伊東歌詞太郎です!


年末から今月24日まで、すごすっごい(滋賀弁)歌ってばかりの期間でした。 
たぶん53日で150時間くらい歌ったんじゃないだろうか。 


ということは、作り上げてきた曲がたくさん発表できるということ!!
何曲かはお知らせできておりますが、まだまだまだあります!!!!


オリジナル曲から歌ってみた動画、いろんな曲があるんだぜ!


3月の頭まではレコーディングや曲作りがいったん落ち着き、
いまは明日のライブ神田まみれにむけて牙を研ぎ澄ましております!!


それで掲題の件なんですけれども、
2015年は一度も体調を崩さなかった歌詞太郎。
ついにきちゃいまして...!


しかしながら非常に風邪菌が空気を読んでくれたんですね、感謝!

2月18日からのスケジュールが、

18日 楽曲制作
19日 レコーディング
20日 レコーディング
21日 何もない日
22日 レコーディング
23日 楽器と歌レコーディング
24日 楽器と歌レコーディング
という風に続いておりました。

20日のレコーディングが終わった後帰宅すると、
家の中が寒すぎて、
エアコンで暖房をつけていたのにストーブの前から離れられなくなっていました。

途中で気づいた。
これは部屋が寒いんじゃない。歌詞太郎が熱いんだ!!!!!!

というわけで体温計でチェック。

38度という表示を見て、すぐに睡眠を決意してベッドに入りました。
そのときはもちろんマイキャッツの
オッドアイズホワイトキャットと、イエローアイズホワイトキャットの2匹は一緒に寝てくれるんですが、
なんかいつもよりあったかくてラッキー!みたいな雰囲気出してたような気がします。


そして翌21日。寒くて目が覚めた。
すぐに体温計でチェック。39.2度。
これは終わったと思いました。
インフルエンザだったらその後何もできなくなっちゃいますからね...。

休日診療所に行って検査をしたら、インフルエンザではないことが判明しました。

インフルエンザではないのであれば、歌がうたえれば翌日からのスケジュールは問題ないというわけです。
僕は病院から帰宅して歌ってみました。

これがまたいつもどおり、喉だけは無事なんですよね...!不思議。
というわけで次の日のレコーディングはたるとPとともに2畳のブースにこもって作業なので、
彼を不安にさせてはいけないと思って連絡しました。


「いま熱が39度出たんだけど、いつもどおり歌がうたえたから予定通りでお願いします!
インフルエンザの検査は陰性だったから安心して!うつらないから!」


とラインを送ったところ、たると尊師にちょっと怒られました(笑)。
問題はそこじゃないから、とりあえず心配だから22日は休めと。
意外と優しいところあるんですね。

僕はそうは言われても歌がうたいたいので、
インフルエンザではないのなら今日中に治したくてたまらなかった。

そしてこの日は母親がたまたま近くに来ておりまして、これは本当にラッキー。

僕は母親に通算10回以上インフルエンザの看病をしてもらってるんですが、
これがまた長年の疑問でね...??


歌詞太郎「母さん、うつるから来なくても大丈夫だよ! 」

母太郎「大丈夫よ!あたしうつらないから!!!!」

こう言うわけですよ。
でもね、その根拠のない自信はいったいどこから来るのかと(笑)!!
おでこをくっつけて熱はかったり、病原菌にまみれた僕の隣に布団しいて寝たり。
何度もありましたよ。

だがしかし。

だがしかしです!!!!

事実 、母親は一度もインフルエンザにかかっていない。
だから僕も、最近は看病してほしいと自分から頼むようになりました...(笑)。


本当にうつらないのはいいことなんですが、
なぜに僕の母親はこうなのだろうか...。


というさまざまなことがあったのですが、その日はしっかり休んで翌22日。

熱が37度に。
これはさすがにいける。


というわけで当初のとおりスケジュール滞りなく歌いまくることができました!!

風邪菌は、21日をピンポイントで狙ってくれた。
おかげで久しぶりにしっかり休めたし、いいことばっかりでした!!


はずせない日に風邪になるのはいやだけど、
大丈夫な日にかかる風邪は、菌にも感謝できる。
今回のことを糧に、もっといい歌がうたえたり曲ができたら最高ですよね。

人生そのまま音楽。
経験したこと、考えたことは音に必ず反映される。


このブログを書きながらあぐらをかいている両膝にキャッツが乗っている幸せも、
きっと音の中にあるんだぜ!!!!


明日の神田まみれ、8000℃の熱量で歌います!!!