伊東歌詞太郎です!



福島県での2日間。

とっても心に刻まれました!


今回は福島県のよさこいのテーマソングを担当させていただきました。


僕の視点でお話すれば、そんなチャンスを下さるということは本当にありがたくて嬉しいということなんですが、お手紙や対応した時に言ってもらえた言葉にびっくり。


「自分の県にテーマソングを書き下ろしてくれてありがとう!」


これね、マジで?!って思っちゃいました。


こんなに喜んでもらえるなんて思ってもなかった。

もちろん曲を書いているときは、喜んでくれたらいいな、気に入ってくれるかな?という気持ちで書いてるわけなんですけども…!


まさかここまで反響が大きいと予測してなかったから、不意打ちサプライズで嬉しかったです。


18日の郡山市よさこい祭「おもてなし温楽彩」。

東京から車で向かってる途中、アニメ制作会社のガイナックスさんから電話が鳴り続けており、どうやら予測をはるかに超える人がブースに集まっていたようでした。

ガイナックスさん、嬉しい悲鳴をあげてました(笑)!!


そのブースは手作りのお面を来た人が各々好きなデザインで作れるというものだったのですが、やってくれてありがとう。


ライブ中は手作りのそのお面つけてくれてる人がたくさん!!

作ってくれてありがとう。気持ちが本当に嬉しい。

ブース内にあったいわゆる「のぼり」に、来てくれた人が好きに絵を描いていいことになっており。

それも拝見させてもらったよ。

どんな気持ちで書いてくれてても、嬉しい。胸が温かくなったよ。


ライブ本番はあとで主催の方から聞いたのですが、駅前から警察が出動(笑)。

どうやらなんでこんなに人が集まっているのか分からなかったので、3名出動して下さったようです。


そしてその警察の方の発表により、1700人が会場にいたと。


こんなに多くの仲間と、音楽を、ライブを一緒に楽しめたんだから、そんな幸せな日はないよ。


言わねばならないこがあった!

もっと歌を求めてくれてありがとう。

求められるって嬉しいことだって知りました。


その後、今回のテーマソング書き下ろしのきっかけを作って下さった方の所属するよさこいチーム「源種」の演舞に刮目。


やばい。

超感動した。


「百火繚乱」でいつか踊って欲しい(笑)!!

よさこいの曲としてこの曲が広まったら至福オンザ至福。


主催の方、歌詞太郎、もしかしたら警察の方も(笑)。

みんなが笑顔になれた気がしてる。


それは、あなたのおかげです。

感謝!



次の日は個人的な用事を入れ込んじゃいました。

お墓参り。


ギターの柴田さんを巻き込みお墓に行きましたが、彼は来てくれました(笑)。

いつもすいません。


お墓まいりに行ったからか、それから雨があがり!

そのまま「だてマルシェ」という伊達市のイベントに直行!!


ライブの時は雨上がり!

超楽しかった。

この日も地元の学生さんたちが働きかけてくれたから、僕がイベントに参加できたっていうことが分かりました。

マジで感謝。


これも、関わって下さった大学の学生さんがウェルカムボードとして作ってくれておりまして!!!


ライブも最高。


気持ちが繋がった福島と。

そんな風に勝手に思ってるよ!

勝手に思ってる時点でつながってないやん!野暮なことは言わないでくれ。


予想外の人出になってしまったのに、主催の方がとても良くして下さり…!

予定よりも大幅に対応の列を作らせていただきました…!


それでも途中でストップかかってしまいごめんなさい…!


必ずまた、福島行くよ。

その時は、絶対に「百火繚乱」を心を込めて歌うから。



http://sp.nicovideo.jp/watch/sm29572076





改めて思ったこと。


こんなに喜んでもらえるなら、

その県のテーマソングを、


書  か  せ  て  く  れ  ー  !!!!


全員が笑顔に、幸せになれる輪を。

その中心に音楽を!


よっしゃこい!!!