月別アーカイブ / 2018年02月

伊東歌詞太郎です!



先日、youtubeに2作品アップロードいたしました!



●命ばっかり





●悪役にキスシーンを




どちらも精一杯歌いました!聞いてくれたら嬉しいです!


手術前にもう1作品録りためしておいたものがあるので、

そちらも近日中にアップロードを目指しています。

それをアップロードした後にもう一作品アップロードされたら、

あぁ、ついにレコーディングできるくらいまでは歌えるようになったんだなって思ってください。

本当に歌がうたいたい。変わらない思いを抱える毎日です。



さて、僕は謎の体重減少が起こっているのですが、

前回と前々回の記事に顛末がまとまっています。






というわけなんですね。謎。

さらりとまとめると、手術後、運動を全くしない生活になって3週間。

食欲は増進してたくさん食べているのに、逆に体重は減ったという話です。


さっそく、うちに来た体組成計を使ってみました。

これアプリとBluetoothで連動してくれる優れものですね。

アプリの画面が見やすいので結果は写真でどん!


image1.png


これが初日の計測結果です。

数字を見ただけではわからなかったのが「骨格筋率」というもの。

さっそく調べてみました。男性の場合、


32.8%以下 低い

32.9~35.7% 標準

35.8~37.3 やや高い

37.4以上 高い


僕の場合42%なので、体の中における筋肉の割合はかなり多いみたいです。

体重が70キロある人の平均値と同じくらいの筋肉量ということが計算から分かります。

筋肉量が多いので、基礎代謝も高いことが分かりました。

まったく同じ動きをしても、筋肉量が多い人のほうがカロリーを多く消費します。


「筋肉量」、「筋肉率」は単純に心臓や内臓などの動かせない筋肉も含む。つまり体の中の全筋肉。

「骨格筋率」は、動かせないものは除いて動かすことのできる筋肉のみの体に対する割合。


似た単語でも全然数値が違うので、注意してみないといけないようです。

僕の買った体組成計は後者の「骨格筋率」しか測れません。



インストラクターの友人に再び結果を送信して、

なぜ運動しない生活になっているのに痩せているのか考察を聞きました。


「ますます分からない」だそうです(笑)!


手術前、ライブしたり動き回っていた時はこれ以上に筋肉質だったのだろうか。

そこから衰えてこの結果、ということも考えられなくはない。

でもそれだとやっぱり体重は太っていくはず。どうして痩せているのかは分からない。


ちなみにこの結果を受けてこれからどうしたらいいかを聞いたところ、

「こういう数字を目指してお客さんはうちに来るんだから、正直何も言うことない」

と言われてしまいました(笑)。こうなったら腹筋今6つだけど、8つを目指そうかな??

なんか、やる気が出ました!でも調査のために、今は運動してはいけない。



体組成計を使ったら、結果として謎はますます深まっていく。

でも、1回測定しただけでは分かることは少ないとも思う。


最低でも1~2週間は毎日、体組成計に乗って結果を見ようと思います。

この執筆生活を続けて、骨格筋率が下がっていけば、

やはり筋肉量が減ったことによる体重減少で間違いなさそう。

そうすると基礎代謝も落ち、そこから先は太っていくはず。



測定し続けた結果、骨格筋率が変わらなかったら、やはり脳がめちゃくちゃカロリー使ってる説が濃厚に。
「脳を使うだけで痩せることはない」が定説になっている世の中を覆せるかもしれない。

もうこれが発覚した日には、「考えダイエット」という概念が誕生します。

勉強や仕事で頭を使って素晴らしいスタイルになる。中身も外見も磨くことができる。

そんな素敵なダイエットが証明できるかも。



そして執筆の状況ですが、8合目くらいでしょうか。

今日書き上げた分で、頂上が見えてきたって感じですごい達成感がありました!

想像したけど作曲して発表するより、小説の発表のほうが明らかに緊張する。

不慣れだから、の一言に尽きます。手探りであと少し、頑張って完成させます!


まぁでも、早く歌いたい、声を出したいです。

伊東歌詞太郎です!



前回の記事にて、1年ぶりに体重が減少する現象に見舞われていることを報告いたしました。

前回記事「2月中旬のご報告」

ものすごい簡単に言うと、
家に引きこもってパソコンの前からまったく動かない生活になった途端、
減らなかった体重が減った、というものです。

パソコンで音楽作って、パソコンで執筆しているので、
手術前に比べて5倍くらいパソコンの前にいる生活に変化しました。
この生活に切り替えてから異様におなかが減るようになり、
ほぼ毎日ポテトチップスを食べることは継続してしまっています。
小説はストーリーをずーっと想像しているので、もしかしたら音楽よりも脳を使う気がする。
音楽、作曲は脳そのものよりも、パッと浮かんだ感覚で作っているから、
いままでそんなに脳の疲労を感じていなかったのかもしれない。


2月1日は60.1キロ。
2月19日で59.5キロ。

1月までに比べてほとんど家にいるので、
運動量は絶対に減っている。ポテトチップスを毎日食べている分、摂取カロリーは増えている。
それでも緩やかな体重減少。

というわけで、自分でも気になってきてしまい、前回記事更新から毎日体重計に乗ってしまってます。
2月20日に体重計に乗ったらこのような結果が。

image1.jpeg

E,B,S?

冗談はさておき、

image1.jpeg

58.3キロという表示。
食事したタイミングとか胃の中にどのくらい入っているのかとか、
直前に水分を飲んだとか、そういう状況で1キロくらいの差はあるとは思う。
でも、1日で1.2キロ表示が減ったのはちょっとびっくりしてしまった。


というわけで考えました。
僕の仮説は2つ。

「脳みそが体の中で一番カロリーを使う。そのせいで痩せていっている」

「筋肉量が落ちているせいで体重が減っている」

このどちらかではないかと自分の中では目星をつけました。
もしくは両方の可能性もある。筋肉はすぐには落ちないけれど、
自宅引きこもり期間が始まって2週間以上が経過しているので、筋肉の減衰が始まったとする。
脳がたくさんのカロリーを消費して、
それと同時に筋肉量も落ち始めているなら2日で1,2キロ減はありえる。



こういうことは専門家に聞くのが一番だと思い、
ジムでボディメイクのインストラクターやってる友達に聞いてみました。
彼曰く、脳みそだけで体重が急に落ちることは、
よほど頭を使うことをずっと続けない限り、1~2キロの体重減はありえないとのこと。

筋肉量の減少による体重の変化は、かなり本格的に運動していた人が急にやめて起こるものであると。
ボディービルダーやラグビー選手が引退して体重が急激に落ちることはあり得るけど、
一般的な運動量の人が今回の僕みたいなケースになった場合は、むしろ体重は増えていくはずだ、
とのこと。
どうなんだろう、僕の場合歌を毎日たくさん歌っていたけど、
喉に結節ができてから1年半は、毎日歌うことは避けていたし、
うーん、謎は深まるばかり。

なので、僕は彼にジムで体のことを調べられないか聞いたところ、
ジムに来なくてもいまは十分体のことを調べられるという。
体組成計と言うものが今は主流で、体重は当たり前に測定できる。
体脂肪率、基礎代謝、内臓脂肪の量まで分かるものが売っていて、
それで十分な精度があるから買いなよとおすすめしてくれた。
メーカーによって数値に甘い、厳しいがあるらしく、彼のおすすめを信じて買いました。
インターネットで朝に購入すると夕方に届くの分かってはいるけど本当に驚くよね。
しかも、スマーフォンのアプリと連動して記録をつけてくれるらしい。
すごいよ、体組成計。僕が今持ってるのは体重しか量れないし、アプリとも連動しない。


凄いやせている人が、内臓脂肪がたくさんある!みたいなケースもよく聞く話だし、
最後に測ったのは確か3年前くらいだった、体脂肪率12%。
自分の体にあんまり興味を持っていなかったけど、
ひょんなきっかけで体組成計を購入してかなり興味が出てきました。


あと、手術のために体に問題がないか全身の検査があり、
もう結果出たんですが健康優良でした!
きっかけがないと自分の体なんて調べないから、これは良かった。


この体重減少の秘密を解き明かしたい。
もしかしたら世間の定説を覆して、
やっぱり脳みそを使うことによって痩せる効果があるのかもしれないし、
運動量が減れば一般的なアスリートでなくとも筋肉量が落ちることが分かれば、
運動は大切だって言えるようになるし。


世の中の役に立てるかもしれない。

伊東歌詞太郎です!



無発声で過ごしてはや2週間以上が経過。
この生活に慣れてきました。
声が出ない以外、体は何も変わらないので元気に過ごしています。

書き始めは表現したいことと文章量のバランスが全然取れなかったんだけど、
少しだけできるようになってきた気がします。
文章の出来具合はいま7割ほど。ようやく頂上が見えてきたかな、という感覚です。

装丁や挿絵とか、タイトルすらまだ何も決まっていないけれど、
まずは中身を楽しんでもらえるようにしっかり作りたいです。
家でずっと作業しているので、電車に乗ることがまれな生活になりました。
そのかわり頭の中で主人公をいろんなところに出かけさせて、楽しんでいるのかもしれないです。
基本的に人間って楽しいことしか長時間継続してできないと思うので、
今の僕にとって物語を考えて形にするのはとっても楽しいことなのかもしれません。
10時間毎日画面に向かっていても5000字しか進まないこともあれば、2万字以上進むこともある。
一日の終わりはものすごい脳を使った感じがあります。
不慣れなことなので毎日必死です。頑張ります!

そうだ!前回の記事でものすごくおなかが減る話を書きました。

前回記事「最近の歌詞太郎」

それはいまだに継続中で、たいていポテトチップスを食べてしまっています。
それで体重が今の時点で59.5キロになりました。2月1日の時点では60.1キロ。
結論から言うと、痩せますね!

体の中で一番カロリーを使っているのは、やっぱり脳なのかもしれないです。

僕はずっと高校の頃から57キロを維持していたのですが、実は去年の年始あたりは
68キロに急増していました。自分でもびっくりしてました!
気づいたのは確かライブで行った韓国のホテルだったんです。
そのホテル、お風呂場が鏡張りで嫌でも自分の体が映し出される仕組みになってました。
そこで僕は気づいた。あれ、僕の体ってこんなにまっすぐだったっけ??
もうちょっと凹凸があったはずなんだけど、まぁ、念のため?
みたいな気持ちで体重計に乗ったんです。すると、63キロ。
いやいやいや、日本で量ったら違う結果出るっしょ!とか思って帰国して数日後量った結果。

68キロ。

正直歌詞太郎、ショックだったよ(笑)。


一昨年から去年夏にかけてステロイド剤というものを飲んでいました。
声が出ない時に処方される薬でそれが原因とは分かっていてもまぁ、びっくり(笑)!
飲み始めて1か月ちょいで11キロ増かよ!

普段あんまり体調を崩さないので病院に行かないし薬も飲んでいないから、
効きやすかったみたいです。効果も出やすかったようで、そこは良かった。
この薬は中断すると離脱症状が強く出るのでそれから薬の量を徐々に減らしていき、
1か月くらいで60キロまですぐ落ちました。この落ち方にもびっくりしましたが!
結局夏まで薬飲んでいたので、飲まなくなったら体重戻るかと思いきや、60キロのまま今に至る。

というわけで久しぶりに50キロ台の表示を見てます。
なんか、久しぶりだね?って気持ちです。


作曲は歌わずに作っています。
いつもの3倍くらい時間かかってる感覚で大変だけど、
そういうときこそ勉強になってる気がする。
歌以外の楽器がうまくなる大きなチャンスだと思ってます。

でも、歌いたいって心の底から思う。ずっと考えている。
精一杯目の前のことをやって、気づいたら歌える日になっていますように。

頑張ります!

↑このページのトップへ