月別アーカイブ / 2021年07月

てなわけで、約2ヶ月間、
ヴィリという1人の人間を
人生を歩めて、生きれて
本当に本当に幸せでした。

お芝居って楽しいな。好きだな。
と改めて心から思いました。

すごく大変な時、ご時世の中で、
みんなで駆け抜けることができて
本当に良かったです。
恵まれていることですし、
有り難いことです。

4年ぶりの舞台でしたが、
前回とは世間の状況からして
大きく違っていて、
戸惑うことも多かったし
不安ももちろんありました。

作り上げたものを無事に
届けることができるかという
本来であれば大前提とも言えることが
もはや願い、祈るべきことに 
変わっていたことも事実で。

本当にみんな闘ってるんだって
実感しました。

そんな中での完走は
本当に本当にありがたき幸せです。

キャスト、スタッフの皆様、
この作品に関わる全ての方々に
心より感謝申し上げます。

本当にみんなが大好き。

始まってからずっと終わることに
怯えていたけど
ヴィリだけではなく
私自身も「走れ」と言われた気持ちに
徐々になっています。

走らなきゃ。頑張ろう。
そしてこの作品に携われたからこそ
益々、1日1日を大切に楽しもうと思いました。

お客様方に関しても、
色んな思いがあったと思います。
シンプルに楽しみにして来てくださった方々や
勇気を出して観に来てくださった方々
とにかくそんな皆様の支えあってことです。

全方位に感謝が止まらん!!!

とにかく本当に幸福でした。
「首切り王子と愚かな女」最高!!!

ありがとうございました!!!


よっしゃぁあああああ🏇🏻!!!!


↑このページのトップへ