなんて、当時の私が聴いたらきっと気絶する。

人生何が起こるか分からないものだ。

_var_mobile_Media_DCIM_152APPLE_IMG_2106.PNG

その次の挫折は、小学校中学年の頃。
私は、オーディションに落ち続けた。
毎月のように母と東京に行き、あらゆるプロダクションや舞台のオーディションを受けた。
尽く、ダメだった。いや、いい所までは行くのだ。
最終審査で、いつも私の名前は呼ばれなかった。

その中に、ホリプロスカウトキャラバンのオーディションがあった。実は私は、AKBのオーディションを受ける前に、今お世話になっているホリプロのオーディションを受けていたのだ。
私が「舞台をやりたい!」と思ったきっかけをくれたのが、ホリプロが何十年も上演し続けているブロードウェイミュージカル、「ピーターパン」だった。
私が観に行った時は、高畑充希さんがピーターを演じていた。
圧倒された。会場全体が夢と希望に満ち溢れ、お客さんと出演者が一体となり、とても幸せな空間が出来上がっていた。
この事務所に入りたい。と思い、その次のスカウトキャラバンへ応募した。

しかし私は、募集年齢に達していなかった。
それじゃダメじゃないかと笑われるかと思ったが、当たって砕けろ、書類を出してみた。
すると、二次審査の案内の通知が届いた。
私が応募したのは、東北ブロック。ここには東北地方からの応募者が集まり、1人に絞られる。本戦へ駒を進められるのは、東北で1人しかいない。とても狭き門だ。
私は何と、最後の2人まで絞られた。隣には、秋田県出身の安田聖愛さんがいた。その後、このスカウトキャラバンのグランプリに輝く方だ。当時から飛び抜けて綺麗な方だった。

案の定私は、「年齢制限を設けている以上、募集年齢に達していないあなたを本戦へ行かせるわけにはいかない」と、不合格だった。
当然だと思う。しかし私はその時、悔しさよりも喜びの方が大きかった。

当時審査員をやられていたホリプロのマネージャーの方が、わざわざ私を別室に呼び出し、不合格の理由をきちんと教えてくれたからだ。
普通、こんなことはまず無い。
しかも、そもそも応募条件を満たさず応募した私が悪いのに、門前払いせずに、きちんと私の自己PRを聴いてくれた。
そして、「募集年齢をクリア出来たら、また必ず挑戦してみて。」と言ってくれた。

この時、その言葉を私に掛けてくれたマネージャーさんは、今もホリプロにいらっしゃって、所属部署は違うが、イベントや現場でお会いすると、必ず笑顔で声をかけてくれる。

そのすぐ後、AKBへの加入が決まった私は、2回目のスカウトキャラバンを受ける事は無かったが、今こうして、昔から入りたかった事務所でお仕事をさせて貰っている。
私が初めて舞台の魅力の虜になった「ピーターパン」でピーターを演じていた高畑充希さんとも、「忘却のサチコ」で共演を果たす事が出来た。
あの時、「年齢達してないからなぁ…」と諦めていたら、この結果にはなっていなかったかもしれない。

_var_mobile_Media_DCIM_145APPLE_IMG_5406.JPG


私が思うに、挫折とは、"種"である。

自分で撒いた種が、数年後、いや、数十年後、大きな花を咲かせる事もある。

今、「失敗した。」と思っても、未来の成功へ繋がる事もある。

人生何が起こるか分からない。

自分の花は、自分の種でしか咲かない。

そしてその種は、誰もが生まれた時から、片手に握り締めているんだと思う。

挫折は人生において、間違いなく必要な経験のひとつである。

でもそこで諦めずに、自分を責めずに、

「この経験は未来への種だ。」

と思うこと。


そうすればきっと、花は咲く。



…かもしれない。




↑このページのトップへ