伊東歌詞太郎です!




今回で報告シリーズは最終回にしようと思っております。

先日ツイッターでお伝えした通り、歌をうたい始めることができました。



歌唱許可が出てから、何時間かすでに歌っております。

感覚としては、調子が悪い日の歌って感じです。

調子が良いとか悪いとかなくなって数年経っていたので、

あぁ、歌にも調子ってあったなって気持ちを思い出しました。


手術前は何かが引っかかって歌いにくかったのですが、

今は引っ掛かりではなく調子って感じ。


なんかこう、うまく伝われ(笑)!


ライブであなたに歌を聞いてもらえる日は絶対に近い。

僕の人生ほとんどうまくいってないけど、

歌に関してだけは自分のイメージ通りにならなかったことはありません。


まずは自分自身の歌を取り戻します。絶対に。


取り戻した後にはやっと進むことができます。

また少しずつ芸術の本質とは何か、そこに触れられるような歌を目指して進みます。

それ以外本当に興味ないってくらい、視野は今めちゃくちゃ狭い。



歌唱許可まで思ったよりも時間がかかってしまいましたが、

最低2年前の自分以上、最短距離で自分の歌をふたたび探し当てます。



これから先は絶対に、同じ理由で歌がうたえなくなるってことは、ない。

ハッキリとした原因があったので、僕は同じ轍は二度と踏まない。死んでも踏まない。



ここでテキスト上で伝えても、本当にやさしい人たちだから、心配は残ってしまうかもしれない。

次にあなたに歌を聞いてもらって、その心配をはやく取り除いてあげたいと思う。

心配も応援の気持ちである、そんな風に僕は思っています。

その気持ちは嬉しいです。ありがとう。


「歌詞太郎が歌をうたわなくなる、もしくは歌がうたえなくなることはない」


そう思ってくれていた人もいたんじゃないかな。

今回はその気持ちを裏切ってしまった。情けなくて笑えるわ。ごめんな。謝るだけじゃもちろん不足なのは分かってる。これから再び以前のように思ってもらえるには数年かかると思います。

失った信用は取り戻すのにそれくらいかかるのは当たり前だし、取り戻せないことだってあるだろう。

当たり前だけど僕は取り戻すつもりです。


心配ついでにお話しします。

僕はこれまでどんな状況、心境、体調、環境でも、

歌が大好きな気持ちは意味が分からないくらい変わりませんでした。
自分でもこんなに好きなのはもしかしたら変なんじゃないかって思ったこと数回あるよ。

しばらく休んで、歌い始めたとき、もちろん以前のようにすぐに歌えなかった。

でも、歌うことが好きだと思う気持ちだけはマジで何にも変わらないで体にしみこんできました。

僕自身も、もしかしたら多少は変わったか心配してました(笑)!

大丈夫です。


具体的なライブの日程をお知らせできるよう、

歌を取り戻すことと、ライブハウスのブッキングを同時に頑張ります(笑)!


また応援してくれたら嬉しいです。

ではでは!