月別アーカイブ / 2016年08月

伊東歌詞太郎です!




おととい、長野県小海高校の体育館をお借りして、
柴田さんとペリスコープ生放送を行いましたが、そこでなんと!


サプライズ大発表が二つ!!

まず一つ目は、


伊東歌詞太郎プラネタリウムライブ「満天のうた」

10月22日(土)多摩六都科学館にて!

IMG_5916



僕は星が大好きなので、
いつかはプラネタリウムでライブがしたいなと思っておりました。
そしてやるからには、
「プラネタリウムという場所で歌をうたう」、だけにしたくありませんでした。

やっぱり歌とプラネタリウムをしっかりと連結させて、
意味のあるものにしたい。

そんな気持ちで今まさに作り上げております。
けっこう、すごいことをいくつかやるよ?


時間の都合で1部には若人、2部にはオトナが集まることが予想されますので、
セットリストやしゃべる内容も、必然的に変えねばなるまいて。

詳しくはホームページにて!!

伊東歌詞太郎HP 



そしてもう一つのお知らせ。

伊東歌詞太郎ワンマンライブ~冬空のむこう~開催決定!!!!

大阪は12月15日(木)

東京は12月25日(日)、クリスマスです!!

 kashitaro_info_0826_2-2



伊東歌詞太郎、ワンマンライブは今年初になります!!
年末、ギリギリセーフ!!

僕のワンマンは、曲を作る、演奏する、歌をうたうという行為を極限まで詰め込みたい。
そう思っています。

シンプルなものこそ、実は一番見せるのが、魅せるのが難しい。
でも、真のシンプルは装飾に圧倒的に勝る。

心を磨いて、待ってます。
2016年の経験は、確実に僕を変えました。
音楽のおもてなしをします、待ってるよ!


詳しくはホームページにて(2回目)

伊東歌詞太郎HP
 

告知ごとが今年は一気に増えちゃいました...!
ツイッターだけでは錯綜してしまうので、
本当にホームページって便利ですね...!


さぁ、おとといはさらりと重大すぎる告知をしてしまいましたが、
ブログでしっかりとお知らせできてよかった。


どちらのライブも、
永久全力保証の歌詞太郎だから。(西野) 

伊東歌詞太郎です!



ツイッターで先にお知らせしたとおり、明日の26日に長野県は佐久市、駒場公園にまいります!

佐久市駒場公園

この公園内にある、
ギリシャ劇場という場所にて柴田さんと二人で路上ライブを行います!

時間は14時から!
ライブあとは時間の許す限りいつもどおり対応などさせていただければと思っております。
時間にリミットはあるけれど、頑張るぜ。

ホームページでもチェックできます!

歌詞太郎ホームページ

事情があって許可取りが今日までできなくて、お知らせが遅くなってしまってごめんなさい!
なぜ長野へ行くのか、そしてなぜ平日お昼なのか、それも含めて後日お話いたします。

もし来られる方がいらっしゃいましたら、楽しもう、音楽を!




さてさて、雨が降ったりやんだりを繰り返している日々。
だいぶ涼しくなっております。
台風も来てるね。


東京は真夏のピークが去った?
天気予報士がテレビで言ってた(のはまだ聞いていない)。

最近ツイッターでもつぶやきまくっているこの一節は、
フジファブリックの「若者のすべて」という曲の歌詞の一部なのですが、
僕この曲大好きなんです。

若者のすべて/フジファブリック




この季節にぴったり。


作詞作曲の志村正彦さんという方がボーカルだったのですが、 
2009年のクリスマスイブにお亡くなりになられました。

でもフジファブリックは解散せずにギターの山内さんがボーカルを務めて存続。
この体制でも僕はフジファブリックが大好きです。 



でも、志村さんの歌は二度と聞けない。
当たり前のことなんですが、なんて残酷な事実なんだろうって思う。


僕も昔バンドをやっていて、いわゆる

「解散ライブ」というものをやりました。


このライブが終わったら、バンドが解散する。
解散したらそのバンドの楽曲は、この世で演奏されることはほぼなくなる。

僕は歌いながら、歌詞の一文字、メロディーの一音を歌うごとに、

「あぁ、今歌ったところは、もう二度と誰かの前で演奏されることはないんだな。」

それに気づいてしまい、言葉では言い表せない気持ちになりました。

歌をうたえばうたうほど、自分たちの楽曲が遠いところにしまわれていく。
そしておそらく、二度と紐解かれることがない。

当時の僕のバンド、お客さんは本当に少なかった。
解散ライブでも50人いたかどうか。 
身内や友達が来てくれたから200人くらい人はいたけれど、
内訳はそんな感じでした。

この50人は、今でもその時の曲を覚えていてくれるだろうか。
心の中でしか演奏されなくなった楽曲たち。



僕はとても前向きな言葉を発してライブを終えた記憶があります。

前向きな言葉を発してライブを終えなきゃ、やってられなかったなー。
できれば二度味わいたくはない瞬間です。


しかしながら、伊東歌詞太郎は歌をずっと歌い続けたいと強く願っているので心配ご無用!
続けることがなによりも大切だってこと、よくわかってますからね。

できることだけできると言い、
できないことはできると言わない。

明日も精一杯歌います。
長野県、また会えるね!
 

伊東歌詞太郎です!



始まっております夏の後半戦。

まずはROCK IN JAPAN FES2016。
11時WING TENTのトップバッター、イトヲカシ!!


イチローを越えるトップバッターを目指して気合十分でリハからやっておりました!!



朝からよく集まってくれたよ。


音楽のお祭りだったね。
まごうことなき、音楽好きが集う空間だったね。

テントから人がはみ出したとき、本当に信じられなかったよ。
ありがとう。

そのあとはMONGOL800、LISA、黒木渚、湘南乃風、SUPER BEAVER、WANIMA、GOOD ON THE REELと仲間や憧れの人のステージを見まくり。
すごい楽しいよね、フェスって。

ちなみにクイックレポートというライブレポートの黒木さんの写真、観戦してる僕が映り込んでおります(笑)。

黒木渚 クイックレポート


ロッキン終えて。

楽しい戦いだったと思う。
ツイッターの反応がとても嬉しかった。
あんなに初めての人がイトヲカシのライブを良いといってくれるなんて。

無傷ではいられないし、せっかく戦うなら無傷でいたくもない。
まだ知らない景色が見たい。

もっともっと歌うことの楽しさを、またあなたに教えてもらえました!
次のステージはもっとすごくなるよ。


そうだ!次のステージは明日の21日!
フリーのライブは久しぶりですね!

J-WAVE PARK STAGE

野外エリアでイトヲカシは演奏させていただくのですが、
このエリアは観覧フリー!
暑さに負けない対策をして、いらっしゃってくださいな!!

かたくなに故郷での路上ライブをやらないでいるイトヲカシですが、
東京はどまんなかの代々木体育館前でやっちゃいます!
他の出演アーティストも素敵です。

詳しくは上記リンクへGOGO!!


いつのまにか季節は変わり、気が付いたころには秋なのかな。
それもまた、よし!!

↑このページのトップへ