月別アーカイブ / 2015年01月

どうもこんばんは!!
伊東歌詞太郎です。



大掃除して、家が見違えるほどきれいです。
僕は毎日、帰宅しては驚いております。こんなに気持ちいのかと!!!


風水とか僕は特に信じていないのですが、
一つ言えることは、
部屋の居心地がいいと、すべてにおいてやる気が出ます。
それによっていろんないいことがたくさんあるのは間違いなさそうです!!!


ものを整理していて、
着なくなった服を思い切って処分してしまおうと古着屋さんにもっていったんです。

4年前に買ったシャツ、これがね、なんとプレミアがついておりまして、
4万円で売れました(笑)!!!

僕のはレプリカだったのですが、レプリカでこれだったら本家はいくらなんだ?と
インターネットを活用して調べてみたところ、
オークションで10万円以上の値段が付いていて目が飛び出そうになりました!

もちろん僕が古着で購入した時はずっと安い値段でしたけどね。
掘り出し物だったんですねこりゃ。



結局、7点で7万円になり、
僕としては古着は1着300円かよくて1000円で売れるものという認識があったので、
驚きの大掃除効果でした!!!




あと近況は喉の調子が最高。
これは大掃除が全く関係ないのですけれども
とにかくこれが一番幸せ(笑)!!!


今はどれだけ歌っても枯れない。
ちょっと休んだらすぐ歌える。

昨日はBuzzGさんに誘っていただき久しぶりにお酒を飲んでいたのですが、
気づかぬうちにたっくさん飲まされて声ガラガラになって帰宅しましたが、
本日は一切の影響がないままレコーディングを無事終えました。

本日はイトヲカシで生放送しましたが、
その時も元気に歌ってましたよー!あれはレコーディング後でしたし!!


人生で声が出なくなったことは2013年10月から2014年4月まで。
その前も、2012年にちょっとやばいかな?って思った時期がありました。


1日に12曲のレコーディングをたるとPとともに朝から深夜までやり、
その翌日からちょっと調子が悪くなりました。
この時は2週間放置しておいたら治ったので、そんなに重症ではなかったんでしょう。


しかしながらそのあとですよ。
治ってからは今までよりもずっとずっと大きな声で歌えるというか、
すごくいい感じなんですね。


そして2013年、これははっきりした理由があります。
スケジュールがあまりにもハードすぎた時があり、
人生で一番の重症でした。


しかしながら4月に奇跡の整体師、永井先生に出会い完治。
これは嘘みたいでした(笑)!!
彼については後日ちゃんとブログに書きたいです。



治ってからは、さらに声が大きくなったというか、
歌う喜びが大きくなったというか!



そして、2014年の夏、
COFツアーからの路上ライブツアー。

これがまた!すごかったんだ!

10月に帰ってきてから風邪をひいたのもあって全然声が出なかった。
だがしかし。
1週間で治った。
治ったというか、むしろさらに調子がいい!!!!!


僕はいまやっとわかりました。
やはり挑戦することを恐れてはいけないんだな、と。


一生懸命歌えば、声がかれて歌がうたえなくなります。
でも、これを過度に恐れてしまうからこそ、人間は歌えなくなるのではないでしょうか。

頑張ったら頑張った分だけ、
人間の体は応えてくれるのではないだろうか。

少なくとも僕の経験上、
声がかれてしばらく歌えなくなるくらい振り絞ると、
治った時に今までよりも良い歌がうたえるようになる。
そんな風に認識しています。


周りから無理するな、とかたくさん言われてきましたが、
僕はまだまだ無理なんかしていない。

もっともっと自分の喉と戦ってみたい。
きれいになった部屋でいまそんなことを思っています。




大掃除によって筋肉痛になったとツイッターで書きましたが、
この筋肉痛も治れば今までよりも強い腕になってくれるのではないか(笑)!


ちょっと話がそれましたが、
僕は余計な心配をまわりにかけるのがとっても申し訳ない気持ちになってしまいます。

たとえば、何かの原因で歌いにくそうにしているときがあったとしても。
そんなことはっきり言ってほぼないんですけれど、
まったく心配しないでください。

いわゆる喉を壊す、声帯が壊れて歌えなくなるなんてことはない。
僕が歌えなくなることはありません。


これは何度かもう一生歌えないんじゃないか、なんて思ったことがあり、
それが治るたびに以前よりも調子がいいと感じたことが何度かあるからこそ、
いまならやっと言える気がします。


壁にぶつかって、誰からもやめなよといわれたとき。
あ、僕の場合は医者にもうこれ以上よくなることはないと言われましたね!
それでも自分が信じられるときはとことん自分を信じていいのではないでしょうか。
そこで折れずに道を探し続けることができれば、
必ずもっといい未来が待っています。


やばい、部屋がきれいなせいで内容が前向きだ!!!!!!



あ、あとさいごに!!
最近ツイッターのリプライで、

「~っていうライブに出るんですね!」
っていうものがちらほらあるんですが、僕には何も来てませんよ(笑)!!
なんのことかわかりませんし、誤った情報かもしれません。
決まったものはしっかりとこことか、
ツイッターのインフォにてお知らせしますゆえ、よろしくお願いします!

伊東歌詞太郎です!
新年いかがお過ごしでしょうか!


昨年末に僕が大好きな作曲家であるbuzzGさんの曲、
「約束のスターリーナイト」をうたわせていただきました!!



年末年始は星に関する歌をアップロードするんですか?
という声が多数来ていますが、
偶然そうなっているだけですよー!!
でも、ここまできたらそういう曲でかためていこうかな!



僕は星が大好きなんですよ!!
生放送や取材では何度か話していることですが、
小学生か、その前か。
新潟の燕三条というところに家族で宿泊したんです。

そこで見た星空がもう。


一生目に焼き付いている光景って、
いまのところこれくらいかもしれません。

その日以来、星の輝きに魅了され、
宇宙の面白さにひかれ。

ぜんっぜん専門家ではないのですが、
かなりたくさんの本を読みました。



偶然にもレフティも同じような傾向があるようで、
イトヲカシ、歌詞太郎個人、レフティ個人。
この3パターンとも星に関する歌がとても多い。


星の光は、僕たちの目に届くまでに、
ものすごい距離と時間をかけてきてくれてます。


有名な星アルタイルは地球から16光年離れていて、
ベガは25光年です。

宇宙の中でもっともはやく動くのは、現段階では光です。
光は一秒間に地球を7周半、秒速30万キロメートルで進みます。


その光が1年間に進む距離が、1光年。
年とついていますが、距離を測る単位であり、
かつ時間の概念も内包している素敵な単位です。


もう一回考えてください。
1秒に地球を7周半、秒速30万キロメートルって、めっちゃ速いじゃないですか。
その光がなんと1年間で進む距離なんてまぁ、もんのすっっっっごいわけですわ。

すっごい遠い。
文字通り気が遠くなるほどに遠い。


それが16年分でアルタイルに到着するんです。
16年ですよ?!
赤ちゃんが高校一年生になってますわ!!!



地球から見えるもっとも遠い星はさんかく座の銀河。
250万光年。



あんなに速い光でも250万年しないと届かない距離に光っている。

距離は30万km×60(秒)×60(分)×24(時間)×365(日)=9兆4600億kmくらいなので、9460000000000km×2500000光年。
23650000000000000000km離れてるんですよ!!!
こんな数字、天文学的な数字ですよ!!!!
まぁ、天文学の話してるんだけど。



これ、逆に考えてみてください。
アルタイルは夏の大三角形です。
見つけやすいと思います、いま冬だけど。


仮にアルタイルの光を見た場合、
地球までに距離は16光年ですから、
いま僕らの目に届いているアルタイルの光は、
16年間かけて僕らの地球に届いてるんですよ。


つまり、僕らが「いま」見ているアルタイルの光。きらりと光ったのは16年前。
1999年、まだ少年であった歌詞太郎が、本当に毎日毎日、
ノストラダムスの予言が外れますようにと、
小学生の時から受験で第一志望に落ちてもいいから予言を外してください!!
とお願いしてた時ですよ。

そんな歌詞太郎純粋に地球全体のこと考えてた時に星が光ったのが、
16年後、いま、僕の目に届く。
よかったよ、1999年7の月、地球が滅亡するなんて予言外れて。
外れてなかったら、その光は人類が目にすることはなかったんだから!!!



さんかく座銀河なんてもうやばい。やばやばですよ!!
もし見たら、その光は250万年前の光ですよ!!!



僕ら人類がまだ原人でウホウホやってた時にきらりと光った光。
それが地球を1秒に7周半するようなすごいスピードで、
250万年もかけて、今の僕らの目に届いてくるんです。



宇宙とは、孤独。
その空間のほとんどは空間。
惑星が多数というか無数に存在していても、
宇宙が広大すぎて、ほとんどないに等しい。空間だらけ。

そして宇宙空間のほとんどはマイナス約270度。
非常に寒いんですね。
寒いなんてもんじゃないか!!
日が当たらない場所がほとんどなのは言うまでもなく、
つまりは真っ暗闇の夜なんです。



僕らに届く光は、死ぬほど冷たい夜を越えて、
ほかの惑星の質量における重力によって少し曲がりながら進む。
届くころには消えそうな小さな光の粒となって。



星の光って、まるで僕たちのようじゃないですか?


僕たちも、
死ぬほど冷たい夜を、ほかの誰かに少し曲げられながら、
消えそうになりながらそれでもまっすぐに進みたい、
そう思って生きているのではないか。
その思いだけが、小さな光となって誰かに届くのではないか。




僕は星を見るのが好きなんです。
不幸にも東京という場所に生まれ落ちてしまったので、
星なんてぜんぜん見ることができない。

でも僕は、
見ることができなかったからこそ、
沢山調べたし、もっともっと好きになれたのかもしれないし、
なによりも満天の星空を見た時の衝撃といったら!!!!

だから今では東京に生まれて、ほとんど星が見えない場所で育ってよかったな、
って思ってます!!



今日もまた、星に関する曲を作ってしまった...。
この曲は絶対に形にするので、すっごく想いがこもってるので、
聞いてくれたら嬉しいです!!!
今年に必ず、約束します。
僕は約束したことは死んでもやる!!


作曲で使っている僕の大好きなギターも、
もうあり得ないくらい無調整で使い続けているので、
自分へのご褒美として、調整に出してしまおうと思っています。
ギタリストのおさむらいさん情報によると、
1時間で調整してくれる場所があるとか!!!!!!


そこがだめでも、今まで一生懸命に鳴ってくれたギターですから、
調整期間は1か月くらい待てます。
帰ってきたときにすごくいい音で鳴ってくれるなら。
いくらでも待ちますよ!!!!


前置きがすっごく長くなりましたが、
今年もみなさんのご指導ご鞭撻を賜りたく!

なにとぞよろしくお願いします!!!

↑このページのトップへ