伊東歌詞太郎です!



ツイッターなどでほしねこが届いたことの報告が続々届いております!!!

感想とかもとっても嬉しい。 
報告だけでもとっても嬉しい!

昔動画で投稿した曲も、
僕なりに今の力で精一杯歌いなおしました。

そして、100曲以上たまってしまった自作曲の中から、

「北極星」

「君をつれて」

の2曲を収録いたしました!!

僕の友人でもある作曲家の方の曲も収録されております。
ハヤシケイさん、れるりりさん、40mP(イナメトオル)さん。

そして歌詞太郎の曲5曲を加えての渾身の作品が出来上がりました!!

聞いてもらえたら本当にうれしいです。
ありがとう!! 

今回のイトヲカシ全国路上ライブツアーではたるとP尊師が在庫管理を担当してくれていて、
本当の潤沢な在庫管理をしてくれております。 

イトヲカシが在庫管理すると売り切れ続出になっちゃうので、
非常に心強いですね。

でももし!
「ほしねこ」が売り切れてしまう会場があったとしても!
通販やっているので大丈夫だよー!!

アクトファミリー

こちら、アクトファミリーさんのサイトにて!


作品に命を込めるってことは、全身全霊で歌いこむこと。
毎日全力で歌っていたので、レコーディングとライブの感覚がどんどん近づいていき、
やがて一つになっていく気がします。

いつも通り、がっちりたるとPと一緒に組んで作り上げました。
先月は他の件もあってほとんど彼と過ごしていたような記憶があります(笑)。

今回の作品も、やっぱり僕の歌は無価値です。
僕の曲は無価値です。
そこにあるだけでは何にも意味はない。

意味がないから無価値なのである。

でも、

「この曲でなんかいい気分になる」

「聞いてると仕事が頑張れる」

「受験勉強して聞いていた」

「落ち込んでいた時に聞く」

こんな風に、無数の意味を与えてくれてるんです、あなたが。
そうやって僕の作品はあなたが最後に意味をつけてくれてるんです。
だからありがとうを言わなきゃ、じゃあ誰に言えばいいんだってばYO!!!!

「ほしねこ」もあなたがどんな意味をつけてくれるのだろうか????
僕はとってもドキドキしてます。


まだまだ表現の道の奥には程遠くて泣けるほどだけど、
僕はもっともっと歌が好きになって深い音楽を感じたい。
そんな気持ちで日々やっております。





閑話休題。 




路上ライブツアーの旅は(車内環境以外は)超順調!
日々、全力で音楽を届ける旅にちゃんとなれているような気はしてます。
きてくれたあなたはどう感じてくれただろうか!

僕はというと、
もう最高の感謝の気持ちの中でこの山口の夜を過ごしています。


大分の別府、600人以上。
福岡の久留米、1200人以上。
山口の宇部、1000人以上。


本日は僕が対応した人を数えていて800人くらいだったのですが、
会場の人のお話を聞いたら見てくださった方は1000人以上いらっしゃったみたいで、 
驚きを通り越して実感がありません...!

2013年、一度目の路上ライブツアーは鹿児島からスタートしました。
196人の方がいらっしゃって、
僕は心の底から驚きました。

だって、路上ライブにお客さんがいるんだもの。
驚きます。

普通はゼロですからね。

ゼロの状態で始めて、何人の人が立ち止まって聞いてくれるのか、
これしかないんですもの。


だから今日は、なんか言葉にできない想いを感じてしまった。

「ありがとう」のたった5文字しかないのが悔しい。
嬉しくて悔しい気持ちを毎日持ってる。

僕は「ありがとう」の5文字よりももっともっと違う何かを伝えたい、あなたに。
歌だったらそれが伝わるのだろうか。
ならばやっぱりもっともっと気持ちを乗せられるようになりたい。
もっと音楽を好きになりたい。 

僕はなんでか知らないけれども涙が出ない。
そんな性格なのですが、
今日はとても貴重な感情を経験しました。

来て、聞いて、笑顔を見せてくれる。
そんな奇跡ないのに。
人数が増えてきちゃったもんだから、
僕の心の中の感謝が大きくなりすぎてしまったのだろうか。

胸がいっぱいで言葉につまってしまったよ。
音楽でとっても嬉しい気持ちになったら僕は泣いてしまうのかもしれない。

すごく嬉しいもの。

歌を聞いてもらえること。
作った曲を聞いてもらえること。 
音楽をして生きていられること。

でもやっぱり涙が出たら歌がうたえないから、
ステージの上では泣きたくないなぁ...(笑)。

涙で涙を誘うんじゃないくて、
僕は歌で涙を流してもらいたいんだ!!!!!!!!



喉がかれなくなっただけじゃダメなんだ。
心も大切だ。
 

まだまだ強くなるぜ。
歌をうたうことにもはや一切の迷いもない。

そしてずっと忘れちゃいけないのは、
あなたが僕に歌う機会を与えてくださっているということ。


明日ももっと歌が好きになれる気がします。
これからいただいたお手紙を読んで眠りに落ちますね。

感謝!!