伊東歌詞太郎です!

みなさまいかがお過ごしでしょうか?? 


僕は何していたかというと、今日は川に行って歌詞を書き上げておりました。
寒くなってきましたが、夕方までは日差しが暖かくて気持ちがよかったです。



夕方からは歌詞を書き上げながらも自分の体を鍛える時間。
寒さに耐え忍びながら音楽をする。精神と身体を鍛え上げるにはもってこい!

先日発表された、「さっぽろ雪まつり」への出演。

これがね、かなりシビアなものらしいんですよ...。
もちろん寒さが。




というわけで僕は修行のために山梨県へ行ってまいりました。
標高は1000m近いわけですから、なかなかの寒さを経験できるのではないかと。


想定外だったのは、電波が入らないこと入らないこと(笑)!
3G一本と1xみたいなやつの繰り返し。
送ったメールが1~2時間後に届き、送られたメールがまた1~2時間後に届く。

日本の最西端の与那国島、最南端の波照間島、最北端宗谷岬、最東端納沙布岬でさえ、
電波は入りましたよ!
うわさによると富士山頂も電波良いらしいとか!


久しぶりにそんな環境に身をおきました。
 なんかいろんなことに集中できてちょっといいかも!
と感じましたがきっと3日くらい続くと寂しくなるんだろうなぁ。



狙い通り、
気温は常にマイナス。


音楽的刺激を求めて青樹ヶ原樹海に深夜に行ったのですが、
そこは標高が少し落ちて気温が上がったとはいえ、マイナス5度の世界。
すっごいよね!



こんな感じでした!

 image1 (1)

この日は満月に近くてすごくお月様がきれいで、
樹海探索グッズとしては必須というかなきゃやばいだろうレベルの懐中電灯、
まったく要らないくらいでした。

これ、カメラのフラッシュのみで撮影してるんです。
写真撮ったときは、何だこの変な光!!とか思ったのですが、
蒸気に光が反射してるだけだということを冷静になると理解できました。


樹海は山小屋よりも電波も入るし方位磁石もちゃんと使えるんですよー(笑)!!
怖いイメージ持ってる人が多いと思いますが、
とっても自然豊かな遊歩道なんです。


遊歩道を外れて森の奥に行かなければ、迷うことなんて絶対にありません。

その日は日本に40年ぶりの大寒波が訪れていたみたいで、
沖縄にも雪が降ったとか...!
びっくりしちゃいますね!!!!!

電波悪くてそのニュースはリアルタイムでは受け取れてないんですけれどもー!

 
山小屋に戻ってきて空を見れば、
月がきれいですね。

image1


「月がきれいですね」

すてきな言葉。
知らない人は検索してみてくださいな!!
夏目漱石の言語世界の深さを味わえます!!
 

しかしまぁ、寒かったぜ!!
標高が樹海よりも1000mほど高いということは、 
友人のアルピニストが教えてくれたのですが100mで0.5度下がるらしいので 、
樹海でマイナス5度 くらいだったということは、
おそらくマイナス9~10度だったのではないでしょうか...!


そりゃ月もきれいにうつりますわ!!!! 
冬は夜空がきれいなのでいいですよね...。
また星に関する曲が出来上がっちゃいそうです!!


そんなわけで山篭りで少し強くなって下山できただろうか!
まだまだどんな環境でも歌がうたえて曲を作れる人間になるため日々修行中。
 

さっぽろ雪まつりは、日中に歌うと思われます。
だとしたらいまの札幌のお昼の気温はマイナス4度くらいなので、
山よりは暖かいはず。

さぁいけるのか、歌詞太郎!!!



ちなみに今日書き上げた曲は、明らかに山での経験が活かされています。
やっぱり、音楽人生においては何もかもが作るものに影響を与えるんだな、
と感じました。



鬼のように日々曲を作っています!! 
(え、鬼って曲つくるの?)

小出しに大出しに、どんどん放出していきますゆえ!!!



ここまで読んだあなたにいいことがありますように。

言霊は声に出すか文字にするかで力を発揮するならば、
どんどんこういうこと書いていきたくなっちゃいますね。


それでは!