月別アーカイブ / 2015年03月

伊東歌詞太郎です!



ここ最近、告知が多くてこのブログの存在意義って何なんだ!
と自分に問いかけて、禅問答を繰り返していた僕でした。

やはりアルバム発売前は告知ごとが多くなってしまい、
心苦し。

僕はこのブログで日常思ったことや、
考えを書いていきたいというのに。

宣伝のためにここを使いたいわけじゃな




伊東歌詞太郎2ndAlbum、二律背反、4月8日発売!!!!

http://kashitaro.com/

ワンマンツアー「わざ」開催決定!!

http://kashitaro.com/event.html




あーーーー!!!!!

もうーーーーー!!!!

ほらーーーーー!!!!

体が勝手に宣伝しやがる!!!


もう気を取り直していくよ!!




タイトルにあるとおり、最近とっても感動したことがありました。

僕は曲作りのために東京下町にある隅田川に頻繁に通っているんです。

その町、隅田川以外もとっても魅力的で、
花屋さんだったり、定食屋さんだったり、神社だったり。
お気に入りの場所がたくさんあります。

曲を作ってる最中は、行き詰まることもあります。
そうなれば散歩をします。
作り終わったらおなかがすく時間だったりします。
そしたらご飯を食べてから自宅に帰りますし!



そんなわけで、気になるお店ができたりするわけですよ。


先日、そこに入ってみました。
気になっていても入れなかった理由は、
行列が途切れないから、というものです。

店の外観は何の変哲もないラーメン屋さん。
でもいつ行っても絶対に行列ができている。


その日はいつもよりちょっと早めに到着して曲作りも進んでいました。
というわけで、お昼ご飯にそこ並んでみようと思い立ち、GO!

やっぱりその日も繁盛してました。


30分ほど並んで店内へ。


まず感動してしまったのは、おそらくご夫婦でやられているお店なのですが、

ご主人の「いらっしゃいませ」と、

奥様の「お待たせしてすみません」

という言葉。

もう誰がどうやってどういう状態で聞いても確実に心がこもっていると思わされる。


ラーメン屋さんによくあるのは、

「いらっしゃいませ」

「お待たせしました」

という言葉を従業員が元気よく言って、
お店の雰囲気を盛り上げる、というものがあります。

これはとても店内が活気付いてよいものです!
聞いていても気持ちがいいですしね!


しかしながら、ここの「いらっしゃいませ」と、
「おまたせしてすみません」にいたっては別物の言葉の響きがありました。


テーブル席まで案内されて、僕はギターを背負っているのを見て、
「ギターも自由にお席において、広くお使いくださいね!」
との言葉をいただく。

僕は、こんなに並んでるんだから、
ギターは抱えて他のテーブル席も使えるようにしなきゃ!
とそんな状態で待っていたのですが、
一向にテーブル席にお客さんが案内されない。

しばらく観察しているとどうやら、
2人以上の連れ立ったお客さんがテーブル席に通されるようで、
カウンター席にてお客さんをまわしているようだ。


僕は一人客だったのですが、
ギターを背負ってるということでテーブルに案内してくださったというわけでした。
心苦しくも気遣いに胸打たれた。



ラーメンはすぐに来て、
一口食べたら、これまたびっくりしました。

僕は味なんて濃ければ濃いほど素晴らしいと考える人間なのですが、
ここのラーメンはむしろあっさりしていた。


しかしながら!!



完全に複雑なハーモニー。


誰が食べたって、ものすごい手間がかかっていると痛いほどにわかりました。
ダシの味、いろんなものが混ざっている。
とうていこれは一朝一夕には出来上がらないものだと感じました。
研究を重ねて、さらに毎日複雑にスープを仕込んでいるんだなと...。


そうなると先ほどのご主人の

「いらっしゃいませ」

がもうなんていうか胸に迫るものがあるというか...!


食べ終わってお会計のときも、
奥様の

「狭い店内ですいません」

といって頭を下げる姿、
もはや僕もごちそう様を言うときに頭を下げざるを得ませんでした。
出るころにはこのお店に対して敬意を払っていました。


ご主人は黙々と、でもつねにちょっと笑顔でラーメンを作り続け、
背客は奥さんを完全に信頼している様子が伝わってきました。

奥様は常に、このお店に来てくれてありがとうという気持ちがあふれて、
周囲ににじませている。
それは、自分の夫の作るラーメンがおいしい上に気持ちがこもっていることを、
1ミリも疑っていないからなのではないかと思わされました。



ここのラーメン屋さんは、
「おいしい味」とともに「真心」も食べさせてくれるんだなと気づかされ、
すごく感動してしまったんです。

値段も毎日食べに来ても大丈夫な価格帯に抑えてある。

どこまでもお客さんのことを考えてくれているお店なんだなと痛感しました。



僕はとってもうれしかったんです。
そんなお店の提供してくれるラーメンが食べられて。

その上おいしいんですから、
そりゃあお客さんがいなくならないに決まってます!!!!!



ブームがあるのがラーメン業界です。
ラーメンの流行は音楽と同じくらい早く動いています。

しかしながら、今回行ったお店は、
もはやブームなんて超越して、明らかにスタンダードだった。
あのご夫婦がいる限り、お客さんはずっとい続けるだろうなぁ...。
真心こそ、どんな世界にも絶対に必要なことなんだと悟らされました。



僕はそのあと曲を作り終え、
めっちゃ考え込んでしまった。

僕はいままでどのくらいのありがとうを言ってきただろうか。

一言一言、すべてのありがとうに気持ちをこめているつもりだけれども、
あのご夫婦ほどに気持ちをこめる事ができていただろうか。

ラーメン屋さんにとってはラーメン。
僕にとっては歌。

歌に、僕はいろんな想いをこめているつもりだけれども、
あのご主人が作る一杯のラーメンのなかにこもっている気もちよりも、
強いものがこめられているのか。


自分を律するきっかけまでくれてしまった。


僕も日々精進したい!
昨日の自分に勝ち続けたい!!!

伊東歌詞太郎です!



三月は忘れておりました!
引っ越してこの家に住んでから1年が経った日でした!!
最近の僕は1年前と違ってすっごいきれいな部屋に住んでいます。
片付けは速攻!


1年前の僕に、

「お前、1年後に間接照明を買うぞ。」

といったところでバカいってんじゃないよと相手にされないだろうに、
どうしたのかこの変化は。
自分でも驚いています!いい変化ですから大歓迎ですけれどもね!


やはり場所が変われば運気が変わる。
これは間違いないようです。


1年前まで住んでいたところはみなから外観がホーンデットマンションなんて言われてました。
大家さんに引越しのご報告をしにいったら、

「おめでとう。このマンションに住んだらなかなか出て行ける人が少なくてね。
君はこのマンションに、勝ったんだね。」

なんていいんだか悪いんだかわからないコメントもいただいたような住まいでした。


しかしながら、トラブルというのはあとから話のタネになるんですよ。

僕がイベントや生放送、このブログなどで話すおもしろエピソードは、
ほとんどが旧家のときのお話です。


え?おもしろくないって?
うるせー!!!!



押入れに知らない女性が入っていた事件

ファイヤーダンス集団家の前15m火柱事件

偽者の政治家ハニートラップ事件

観葉植物食事事件

ティッシュペーパー鍋事件

野犬を発見事件(ヒップホップ)

下の家の火事を発見事件(微ヒップホップかつかなりのお手柄)



などなど。もう話のネタは旧家のときばかり。
はっきり言っていま振り返るとさんざんなことが多かったのですが(笑)、
トラブルこそあとで話す分には面白いことが多い。


対して今の家では特にトラブルがないかわりに、
こういう話が拾えなくてなんだか物足りない気持ちにもなります。


でもね、
いまのマンションの廊下やエレベータなどで住人の方々や管理人さんと一緒になると、

「あ、あの白い猫ちゃんの家?あのこたちかわいいねー!!」

って高い確率で言ってもらえるのがすごいうれしい。
どうやら窓際から外を見てるようです、マイキャッツ。
いまは両ひざの上にいますけどね!


ここの管理人さんがね、本当にすばらしくて!
毎日廊下やエントランスがすっごいきれいなんですけれども、
一生懸命管理してくれてるのがわかるんですね。
その上動物好き。

あまりにもお世話になってるもんだから、
思わず3月31日のライブに誘っちゃいました。
来てくれるかな。


あれだけ一生懸命やってもらってるのを見てるし、
実際きれいなもんですから、汚そうなんて1ミリも思えません。
きっと他の住人の方も管理人さんに敬意みたいな気持ちを抱いているから、
汚さないんでしょうね...!

やはり一生懸命やるということは何事においてもすばらしい結果を生む。
僕は彼からまた学ばされました。


まぁ、トラブルも楽しめば良い事だし、
トラブルはもともとないほうがいいんだし!


というわけで一年経ったので旧家に思いをはせていたわけでした。
歌詞太郎がライブをするときのほとんど弾いてくれてるギターの柴田さん、
超ご近所だったんですよね!!

だから二人で川でギター弾いてたなー。



さて、そんな僕ですがこの家に来てから最初のトラブルが。


最近、ほほが、こけている。


体重を量ったところ、なんと逆の意味での全盛期の体重に近づいていたことが今日判明。

鍛えて、ランニングをして、
60キロ手前まで体重が増えたというのに!!!!

現在55キロ。
3年前の僕の体重が54キロでしたので、あれだけ頑張っていたのに、
もとに戻りつつあるやんけ!!!!


原因不明なので、思い当たる節を考察していこうと思っています。
みなさんは、体調管理に気をつけてくださいね...!

伊東歌詞太郎です。



タイトルの通り、
イトヲカシでみなさんにお約束していた一ヶ月に一本の動画をアップロードするという件、
約束を破ってしまう結果になってしまいました。


本当にごめんなさい。
有言実行という言葉がとても好きな僕ですが、
今後は今回のことを受け止めて、
もっと言葉に責任を持てるような人間にならないと、
今までの自分にうそをついてしまうことになりますので、気をつけてまいります。

改めてごめんなさい。


そして肝心の理由ですが、
本当に単純なことですが、やはり一番心配していたことでもありました。

「楽曲の質の低下」

が一番の理由でした。

僕もレフティも、全力をあげて曲を作り歌詞を書いていたつもりですが、
ミュージックビデオの撮影、
脚本の考案、
などなどいろいろなことを約30日の中でやるということは、
とても難しいことでした。


やる前から、かなり大変なことだけどがんばっていこう!
という気持ちの確認はお互いにやっていたのですが、
いざ始まってみると、想像以上に時間がなく、
そんな中お互いの制作を省みると、
どこか音楽に妥協してしまっている自分がいるのではないか、
という結論に至りました。


なので、二人でじっくりと話をした結果、
しっかりしたものをちょうどいい時間で作り上げてアップロードをする、
というほうが、
聞いてくださる人に失礼がないのではないか。

簡単に言うと、こういうことになりました。


楽しみにしてくださった方、
本当に申し訳ありません...!

イトヲカシとしての制作は一切とまったりはしておりませんので、
もしアップロードされた暁には、
聞いて下さったらうれしいです。


そして最後に、
報告が遅れてしまったことも重ねてお詫び申し上げます。


明日からはまた、
明るい内容が書けるように、
また一歩一歩、進んでいきます!!!

↑このページのトップへ