伊東歌詞太郎です、皆さんお久しぶりです!
(パソコンの電源ケーブル忘れたからブログ更新できなかったの)




7月の後半から出発した僕のライブ三昧の日々は、
いちど小休止。

とはいえまた6日後に旅立つのですが!


久しぶりの帰宅に、猫たちは驚きの表情(笑)!
昨日は片時も離れずに一緒にねむりました。ちょっと暑かったぜ!



さて、各地を回ってきましたが、
思うことは一つ。



僕が路上ライブをする場所に来てくれて本当にありがとう。



これだけです。
これ以上はない。

僕は何回やったとしても、
そこに誰かが来てくれることが信じられません。

ライブに来てくれるということは、
こちら側からしたら奇跡なんです。
本当に本当に、ありえないことなんです。


歌なんて、再生ボタンを押せば聞けるんです。

それでも僕がいるところにわざわざ来てくれるなんて。
歌を聞きに来てくれるなんて。
奇跡です。


だからこそ、一回一回が奇跡なんだから、
僕はその場所にいる誰よりも強い心で歌って、何かを伝えたいと願います。


この3か月は、

歌はなにが伝わるんだろう、
どうやったら伝わるんだろう、
何を伝えたいんだろう、
伝えたい気持ちは不要なのだろうか、
無心で歌った時に伝わるものは何なのか、
無心で歌ったら何も伝わらないのだろうか、

そんなことを考えていました。


伝わるかどうか、これがすべてなんだと思いました。


歌をうたう人間がいたとします。
その人がライブをしたとします。


その人を好きな人がライブを見たら、
好きな人の歌を聞いてるんだから、それだけで満足かもしれません。

ただなんとなく、
ぼんやりとした気持ちでライブしたとしても、
お客さんが「楽しんで」くれるので、
ライブは成功したかのように見えるでしょう。


でも僕はそれじゃ嫌だ。
僕のことを一切知らない人にも伝わる歌がうたいたい。
そうじゃないとダメだと思う。

どうしたらいいのか24時間のほとんどを考え続けています。


僕のことをまったく知らない人にも伝わる歌ならば、
好きで来てくれる人たちにもっともっと伝わる歌がうたえるんじゃないか。


暗中模索の手さぐりですが、
手がかりはなくとも思考を停止していいなんてことは一切ない。

いつ答えが出るのか、
そもそも答えがあるのかどうかなんてこともわからない。


毎日、奇跡的に聞きに来てくれる皆さんの目を見ていると、
なんだかそこに手がかりがあるような気がして、
幸せな時間を過ごさせてもらいました。


だからこそもう一度書かせていただきます。


僕が路上ライブをする場所に来てくれて、
本当に本当にありがとう...!!!!!



そーしーてー!!!!!!!!


ミナミホイールというイベントに参加することが決定しましたー!!!!!!!
詳細はこちら!!
http://funky802.com/minami/

このイベントは、多くのバンドやアーティストが
町のいたるところにあるライブハウスにて同時多発的にライブを行う、
というものです。


出演者も見てくれたらわかる通り、多いのです!
音楽業界の大先輩の方々が多く出演されるので、
もちろん僕に興味のある人は
このイベントに参加される方の中にはほとんどいないことでしょう。

みなさん、力を貸していただけませんか...!

いつも力を貸していただいているのに、
またこうやってお願いするなんて、
どうしようもないやつなのはわかってるから!!自覚してるから許して...!


路上ではなくライブハウス!
どこで歌おうとも、僕は全力で来た人に伝えたい。
そういう歌がうたえるように、なんだってしたいです。




あ、この場を借りて言っておきますが、
路上で僕の体調を心配していた優しき愚か者ども!!!!!!!!

僕はまったくもって丈夫だぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
心配は不要じゃぞたわけが!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

顔色が悪いのではなく、顔が悪いの!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!