伊東歌詞太郎です!

ただいま僕は岐阜県におります。
生まれて初めて、岐阜県にて夜を過ごしてます。

来たことはあっても、一泊したことはありません。
なんかドキドキしながらブログを書いております。



さて、本日はCOFのCD、クロスフェードがアップロードされました。
僕は伊東歌詞太郎さんに書き下ろしていただいた曲を歌い、
それが収録されています。


さよならだけが人生だ


こんなタイトル。

僕自身、今年からやっと、
曲をつくることも、歌詞を書くことも好きなんだなって思えるようになってきて、
とっても気持ちがこもった曲になりました。


ツアー中も出来上がりつつある曲がいっぱい。
歌うのも、作るのも、すごく自然に出てくるようになって、
時間がたくさんあったらいいのになって思いますが、
これは忙しい、という意味ではなく、
いつまでもやっていたい、という意味での「時間が欲しい」です。


むしろ、
僕は体を壊すほど忙しい状況ではなく、
楽しいこと、つまり曲を作るのと言葉を考えるのと歌うことが毎日のほとんどを占めていて、
最高な毎日を過ごしているのが7月から10月まで続いていくということです。


去年から、僕は気が付かないうちに「旅」ばかりしていることに気が付きました。
1年のうち、3か月ほどは家にいない。

そして今年は4か月以上家にいない(笑)!!


様々な場所で歌をうたえるということは、ぼくにとってこの上ない喜び。
そこで出会う人と、縁を結んでいく。
路上ライブ、ライブハウス、その他いろいろな形で出会う。



このブログを見ている人の中にも、
僕と縁を結んでくれた人はいるかもしれませんね!

何度も縁を結んでくれてる人もいますね!


ライブやイベントが終わったら、
もちろん、それはしばしのお別れです。


でも、僕はそこで終わったと思いたくない。
それじゃあまりにも寂しい。
それが人の生き死にである。確かにそうかもしれない。


イベントが終われば、
体と体が離れてしまうのはどうやったって間違いのないことです。
でも、そこに心のつながりがあれば、
本当にさよならだけが人生なのだろうか??


最後に歌詞を載せておきます。
明日も岐阜で心を込めて無心で一心に歌ってまいります!!




「さよならだけが人生だ」


さよならだけが人生だという 誰が言ったか忘れたけれど
間違いではないような気がして 振り返り 立ち止まるの

出会いがあれば別れがあると 誰が言ったか忘れたけれど
それじゃ何もはじめられないだろう なぜ生まれてきたのかわからないなぁ

まるで僕は 作り物で構わない でも転んだら 血が流れるんだよ

どうか お願いだ 見せてくれないか 君が愛したものをすべて
どうか お願いだ 見せてくれないか 君が恐れるものを
どんな君でも そばにいさせて


この悲しみが汚れてるなら きれいな雪が降り積もるという
当たり前のように生きてたけど 気づいたら埋もれてしまいそうだった

たとえどんな 風が吹けど変わらない この想いは 変えられはしないんだよ


どうか お願いだ 見せてくれないか 君が捧げたものをすべて
どうか お願いだ 見せてくれないか 君が隠した 傷を
どんな君でも 僕に ゆだねて


ひとは誰でも孤独だという
実は僕もそう思うんだ
君の孤独も 僕の孤独も
消すことはできないでも
分かち合えるだろう


どうか お願いだ 見せてくれないか 血を流してる 君の心
どうか お願いだ 見せてくれないか 汚れたままの 過ぎた時間も

どうか お願いだ 見せてくれないか 君が愛したものをすべて
どうか お願いだ 見せてくれないか 君が抱えるものを

どんな君でも そばにいさせて

どうも伊東歌詞太郎です!

本日は福岡COFの公演がありました。
昼も夜も、完全燃焼!!

いつも二回公演は、
昼が終わった後全力を出し尽くしてしまい、
夜があると信じられません(笑)。

しかし、夜が終わると、
あまりに完全燃焼しすぎていて、
逆に昼公演を終えたことが信じられなくなります(笑)!


ちょっと言葉で表すのは難しいんですが、
今の気持ちはおおむねそんなところです!


連日本当に楽しいことが!

もちろんそれはライブ、ライブ、ライブ!!!


最高です、本当に。歌を大きな声でうたう。
これ以上の幸せを僕は知らない。




さて、本日は、僕の失敗について。

よくツイッターで、ライブ中にパンツ見えてるやんボケ!!
というリプライをいただくことがあります。

僕だって見せたくて見せているわけではありませんよ...。

特に、今回の福岡公演では、僕が痩せてしまったことにより、
ベルトを最大まで引き絞っていてもパフォーマンスとしてジャンプすると、
どんどんずり落ちるというハプニングが。


1年前はちょうどよかったんですよ。
でも、
COF新潟公演あたりから、いつものパンツが放っておいてもかなりの腰パンになる。
おかしいな?とは思っていたんですよ...。


今日の公演で確信した。
僕は明らかに痩せている。


いや、痩せる前から、
僕の場合、腰のくびれがちょっとだけ人よりも上にあるので、
普通のジーンズをはいていたとしてもすでにローライズ(股上が浅い)です。


腰のくびれの上までパンツを上げると今度は股下の丈が足りなくなるし、
かといって下着をぎりぎりまで下げるわけにはいかないじゃないですか...。

だから、ほかの人よりも下着が見えやすい、という悩みを抱えております。

この場を借りて、事情を説明させていただきました。
何卒、ご理解を...。

下着というものは、他人に見せるものではございません。
僕自身、両親の前ですら下着姿になることはありえませんし。

家族と一緒に住んでいた時も、
お風呂に入るときは、着替えを持参して着替えてから出る。


そんな倫理観を持った僕が多くの人の前で下着を見せまくっているという事実は、
もう顔から火が出る思いなのですが、
上記のような理由があることを理解してはくれませんか...。


もはや福岡公演だけでなく、
今後もつきまとう問題ですので、こうやってブログで公開に踏み切ってしまいました。

どうか、なにとぞ不快な思いをした方もいると思いますが、
この点は改善するために試行錯誤をしております...。

長い目で、暖かく見守ってくれたらうれしいです...。

久しぶりに家に帰ってきました伊東歌詞太郎です。


ツアー真っ最中でありながら、明日のさいたまスーパーアリーナの出演のため、
一時帰宅を果たしているわけです。
みなさまいかがお過ごしでしょうか!!!



このブログを見ている方の中の何名かは、
COFツアーに来てくださった方々もいらっしゃるでしょうか。
改めて来てくれてありがとうございます!!

関東の梅雨明けとともにはじまったツアーも、早くも3分の1が終わってしまいました。



できるのか不安だった、終わりの見えないトンネルに飛び込むようで。
そんな気持ちを何回か味わったことのある僕は知っている。



果てしなく思えることも、
飛び込んでしまうと必ず終わりが見えてくる。
そして、その不安の先に見えてくるのは、いままで見たことのない素晴らしい景色。
不安が大きければ大きいことほど、
飛び込んだら素敵なものが見える。

きれいごとでもなんでもない。これは僕の経験上、です。


とは言うものの、COFツアーが27公演、
そしてそのあとの路上ライブツアーは17箇所。
自分の人生で一番多くの場所で歌をうたうことになっていて、
さすがに不安ですよー!これは(笑)!!


あ、そうそう!
ここでまた改めて伝えますが、
路上ライブツアー、今回は夏休みでも何でもないド平日なので、
無理はしないでくださいね...???

北海道の納沙布岬なんて火曜日ですからね??

もし仮に納沙布岬に仕事やすんできました!とか学校サボってきました!
とかいう人がいたら、
心の中でその人を抱きしめながら叱ると思います(笑)。


路上ツアー初日が納沙布岬なので、0人スタートもあり得る。
その時僕は、
0人でも歌うのかな?
そんなことを考えています。


結論から言えば、確実に歌います。
誰かがいないと歌をうたわないなんて、おかしい。

僕は歌が好きです。
好きなことは目の前に人がいるかいないかでやるやらないを判断するはずがない。


僕は、一人でも歌をうたうことができます。
とっても楽しいし、
楽しいだけじゃなくていろんなことを感じられますから、歌って。


そう、だから!!

もし仮に目の前で聴いてくれる人がいたらですよ?
それはどれほど素敵なことか、言葉で表せるもんじゃない。

だって、聞いてくれるなんて。
まるで夢のような話です。どれほどありがたいことなのか。


しかし。

そしてこのありがたいという気持ちは、
人がたくさんいるライブを多く経験していくと薄れていってしまう。
とてももろく儚いものなのかもしれないです。



でも僕は、
COFツアーも、路上ライブツアーも、
よくぞ、よくぞ来てくれたもんだな!!って気持ちで全生命をかけて歌ってます。




いろんな考え方の人がいると思いますが、
僕はやっぱり、
ツアーに対する考え方、特に深く考えてしまいます。

そこに音を聞いてくれる人がいるからツアーにいく、では間違いなんじゃないかと。
それだとどうしても、

「求められているから自分が行ってあげている」

という慢心が生まれるんじゃないかと思うんです。

最高にかっこ悪いと思う。



そうじゃないんだ!!



自分が歌をうたう場所に、みんながわざわざ来てくれてるんです。
ぼくにとっては、この考え方以外は浮かんでこない。

明日以降も歌をうたう場所がいくつか続いていますが、
もし!
もし来られる方がいらっしゃいましたらよろしく!

来られなかった人の前でも、いつか歌えることを信じて!!

久方ぶりに帰った自宅にてキャッツにもらった元気を糧に、
明日以降もどこでも全力を尽くします!!

↑このページのトップへ