伊東歌詞太郎です!


本日は、練馬区立豊渓中学校へ、二律背反で大変お世話になった大編曲家であり自身も歌をうたっているnishi-kenさんとともにサプライズ訪問!!

実はこの学校、「パラボラ」を合唱曲として使ってくださったんです。
音楽の先生から連絡があり、もちろん即答で快諾ですよそんなの!!嬉しいもの。

その後、合唱曲として無事に使ってくださり全校生徒全員が歌えるようになったとお話がありました。


「卒業式の前日の予行演習の日に、サプライズで行けないか?」

というお話があり、もちろん僕もnishi-kenさんも断る理由なんてない。むしろ喜び勇んで行かせていただきたいですよ!!!

本日は晴天なり!!
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6610.JPG

ほらね!
いい天気で気持ちよかった…!

全校生徒は160人ほど、練馬区で2番目に人数の少ない中学校だそうです。

サプライズなので、バレないように体育館の放送室へ。
そこが待機場所でした。

隠れて学年主任の先生の言葉を聞いていましたが、めっちゃいい先生だった。

「数学が嫌いなまま卒業する生徒へ。3年間で数学を好きにさせてあげられなくてごめんなさい。」

グッとくるよ。僕は数学が嫌いだったけど、こんなこと言われちゃったら生徒だったら胸に何かこう、こみ上げただろうな…。

そして幕が下がり、僕とnishi-kenさんがスタンバイ。
校長先生が話すあの台みたいなやつわかる??
あえてそこにマイク置いて歌うことに決めました。だって経験できないもの、校長先生っぽいシチュエーションって。

こんな感じ。

pLNjtUOpKW.jpg

幕が上がったら校長先生のあの台に歌詞太郎いるんだものね。
意味わからないよね(笑)。生徒さんの思い思いの様々なリアクションを楽しみました(笑)!!!

全力で歌わせていただきました、「パラボラ」を!

生徒さんたちが一生懸命、合唱の練習してくれたんだってことを考えたら、ヘタな歌なんてうたった日には夢壊しちゃうからね。

全力で歌わせていただきました!
nishi-kenさんは生ピアノ。
やっぱり生ピアノって本当に素敵だよ。

生徒さん、一緒に歌ってくれていた。
これだよ。
この気持ち。
プライスレスすぎる。
160人だから、しっかりと全員の気配、気持ち、表情を受け止めるのはそんなに難しいことじゃなかった。

嬉しそうに、一緒に歌ってくれていたのが本当にプライスレス。
ワンマンライブの時のような感情が生まれてきました。
あなたもワンマンで一緒に歌い、手拍子をしてくれているじゃない?
今日もそんな素晴らしい景色を見させていたらだけました。

一曲歌い終えたら、今度は僕はマイクを使わない。
nishi-kenさんの生ピアノで、全員で生の声でパラボラを合唱。

これ以上ない。感動した。

といいつつ、これ以上ないと言った舌の根が乾かないうちにもっと最高なことが!!

僕とnishi-kenさんが壇上を降りると、音楽の先生から、「ちょっと聞いてもらってもいいですか?とのお言葉が。」

あたり前じゃないですか!!

アットホームな雰囲気の学校だから、予定にないことが起こってもすぐに対応できていて、なんかこう、先生と生徒の絆を感じました…!

僕とnishi-kenさんを取り囲むように全校生徒が集まってくださり、「パラボラ」を4重唱!!!!

今度こそ、これ以上なかった。
歌って本当にいいよね。
音楽って本当に感動を生む。

ますます音楽が、歌が大好きな気持ちを磨くことができたと思う…!

「パラボラ」

という曲に本当にお世話になってるし、
この素晴らしい曲を共に作り上げて下さったnishi-kenさんにも大きな感謝を!!


さいごに。

練馬区立豊渓中学校で今日出会ったあなたに感謝です。

音楽の先生ありがとう。

校長先生、ありがとう!!!!


そんな気持ちでいまから歌詞太郎帰宅します。
家帰ったら新ギターでくたびれるまで弾き倒して遊ぶよ。

また、あしたね!