月別アーカイブ / 2017年10月

伊東歌詞太郎です!




ワンマンツアーは絶好調!
2公演は終わってしまいましたが、僕は心に刻まれています。

メンバーからいいライブだったって言われるのすごく嬉しい。


僕の心に刻むのとメンバーの幸せも大事なんだけど、
一番大事なのは来てくれたあなたの心に刻めたかどうか。

一歩一歩っていうかまずは一本一本。
忘れられないくらい心動かす歌、ライブができれば。

一本が一歩、って感覚なんです今。
人生で一番、ライブの一本が大切に思えてるんです。
マジで命を懸けようって思えるんです。



ここ1年で、僕はライブ前に緊張するってことを覚えました。


ワンマンライブはやばいね。
仙台公演、郡山公演、どちらもものすごく緊張したよ。
マジで想像の倍くらいだったわ(笑)。


ライブで緊張するってこと意味わかんなかったけど、
緊張してそれを乗り越えて成長できることも確実にある。
それはここ最近の僕のステージ見てたら感じてもらえたはずだ。

緊張するからこそ、負けないようにもっと能動的に人生かけてステージ上がれる。
緊張しなかった自分は、ステージの上にいるのが生きていくうえで一番自然すぎて、
そんな風に思う必要がなかったなんだなっていまなら分かります。



どっちのステージも良さがあるんだ。



それぞれを一致させたい、合体させたい。
ついでに僕の住む世界と僕に似合う世界も一つにしたい!



一本なのか一歩なのかもうわかんないけど、
とにかく明るいほうへ歩いて行ければ、夜明けはくる!



ここまでの文章で、
ワンマンツアーが始まってからいかに充実した精神状態かお分かりいただけてると思います(笑)!

マジでいい仲間と旅してるし、
いいライブしてるから幸せなんです。


バンドマンあるあるで、その日のステージが悪かったら、
終わってから帰る車の中の空気の重さが3トンなんだけど、
いいライブするとこのメンバーは世界一歌と楽器が上手な集団なんだって錯覚できる。
俗にいう無敵感、最強感っていうものを味わえるんです。

いいだろー?


ライブにおけるこの幸せは、来てくれたあなたと一緒に作り上げるものだから、
僕がステージ上でありがとうっていう意義の一つです。
いいライブを一緒に作ってくれてありがとう!



これで岡山公演失敗して帰りの車で誰もしゃべらないようなライブしたら、
このブログの内容を恨むだろうなぁ(笑)。


賭けていくよ、歌に人生を捧げた覚悟を!
頑張ります、見届けてください。





そして25日、仙台公演中に発表になった、

「カウントダウンジャパン17/18」

出演決定のお知らせ!!



実は2014年に編集長の小柳さん(当時は副編集長)にお声がけいただき、
ご飯を一緒に食べて夢を語らいました。すっごい楽しかった。

その時に、

「ニコニコ動画系のアーティストは、歌詞太郎君を一番最初に出したい。」

っておっしゃってくださった上に、
その1年後にリリースされたアルバム二律背反の取材、自らやってくださったんです。
その時はもう編集長になられていらしたかな?

嬉しかったし、まるでカウンセリングのような取材だったんだよ。
あの雑誌は働いてる人みんながアーティストだなって思う。



そのタイミングで夏のロッキンもお誘いいただいたんだけど、
まだまだ僕に集客力がない。


ロッキンのステージに立つことは夢だったのは確かだ。


でも小さく自己満足の幸せではなく、
レイクステージを埋められるくらいになってから出ればその時応援してくれているお客さんも、
ロッキン側も、歌詞太郎(バンドメンバー含む)も大きく幸せになれるはずだ。
いい景色、じゃなくて飛び切りいい景色を見るのって大きな幸せじゃない?

そう思ってうおおおおと思いながらお断りしたんですね。



そして紆余曲折があって2017年末。
このタイミングでカウントダウンジャパンにお誘いいただいて、
出演を決めたこと。

歌詞太郎として呼んでもらえてマジで驚いたんだけどね!
でも小柳さん、忘れてなかったんだ!って嬉しさも。


2015年に僕が考えていたことと少し違うんだけど、
歌いたかった。このタイミングで。
マジで歌いたいって思ってしまって。


また呼んでもらえるようにいいライブをしたいし、
それが叶うんだったら、
やっぱりもっと大きくなってまた帰ってきたい。


特別な憧れのあるイベントだから、そう思うよ。
バンドやってた時、雲の上に思えてたステージだからさ。

大げさでも何でもないんだよ。
どういう道筋で出られるのかも想像つかなかった。


いろんないきさつがあってステージに立つことを不思議にも思うし、必然にも思う。

12月28日に出演します。

COUNTDOWN JAPAN17/18

天月君も出演するんだよね。
この年末に同じ日に出るのは本当に感慨深いなって感じます!



2015年の僕に比べたらわがままな理由で出ることになる。
付き合ってくれたら嬉しいな。
今の僕はめっちゃ緊張するだろうけど、一緒に乗り越えてくれたら嬉しい。
一緒に乗り越えるってことは、いいライブを一緒に作りあげることと同義なので、
来てくれたら来てよかったって思えるライブにするよ。

人生賭けてるから。



賭けているからこそ、今日はこんな感じでしっかり休んでた。
僕の横で完成していた猫パズル。2ピース。

IMG_201710280046210.jpg


間に合った、このあとバズリズム見るー!
またね!

伊東歌詞太郎です。



タイトルの通りの内容になります。
やたら売り切れが多い今回のグッズ事前通販。


何かおかしいなと思いまして昨日の深夜にしっかりと調査しました。


結論から申し上げますと、
いつもグッズ販売でお世話になっている「act family(アクトファミリー)」さんが、「Tシャツ」「トートバッグ」に関して僕が発注してくださいと伝えた数ではなく間違った数を発注してしまっていたという事態が発覚いたしました。



現状、冗談ではなく「桁が1つ違う」状態になっています。



通販を除いた十二分な数が会場分にあるように僕が数字の手配をしていたのですが、いかんせんはじめにアクトさんが発注した数が間違っていたので、各会場分はどうなっているのか、はっきりとした数字をリストにして出してほしいと問い合わせたところ、各アイテム極少数の在庫になってました。



申し訳ない。

明日の仙台、翌日の郡山、30日岡山の会場物販は、「Tシャツ」と「トートバッグ」はかなり少ない数の用意になりました。
16時からの事前物販でおそらくなくなることが予想される数だということをお伝えしておきます。



買えない人は高い確率で出ると思います。
もしそうなった場合、楽しみにしていた方、そしてグッズを一緒に作ってくださったクリエイターの方、
本当にごめんなさい。
先に謝らねばならないと感じております。



アクトファミリーさんからはすでにしっかりと謝罪していただいております。



何ができるのか、僕なりに考えて実行にうつしたいなと思っております。



アクトファミリーさんと話し合い、まず大急ぎでトートバッグとTシャツを製造してもらうことにしました。
これはまた進捗をブログに報告いたしますが、取り急ぎ、明日の仙台と郡山、岡山は確実に間に合いません。


名古屋公演から予定通りの潤沢な在庫になるように動いています。

同時に名古屋公演から通販の在庫も潤沢になる予定なので、そのへんから仙台、郡山、岡山で買えなかった人は買ってねー!





なんて問屋が下すわけねぇだろ!!!



送料と代引き手数料を払わなくてもよかったのに払うことになるわけですから僕としてはこれはない。絶対にない!!!
そんなん許せないわ。マジで。


そこで苦肉の策ではありますが…。
可能な限りスケジュールがあるときに仙台、郡山、岡山は「火鳥風月追加公園公演」をやろうと思っています。


簡単にいうと、「送料」と「代引き手数料」は購入してくださった方の自宅にグッズを届けるために業者の方が動くから、かかるものです。



ならば、僕自身が仙台と郡山と岡山へ届けに行くことができればそれはかからない。

とはいえ、自宅に届けることは不可能でその場所まで来てもらうのだから届けるだけでは心苦しいので、ライブもしたい。
(単純にライブがしたいだけかも)

あと、今回のツアーでライブハウス押さえられなかった県にもなるべく行きたい。

だって、通販も「Tシャツ」と「トートバッグ」は当初予定してた数より少なかったんだから。
本当だったら全県行きたいわけで。



まだ発表されていないスケジュールもあります。
そこを起点にしばらく滞在してグッズを持ってまわったり、仮に都合よくその近辺でイベントなかったら自力で行くだけだし何も変わらん。


でもね、ワンマンライブ当日に本当だったら手に入ったものが、追加公園公演までお待たせしてしまうということに対する不平等感、あるじゃないですか。
それを解消するためには何ができるか。考えました。



明日の仙台、翌日の郡山、30日岡山公演の会場で物販を購入しようとして購入できなかった方へ何かしら、「会場に来たけど買えなかった券(仮名称)」をお配りしようと思っております。


これを持って例の追加公園公演の場所まできてくれた人はこの和紙ステッカーをプレゼントしようと思います。

26unFaQSPZ.jpg
これ、トートバッグのデザインをしてくれた方がデザインしているうちに楽しくなっちゃって勝手に作ったんだとおっしゃってました。


和紙の質感にしたところがほんとにセンスいいなって思いつつ、これを先ほど申し上げた券と交換させていただけたらと思っております…。
デザイナーの方は許可を下さいました!本当に即座に事情を汲んで下さり優しい方です…!


昨日の深夜に発覚した問題で、いままで考えて出した対応なのできっと不十分なところがあると思っています。


取り急ぎの方針をお伝えしたと思って下されば…!
追加公園公演の日時と場所もこれから許可取りを行いますので、随時発表させて下さい。


基本的にフリーライブ、路上ライブと同じスタンスで気軽に来てくれたら嬉しいです。
極論、これは物販を買えなかった人のためにやるという動機はあるんだけど、来てくれた人を音楽でおもてなしできればそれでなんでもいいと思ってます!

仮に例の券をもらっても、追加公園公演の日に気が変わったり事情があったりで買わなくてライブだけ見ようってのも、僕はそこに来てくれただけで嬉しいです。これマジだから。
来て音楽聞いてくれるだけで嬉しいんだ。


その日時によってこられない人もいると思うので、その人への対応もまた考えさせて下さい。
よろしくお願いいたします。


この説明を各会場のステージでするわけにいかないので、明日から始まるワンマンツアーライブ本番ではさらっとしか触れられないと思います…!ごめん、このブログを読んでご理解いただけたら幸いです…。

明日からのツアー、楽しみます。

(追加公園公演の許可取り、公園じゃない所で許可取っても許してね?っていうか、この時期寒いだろうから公園じゃない可能性の方が絶対に高いわ)

伊東歌詞太郎です!



昨日の続きで、火鳥風月のグッズ紹介でございます。
今回はかなりデザインもデザイナーさんと打ち合わせながら決めることができて、
楽しかったです。

曲と同じくらい、グッズ作りも好きになれる予感がします。
やってみて感じたこと。

「何をどんなデザインで用意すれば来てくれる人が喜ぶのか」

それが一番大切だってこと。


さて改めて画像をどん!


fVuWUTyDKz.jpg



まずはみっ君さん書き下ろしの缶徽章、全5種類です。
こちら、今回せっかく「火鳥風月」というタイトルになっているわけで。
それぞれの漢字をイメージしてほしいとお話ししました。これで4つ。

そして、ニューアルバム「二天一流」を引っ提げてのツアーなので、
二天一流イメージで一つ。

この計5種類。

これは正直イメージ伝えただけで先生へほぼお任せだったんですけど、
良くないですか?良いよね?
先生からは驚きの提案がありまして生まれた予定外のシークレットでしたが、
とりあえず今紹介した5種類は本当にかっこいいです。
もうそれだけでいいから。マジで!



さて、前回のワンマンライブから生まれましたトートバッグが非常に好評でして、
その理由を手紙や対応の時に伺うと、

「丈夫」「使い勝手がいい」「普段使いできるデザイン」

とのことでした。
丈夫で長持ちする上に普段から使えるデザインのトートバッグが作りたかったから、
この評価はめっちゃ嬉しかったです。

しかしながら(HOWEVER)。

伊東歌詞太郎、褒められればその褒められた場所をもっとよくして出したくなる性分であり。
さらなるいい生地を探して数社からいろんな種類の生地サンプルを取り寄せまして!
ついに見出したるは16オンスの生地。値段と厚さとの闘い。
生地選び超楽しかった。

これは、本当に丈夫。魅力がすごいよ。
その上トートバッグの一番壊れやすい底の部分は天然素材のコットンではなく。
ポリエステルにして丈夫さをさらにアップさせるこだわり。

これはとにかく早く触ってほしい。
前バージョンのよりも大幅に大きくなって、使い分けできるようにいたしました。
もう一つ変更点は、デザイナーさんを立てたことです。
新しくロゴのデザインをお頼みしました。

このデザインがかわいい。
いろんなアーティストのジャケットデザインなどされている方で、
僕自身好きなバンドのジャケットを手掛けられていたので、
勇気をもってお声がけさせて頂きました。

通常の使用で1年以内に破れたら、歌詞太郎謝ります。(メーカー保証風)



そして、養生弱粘着帯。
こちらも信頼のみっくん先生印です!

これね、先に言っときたいことがあります。
巻かれている状態の実物を見るとこれがまたなぜか地味なんです...。

でもご安心ください。
貼ると、画像の通り超素敵ですからー!!
いいでしょう?

これで下北沢のビレッジバンガードへ行かなくてもマスキングテープ手に入るよ。
これでよくない?


とういわけで紹介してまいりました火鳥風月のグッズ。

今回のツアーは自分でグッズのことをやらねばならないところも多くなりましたが、
おかげでグッズ作る楽しさを知ることができて感謝です。
考えるの楽しかったな。

おかげでグッズでも喜んでもらえたらうれしいなって気持ちになってます。



さてそんな感じですが!

25日の仙台公演まで、日付変わってあと3日しかないんだね。

全公演、気持ちを全力で込めます。
もし来られる方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。
来てよかったって思ってもらえるように命かける。

よろしくな。

↑このページのトップへ