月別アーカイブ / 2016年07月

伊東歌詞太郎です!


なんとなんと、あの太鼓の達人に楽曲提供させていただくことができましたー!!! 

太鼓の達人レッドver HP

こちらのHPの楽曲リスト、ジャンルは「ナムコオリジナル」に「タイムトラベラー」が掲載されてるー!!
嬉しいです、ありがとう!!!

この曲は僕が歌唱しているのですが、
なんと友人である40mPさんがボーカロイドFukaseを使ってボカロ化してくださいました!



絵はみっ君さん!

動画はまきのせなさん。!

非常に素晴らしい作品になったのではないかと思っております!

人間だれしも多かれ少なかれタイムトラベルに興味があると言われておりますが、
僕も御多分に漏れず超興味がありまして、この楽曲を書き上げてしまいました!


最新の科学である「量子物理学」。
タイムトラベルも、この分野が発達していったら夢ではないかもしれません。
量子物理学ではもはや実験ができないことが出てきているので、
様々な学説は「解釈」と呼ばれます。 


僕はこの曲に様々な想いを込めました。
「解釈」はあなた次第です。

今までのタイムトラベラーたちに惜しみない敬意と愛を込めて! 


話は変わりまして、ジョンタイターって人物知ってます??
これがまたロマンのあるお話で。


この人はめちゃくちゃ簡略していうと、
今から16年前の2000年に現れた2036年から来たタイムトラベラーなんです。

この世界にこれから起こる様々な予言を残して去っていきました。

これはよくできた作り話なのかもしれませんが、
僕はこういう話がとても好きなので、興味があれば調べてみてください!

ジョンタイター wiki

けっこう難しい話が出てきたりしますが、
またの機会にいつかブログなどで書こうとおもっております!

タイムトラベルは不可能じゃない。

なんて魅力的な!


太鼓の達人提供曲。「タイムトラベラー」をよろしく!
週末に僕の歌唱バージョンもアップロード予定です! 

伊東歌詞太郎です!



やばいよね、今年の夏は!!
音楽家の夏は、やっぱりフェスに出たいわけですよ!!!

そんなこんなで、連日のお知らせで恐縮ですが、

愛知・篠島フェス2016に参加させていただきます!!!

7月17日!
ナイナーの日!!

島でのフェス、ライブ以外にも思い出作れそうじゃない?? 

ナイナーって、なんだ?

sinojima1


リンクに飛んでもらえればご理解いただけるだろうか。
篠島はこんなに魅力的な場所だった。

恥ずかしながら、僕はフェスに誘われるまで篠島を知らなかったぜ...。

盛りだくさんなフェスの内容もさることながら、
島自体にも魅力がいっぱい。

食文化は海鮮。
なんと「とらふぐ」の産地日本一になる年もあるんだとか。
やるじゃん愛知県!!!!

釣りも楽しめる。
アジ、タイ、ハマチ、様々な種類の魚が釣れるんだとか。

img_0


何を隠そう伊東歌詞太郎、
魚のなかでもとりわけ生しらすが大好きです。 


当日は篠島の美味しい魚を食べたいな。
そんな時間、あるかなー!!

gourmet

噂のとらふぐのお刺身ですね!
キングオブ高級品 in the World!!!!!
当日はこれ絶対に食べません!!
なぜなら高級品だから!!!



愛知県ですからね。
愛知の知多半島が生んだ最高のアメリカンギタリスト、yoshi柴田さんとともにライブをGIG!!
知多半島って、ここだぜ!

original


夏の太陽よりも暑い魂を伝えたい。
I know 愛知、有能!!

2016年の夏は、音楽と太陽にまみれていきます!


伊東歌詞太郎です!



ついに!!
春から開始したクジロックリベンジの機会、イトヲカシの集大成

「バズフェス」

が開催まであと4日!!!


正直、ここまで豪華なアーティストがこのフェスに協力していただけるとは思ってもいませんでした…!!

先日はバズフェスのリハーサルだったのですが、イトヲカシは当然フルスロットルながら、バンドのメンバーも全開でした!!!!

もちろん、いつもお世話なになっている人たちが演奏してくれます。


フェス、はフェスティバルってことですからね、お祭りなわけです!!
夏といえばやっぱり花火大会に並ぶ勝るとも劣らない行事は夏祭りじゃないですか!!!


僕はもはや夏の予定は音楽で埋まりに埋まっているので確実に今年は夏祭りも花火大会も行くことはできない。


だから、バズフェスで夏祭りよりも最高に素敵な瞬間を作りたいのだ!!!



魔物が住む都市と言われる東京。
都内には恐ろしい夏祭りがいくつか存在します。


中でも日本一のナンパマーケットといわれるお祭りが都のど真ん中で開催されたりします。


ナンパされたい女子と、ナンパしたいオトコ。
そんな有象無象のウヨウヨいる空間に、この伊東歌詞太郎が一歩でも足を踏み入れたらその瞬間に塩をかけられたナメクジのようにこの世から儚くも消え去ってしまうでしょう。

あなおそろしや。
さすが

「狂った街いつからだろうなくしたパッション!」
と言われる魔界都市、東狂。


先人の言葉は大変素晴らしいものがあります。

君子危うきに近づかず

僕はそういったお祭りには一切近づかないのですが、それでも満たされている。


なぜなら、音楽にまみれた毎日だから!
この喜びには代えられないぜ。

夏祭りよりも素敵な思い出を作ろう。

今年の夏は、バズフェスから始まる。
忘れられない夏がもうすぐ始まる。
特別な思い出を、一緒に作れたら。


↑このページのトップへ