伊東歌詞太郎です!


どうもこんばんは!
9月10日から昨日13日までの4日間、実は4ステージ歌ってまいりました!!


10日は名古屋にて、吉根中学校という、今年できたばかりの市立中学校にて、
「言葉の大切さ」というものをテーマにお話をさせていただき、
そのあと歌ってまいりました。


僕はよく、歌詞に特徴があるねと言われたりします。
言葉というもの、日本語というものをとても大切にしていきたいなと思っているので、
曲に乗せる言葉は僕の中で特別な気持ちがありましゅ。

かみまみた。

日本語を大切にしたいと言ってるそばから噛むとは、
まったくなさけない限りでしゅわ。

あ、かみまみたアゲイン!



というわけで、このようなお話をラジオ局の方から言われたのは本当にうれしかった!!
もう速攻でやらせてくださいの嵐でした!!!!!!


学校では習えないことをどうやったら伝えられるか。

たとえば、どうして数学をやるのか、国語を勉強するのか。
そういう類のことを僕は義務教育を終えてから自分で学んでしまいました。


手遅れです。


僕には、学校で教えてくれない多くのことを僕に教えてくれる大人が一人もいませんでした。

もしかしたら、それが当たり前なのかもしれない。
だったら、せっかくこんな素晴らしい機会を与えてもらったんだから、
僕なりの全力で学校では習わないことのお話をいたしました!!

もうね、収録の都合上45分しか話せなかったんだけど、
学校で習わないことなんていくつもあるじゃないですか!
もう全部投げつけました!!

全部持って帰ることなんて不可能ですから、
ひとつだけどれでも持って帰ってくれたらいいな、という気持ちで話してました。


そしてライブはいつもどおり、全力で歌ってまいりました。
最高だよ、音楽はいつだって!!!!




そして12日は奈良県!!

若草山MUSIC FESTIVAL!!!!

奈良よ、最高だ!!!!
2年間も行くことができなくてもどかしすぎたよ、奈良県!!!!!
MCでも言ったけど、奈良県は歌をうたう場所の許可が出にくくて...(笑)!
何度もいろんなところに電話しまくってるんですが、2年間とれなかったぜー!!!

僕は申し訳なくて、
もうね、若草山はすごく冷たい雰囲気の中で歌うんだとイメージして臨んでました。

いや、びっくりしたよ。

来てくれた人がとってもとってもとってもとっても温かく迎えてくれて!!!!

僕はまた歌いにきますと約束して2年もほったらかしてしまったというのに...。

よくぞ僕と一緒に歌ってくれたし、
よくぞ僕と一緒に手をたたいてくれたし、
よくぞ僕と一緒に音楽を楽しんでくれたよ!!!!!!!!

僕は奈良に、若草山に来てくれたあなたのおかげで、
その日はすっっっっっっっごく幸せな気持ちで歌えたよ!!!

ギターも割らんばかりにかき鳴らしたさ(笑)!!!!!


最高だったよ、本当にありがとう!!!!!!!!!!!!




そして13日はリツイート企画。
まさかの2ステージダブルヘッダー!

このスケジュールはなかなかマジカルアドベンチャーなバイブスでした。



ボーカリストに天敵と言われる、

午前歌唱、移動からの、電気使用不可能ステージ!!!



この話を聞いたとき僕は、これこそMUSICだと思いました。
歌が好きならすべてを超えていける。
最近の僕は本気でそれを確信し始めています。


何でかわかりませんが、
寝起きだろうが徹夜だろうが、歌がうたえるし、
何時間歌っても声が嗄れない体に変化してしまっているので、
午前歌唱は文字通り朝飯前だぜ!!(実際の時間は昼飯前くらいじゃん...!)




リツイート企画は当選者の方がどういうライブにするかを決められる企画です。
今回は大阪の方が当選され、

服部緑地公園

という場所にて、来られる方は自由にライブを観覧できる、
という条件に設定してくださいました。


前日の22時に告知したにもかかわらず多くの人が来て下さいました...。
それだけで僕はとってもうれしい。


そこでギターを弾いて、歌がうたえるのはこの上ないです。
よくぞこの場所に僕を呼んでくださいました。
聞けば受験生のようで、
すごいがんばってる話も聞けて僕も負けないようにしなくてはと思いました...!
当選者の方に感謝!


今回はすごく申し訳なかったのが、
次の場所に行くため、
僕の路上ライブでは、
ほとんどやらせていただいている対応の時間を十分とることができず、
握手だけで次の場所に行かなきゃいけなかったんです。
ごめんなさい...!


でも、このことをお伝えしたとき、
みんなが「やった!」って言ってくれたのがとっても驚きでした。


僕は本来、責められるべきなのに、
握手はしてくれるんだと、よくぞ言ってくれましたよ...。
嬉しいというよりは、喜ぶというよりかは、
その気持ちを心の奥底でかみしめてしまいました...。


感動してしまいました。
これだから音楽は最高ですよ!!!!!!!!!!
音楽で体験したことは、いつだって僕の宝物になるんですもの!!!!!!!!!


宝物を与えてくれてるのはあなたです。
音楽というフィルターを通して、向こう側にはあなたがいて、
僕はいつだって宝物をもらっている。



どんどん、音楽が見えてきた。
音楽というわけのわからない、理屈の通用しない素晴らしき別世界は、
ほんのほんの一部だけは理解できた気がする。

その向こうにあなたがいてくれるってことです。

一人だけでも完結する世界もありながら、
あなたがいてくれる世界もある。

どっちも音楽なんだなと理解できそうです。もうちょっとなんだよー!!!







そして移動しましたは愛知県、豊橋市、豊橋駅前の噴水!!!

こちらはなんと電気使用不可(笑)!!

これは真の生音勝負です。


マイクを持たずにライブをしたことは人生において一度もないよー!



会場に着いてみたら、
4時間前に告知しただけにもかかわらず、予想外の人が...!
それを見た瞬間、あ、これはマズいな、と(笑)!!


アンプ使っても500人くらい来て下さった場合、
後ろのほうに音が小さくなるというのに!!

僕は人生で一番でかい声で歌おうと覚悟を決めました。
覚悟決まっちゃうともはや楽しくなってきちゃって、
これは、最高!!!!!!!!!!!!



音楽的な学びがあまりにも大きすぎるよ!!!
僕はこれからもアンプやマイクを使って歌をうたうことが多いと思うのですが、
本来であれば、
生の音で歌をきいてもらうということも大切なことなんじゃないかって思ったんです。


空気に直接、歌を溶かす感じ。
体中の力を血管が切れてもいいくらい引き絞って、全力でふわっと溶かす!!!!!!!!


なぜか、目も合わせやすかった。
マイクがないからなのでしょうか??



生まれてはじめての経験だったので、
あまりにも多くのことが自分の中に入ってきて、
いまこのブログを書いているときも、
なんか思い出して胸がすっごいドキドキします!!!!


音楽以外の嬉しいこともあって!
今回、マイクがなかったということは、
いつも僕を制限しているマイクケーブルの呪縛から逃れられたということなんです。

つまり、
見てくれている人の真ん中まで行って歌っても、問題なくなるということです!


僕が一曲ごとに場所を移動したら、
誰も何も言わずに後ろの人に気を使って座るんですよ...。

これが嬉しくて嬉しくて、
大きな感謝で胸がいっぱいになってしまったんです...。

僕はどうしてか、泣けない人間なんですけれども、
心の中では泣くほど感動しちゃって!!

人の心を動かすのはいろんなものがあるとは思うんです。
でも僕は「優しさ」とかそういうもので心を動かされてしまいます。
歌で心を動かすには、優しい人間にならなきゃいけない。


そんなことまで学ばせていただきました。




(多くの人が来てくれたためパノラマ写真一周では収まりきりませんでした!
というわけで切れちゃったところを撮りなおしたんですがなぜかそれしかアップロードできなかった...!パソコンはやっぱり難しい...。)




そんなわけで伊東歌詞太郎の夏は終わってしまいましたが、
夏が終わったところで秋が来ますからね!!

秋も歌をうたえますので、ぼくにとっては大好きな季節!!
冬も春も歌がうたえるから、大切な季節!!

いままで歌ってきたすべてのステージ、路上での経験をぜんぶ積み重ねていきたい!!!