月別アーカイブ / 2014年07月

伊東歌詞太郎です!


僕はいま、香川県におります。

香川県と言えばうどん!おいしいうどんを求めて、
先ほどみんなで評判の良いうどん屋さんにまいりました。


すごい繁盛していて期待に胸をふくらませていたのですが、
そこには、「そばもあります」の文字が...!

そう、あまつきくんはそばアレルギーなので、
文字通り死ぬ可能性があります。

聞いたところ、そばとうどんを同じ釜でゆでているとのこと。
あまつきくんに死なれたらそれこそたまったもんじゃないので、
他のお店に行きました。


そしてあんくさん、はしやん、たるとさん、あまつきくんの5人で入ったのですが、
まずあんくさんがまず出された麦茶を飲みました。

すると、なんかフルーティーな変わった味だね、と言っていました。
はしやんがそれを飲むと、納豆の匂いだ、というんですね。

僕も気になったので喉も乾いていたし一気にコップ飲み干したのですが、


うん、納豆の匂いがしました!



そして、はしやんの頼んだ鳥ズリが注文から20分たってからきました。
はしやんは一口食べて、

ん?


という顔をしてました。
どうしたんだろう、と思って鳥ズリを見たら、
明らかに赤い。
もうどう転んだって生焼けです(笑)!

はしやんは明らかに生焼けなのを除けて食べていましたが、
本当に大丈夫だろうか...!

次に、
たるとさんのから揚げ定食がはしやんの鳥ズリが出てから15分後に来ました。
すでにはしやんは食べ終わり、ワンマンの時間のために先にお店を出ていきました。


から揚げ定食はあまり問題なかったのですが、
たるとさんが食べ始めてからさらに20分後、
あまつきくん、あんくさんの鳥モモステーキ定食、
僕の鳥定食が運ばれてきました。


三人はもはや、この店の異常さに気が付いていたので、
おそるおそる口にしました。

結果、


やっぱり生焼けじゃないか!!!!


というわけで、全員、ほとんど食べないで店を出てきてしまったんですね。

途中、僕がこれ生焼けではありませんか?
と店員さんに聞いたら、

「えー、これは、生焼けですかねー?たぶん大丈夫だと思いますが、念のため焼きます?」

と言われましたが、まぁいいかと思い、食べない、という方向性で落ちつけました。


5人ともそれぞれ、多少なりとも危険な料理を食べてしまったようです(笑)!
冒頭の麦茶のやり取りも、
まぁおそらく、腐っていたんでしょう。
フルーティーな匂いや納豆の匂いがする麦茶は、あまり聞いたことがありませんもの(笑)!


その後口直しに食べた香川のうどんがおいしいことおいしいこと!!!!

「うちはうどん屋ですから、そばとゆでる釜を別にするのは当然です。」

という言葉を聞き、あまつきくんも安心して食べられるお店だと判断しました。


そう、僕たちの心配は、
COFメンバーの中で特別におなかの弱いはしやんが心配です。
いまワンマンをしているであろう時間ですが大丈夫だろうか...!!


ちなみに僕は、小さなときから胃腸だけは丈夫に育ったので、
自分の胃腸を信頼してはいます。

中学生の家族旅行で行ったマレーシアのホテルの水も普通に飲んでいた。

そしてバンドをやったことがある人はけっこう通る道なのですが、
生きるために観葉植物を調理したり食用とされないものでも、
けっこう食べたことがあったりします。

僕はアロエ、ポトス、リュウゼツラン、ティッシュは経験済みです。
レフティーやたるとさんもこのくらいは経験しているのではないだろうか。

というわけで、自分の胃腸を信頼しつつ、
なかなか面白い経験ができたなー!という香川からの報告でした!


そんな感じでCOFは楽しく各地をまわっております!!!
明日は香川の皆さんよろしくね!!!!!!

伊東歌詞太郎です。



COFツアーが始まりました。
7月21日のさいたま新都心を皮切りに、ほんの少し長い旅に出ております!

まさに、Life is a journey!

さいたま、というか関東は21日から梅雨が明けたとの風のうわさが。

各地、夏らしい熱気に包まれ始めて、
僕らはいまとても気持ちが乗っています。


ブログを書いていたのですが、
ホテルでインターネット環境が無かったりして、
アップロードが遅れてしまっていました。

この文章は4日前に書かれたものですが、
もうすでに新しいことがたくさんあったので、大幅に加筆修正しております。
ただいま僕は滋賀県にいます。


どの公演でも、僕らも来てくれた人も、
大声で歌をうたっています。
最高です!!!!!!!!!!!!!!!


たくさんの人が来てくれている。
毎年、こうやって夏に旅立つということは当たり前のことではないんです。

いざ、その場所へ行きステージに立っても、
目の前にお客さんがいない。

そういう光景が頭にうかんでくることは当たり前。

僕はお客さんがいないステージで歌ったことは何度も何度もあります。
よくもわるくも一生忘れられない経験です。


今僕は、この経験がとてもありがたく感じています。
冗談じゃなく、
いつも、どんなライブでも、
ステージに立つ前に頭によぎるのは、誰もいない客席。

誰もいなかったとしても、僕は僕の歌をうたうんだ、
そういう決意でライブが始まる。

そこにたまたま客席が埋まっていたとする。

そうなったら感謝の気持ちしかでてきませんよ。



よく来てくれたな、よくぞここにきてくれたもんだな!!!!
心の底から、感じる、感謝。



本当にうれしいんです。
ライブに来てくれることが。

別にライブに来なくたって、
音源を聞いてくれるだけで僕は本当にうれしい。


ツアーは4公演終わりましたが、
毎日そんなことを繰り返し考えています。

まだまだたくさんの土地に行ってライブできることを幸せに感じます。

明日は京都です。
昼夜、の二回公演です。

夜は男性限定のお客さんによる、男祭りが開催されます。
ライブハウスのスタッフももちろん、男性のみにしてもらっています。

さて、COFの暴走機関車トーマスことはしやん、
COFのナイトウルフことあんくさん。

この二人が最大限華々しく映えるステージになるのは間違いないのかな、
と思ってます。


ではまた、近いうちにどこかの土地で!

そして、誕生日、みんなお祝いしてくださってありがとう。
今まで生きてきて一番幸せな誕生日でした。

どうも、伊東歌詞太郎です!


いやもうね、もうじき夏が来るということでね、
テンションが上がってしまいましてね、
無駄に略すのが流行ってます。自分の中で。
MR ~無駄に略す~。


夏が来るということは...!


そう!!!COFまで残り僅かな時間になってきましたね!!
僕は毎日元気に過ごしております。


梅雨明けももうじき。
平年並みであれば7月21日あたり。
梅雨明けとともにツアーがスタートしますね。こりゃ幸先が良い!!SY ~幸先が良い~


僕は毎年「梅雨明け」という単語を聞くと、
関西に行ったことを思い出します。


数年前、大阪にて歌をうたう機会があったんです。
朝起きたら、朝の情報番組がやってたんですね。8時台とかにやってるやつ。


そこに、阪神タイガースの帽子をかぶったおじさんに、
アナウンサーの方がインタビューをする、というものが映ってたんです。


アナ「関東地方は梅雨明けしました。大阪は明後日だそうですね?」

阪神「は?悔しいね...。」

アナ「どうして悔しいんですか?」

阪神「やっぱり早い方が勝ちやろ。東京に負けるのは気合が足りんからや。」


もう僕は衝撃を受けてしまいましてね...(笑)!!
テレビという公共の電波にこれをのせるということは、
やはり東京のことが嫌いであることを隠さない、
という大阪の意思の表れなのだろうか!!!!

という風に感じて、
大阪では東京から来たとは言わないようにしようかな、
と思ったことがあります。


もう地方とか関係なくみんなで仲良くしよう!!
そう、COFのように!!

いろんな地方、国籍、関係なく楽しみましょう!!
と無理くりつなげましたが、MT ~無理くりつなげる~
いろんな地域に行くのは本当に楽しみなんです!HT ~本当に楽しみ~


今年も日本に、世界に、いろいろな場所で歌えることができますように。
それが僕の喜びであり幸せ。

そして、今年は去年よりも多くの人の前で歌をうたうという目標を年始にたてました。

これはこのまま頑張れば達成できるのではないか。
そう思います。



もう一つの目標、素直になる。
これはちょっと頑張らなきゃな、という感じです(笑)。


というのも、
この前ステージに立った時に、
また前の人の目を見ることが怖くなってしまい、
全然見ることができなくなってしまった。


でも、僕はまたCOFツアー、そしてそのあとにある路上ライブツアー、
ここを経て再びそんな怖さもなくなるに違いないと、
いまから本気で思っています!!!

ライブは文字通り、
みんなから元気がもらえます。
元気なんて受け渡しできないモノっていうか、
形すらないから不思議なんですね。
本当に元気はもらっている。

だから、たいていのことは乗り越えられる!
いまはとても楽天的です(笑)!! TR ~とても楽天的~


そして本日はあまつきくんのメジャーデビューの日。
おめでとうって言葉とともに、ここからだぜ!という気持ち。

あまつきくんのメジャーデビュー、はしやんのワンマンツアー決定など、
良いニュースばかりです、周りが!

この幸せな気持ちを全国に。
もし来る方がいらっしゃたら、
はやくあなたの前で歌いたい!AMUT ~あなたの前でうたいたい~

↑このページのトップへ