伊東歌詞太郎です。



初日は宮城県仙台Rensaから始まりますは10月25日。
もう一週間ないなんて思いもよりませんでした。
リハーサルに明け暮れていたらほんとにいつの間にか時間が経ってしまう。


いいライブって本当に楽しいんです。
見てる時もやってる時も。
いいライブにしたい。いつだって目の前にあるライブに対して抱いてきた気持ちです。


好きだから楽しい。
楽しいから好きになる。
繰り返してきましたが、どんどん音楽が好きで楽しくなります。


昔よりもいろんな音がきこえるようになってきたけど、音に惑わされて本質を見失ったら悲劇なので、こころを大切にしなきゃって日々改めて思います。
この音は何のためにあるのか。
音の存在証明は「かっこいいから」では不足。
こころが主役。音にこころが入ってなきゃね。
こころの入った音がかっこいいんだ。

来てくれたらチケット代以上の感動を。

プロとして当たり前だって言われるけど、チケット代以上に感動してくれたらこっちは嬉しいんだってば。
その当たり前は、実は超嬉しい。
マジで、全力で歌います。
いつも通り全力保証。


そんなことを近頃はライブしながら、リハーサルしながら考える日々でした。
音楽で一番大切なのはリズムとグルーヴだって思ってた時あったけど、それは2番目だった。
音程はじつはそんなに重要ではないのかもしれない。
一体どこに音楽の本質があるのか、知れば知るほど知らないことが増えて知りたくて仕方がない。
今日も舞鶴のホテルで新しい曲を作るんだ。きっと頭の中だけでもできるはずだ。
そしてそのあと上記のようなことを考えながら、眠る。
楽しい悩みはいつまでも悩んで考えていたいです。


そして昨日、
火鳥風月のグッズが公開されましたー!

紹介していいですか!?

さきに画像をどんと!

fVuWUTyDKz.jpg

まずは数量を限定せざるを得なかった、京都「衣(ころも)」とのコラボレーションTシャツ。
このお店は日本の伝統技法に基づいた手作業の服作りが特徴の素晴らしいアパレルメーカーです。
説明は、このサイトを見てくれたらオッケーかな?


素敵なお店でしょう?
何回も京都に通い、打ち合わせをして、職人さんたちとギリギリの話し合い(主に数)を重ねてなんとか実現しました!!
デザインと品質については言うことなし!
しかも僕のトレードマークであるお面をフィーチャーしてくれたのも嬉しき!!

これは数が限定ということで、整理券を配り、ライブの終演後に購入できるかどうかの抽選を行うことにしております。
平等になるように、ルールを守る人が損しないように!

前置き長くなっちゃいましたー!

歌詞太郎ってジーンズが好きじゃないですか(春日)

ジーンズの魅力の1つに、インディゴの色の移り変わりを楽しむというものがあります。

これを味わってもらいたくて!
タグに取り扱い方法や注意すべきことがかいてあるので読んで使ってね?


簡単にざっくりいうと、インディゴは色うつりしやすいので、女の子は色の濃い下着を着用して歌詞太郎衣Tシャツを着てくれたら安心。


男はだな。


素肌に着なさい。


決してヒートテックやエアリズムなど下に着るのではなく、己の肉体にインディゴが移ったら誇りに思うくらいの気概で着てくれよな!!
肉体に移ったインディゴの分だけ、己色に染まった歌詞太郎衣Tシャツに育ったってことだ!!

そう、10年着用してもどんどん色の変化をたのしめると言われる「衣」のインディゴ。
末長く楽しんで欲しいです!


そしてえりまき手ぬぐい。

今回の「火鳥風月」ツアーは、アルバム「二天一流」を引っさげてのツアーです。
なので、内包された曲をモチーフにしたデザインにしたく。
この手ぬぐいは、何の曲をテーマにしているのかバレバレですが(笑)!

僕は普段、東京メトロの東西線の駅である「門前仲町」で降りて隅田川沿いに行き曲を作ったりしてます。
ここ最近は自宅で鍵盤たたきながらか、その周辺の神社か公園でギターで作るか、多様化してきましたがストック200曲と今まで発表した曲の半分以上はその場所で作られているので、東西線は外せない!

しかも九段下を通ってるんですよ、東西線って。
家族と暮らしていた時は東西線ユーザーだったしやはり思い入れがありまして…!

やり取りを繰り返していくうちにこんなに素敵なデザインになり嬉しいです!!


そして半袖襯衣。
手ぬぐいとともにツアーグッズとして欠かすことのできないもの。
やっぱり、この2つって誰かのライブツアー行くと記念に欲しくなるよね。何でだろうね?

今回は絵だけでなくデザインまで先生にお頼みいたしました。
みっ先生が今まで描いてくださったものは本当に素晴らしいものばかりなので、僕は出来上がりをただただ楽しみに待ってました。

やっぱり、いいよね。
火鳥風月をデザインに落とし込んでくださいました。


気がついたらグッズ紹介まだ半分でここまでの文量になってしまった。
疲れるよね。
バズリズムのことも書くつもりだったしー!

日本テレビ系の番組、「バズリズム02」のコーナーにて、本日20日と27日の2週に渡って僕の曲を取り上げていただけるようです。
毎週金曜日24時59分~
地域によって放送曜日や時間は違ったりするのかなぁ?
もしお時間あったら見てくれたら嬉しいよー!


というわけで紹介のもう半分は次回にまわします!!

またブログで会いまひょ。
明日は舞鶴にてライブ、来てくれはりますかな?
ええとも!(タモリ)

伊東歌詞太郎です。




昨日で3rdアルバム「二天一流」のリリースイベントが、

予定されているものがすべて遂行されたことになります。

すごく楽しい日々だったんです。いまは感謝の気持ちで胸の中がいっぱいです。



そして、ここでもご報告させてください!

「二天一流」オリコンウィークリー9位をいただきました!!

この数字はおかげさまでしかありませんので、本当に本当にありがとう!!

すごく嬉しいです!

次につながる結果になったと思ってます。

また。ここからだよ。



以下、思い出


8月6日(日)川崎噴水広場(前)


IMG_6926.JPG


急によく来てくれたよね。マジで僕も忘れないよ。

炎天下、よくぞ一緒にお祝いしてくれたね。


来てくれてありがとう。




8月13日(日)山陰しゃんしゃん祭り


IMG_201710161600370.JPG

なるべくツイッターでアップロードした写真以外を載せていこうと思うとこういうことが起こるね?


来てくれてありがとう。




8月14日(月)ぼくラジ公開収録



IMG_6968.JPG



初の試み、大成功としかいえませんでした!おかげさまで現在放送局増えたー!


来てくれてありがとう。




9月2日(土) イオンモール大高


IMG_7040.JPG


この日のライブもよく覚えてるなー。写真見るとより思い出す。

この日は心のままに歌ったら、あんなライブができたんだよ。


来てくれてありがとう。




9月3日(日)ぎふチャン祭りミニライブ



IMG_7021.JPG


午前の部は伊東歌詞太郎。午後の部はSKE48という異色の一日。岐阜が揺れたよね。


来てくれてありがとう。




同じ日の9月3日(日)モレラ岐阜


IMG_7035.JPG


超いいライブしたんだ。覚えてる?死んでも覚えててくれ。

でもその後こんなことしてたの。


来てくれてありがとう。




9月9日(土)イオンモール土浦


IMG_7095.JPG


はじめてきた土地。このへんから前回のライブをどうやって超えるかいい意味で楽しく悩んでた。


来てくれてありがとう。




9月10日(日)音霊のなんと最終日


IMG_7149.JPG


僕のライブで堂々とフィナーレを華やかなものにできた自信がある。クレイさんありがとう!

熱すぎる夏の幕引きだったなぁ。

楽しかったし、バンドのみんなもほんとに楽しんでくれたのが嬉しい。

メンバーからも最高のライブだったって言われたけど、

それはライブ中のフロアの笑顔観たときから僕は知ってたZE。


来てくれてありがとう。



9月某日


IMG_7124.JPG


スターミュージシャンになった気分!




9月15日(土) アニメイト仙台


IMG_7227.JPG


アニメイトでイベントをするとこういうおもてなしのボードがいつもあってね...!

嬉しいんです。それを撮る僕は撮られていた的な的な。


来てくれてありがとう。




9月16日(日)北上アメリカンワールド


IMG_7196.JPG


この日もいいライブだった、からの電車待ち。

ミュージシャンは夢を語るのが好き。もしくは機材の話。


来てくれてありがとう。




9月24日(日)アルスマグナプレゼンツ「コスメンフェスティバル」


IMG_7294.JPG


アルスのみんな本当に呼んでくれてありがとう。

この日僕を初めて見てくれた人がたくさん二天一流を手に取ってくれたし、

このあとのリリースイベントにも来てくれたりで大感謝。

「チョークスリーパーまり子先生」は感謝を込めて密かに初回盤買ったよ。


来てくれてありがとう。




9月30日(土)「ZIP-AUTUM SQUARE」



IMG_7358.JPG


この日あたりから、僕の名前すら知らない人が二天一流の対応に並んでくれ始めた。

この日は10人くらいいた記憶。

なんだろう、何か変わったのかな?自分で感じてるのはひたすら必死に歌ってるだけ。


来てくれてありがとう。




10月1日(日)岡山国際音楽祭2017


IMG_7349.JPG


こんなに人が来てくれると思わなくて&「二天一流」を手に取ってくれる人がいると思わなくて、

対応が急ぎ目になってしまってごめん!でもそれって嬉しい!!

呼んでくれた牛嶋さん、そしてFM岡山のみなさまありがとう!


来てくれてありがとう。




10月3日(火)あべのキューズモール



IMG_201710161532430.JPG


この日の写真ありませんでした(笑)!新幹線で帰ってきてこんな感じで就寝した報告。

この日はライブに間に合わなくても対応にだけでも!

って気持ちで来てくれた人がめっちゃいっぱいいいて嬉しかった。

忙しくても、ライブが聞けなくてもい来てくれるって気持ちだけでうれしいもんだよ。

僕は歌を聞いてもらいたいから、いつかよろしくね!


来てくれてありがとう。




10月4日(水)ららぽーとTOKYO-BAY


IMG_201710161533520.JPG


この日も写真がなかったー(笑)!!

ということで先日の「二天一流」生放送の配信時の様子を大公開。

公共での放送より自宅での放送でしょ?


この日もすごいライブができた。

終わった後3人で感動してたもん(笑)。

いうなればバンドじゃない。柴田さんもはたっぷもサポートミュージシャンだよ2人とも。

だからこそ、この感想が嬉しいんだ。

でも僕としてはワンマンのサポートミュージシャンは「制約のない」バンドメンバーだと思ってます。

勝手にね。勝手にってところが重要だよ?


来てくれてありがとう。




10月6日(金)ニコニコ本社トークイベント


IMG_201710161534470.JPG


おなかすいてたんだよね。池袋の近所でずっと気になっていたローストビーフ丼をかっ食らった。

大げさに言うと5秒くらいで食べ尽くした。


来てくれてありがとう。



10月7日(土)イオンモール木曽川



IMG_7403.JPG


この日も多数の知らない人が「二天一流」を手に取ってくださいました。

20人くらい居たかな。怖いくらい歌が好きだって思えたライブだったんだよ。

嬉しい思い出蘇る。おかげさまだよ。来てくれないと興味持ってもらえないもん。

そこ僕はよくわかってるから。


来てくれてありがとう。




10月8日(日)川崎ラゾーナ



IMG_7571.JPG


この場所で、

柴田さんと一緒にできたことって僕の中にこんなに大きな意味があったんだって感じた。

「僕だけのロックスター」の歌詞は、無意識だった。


はたっぷと柴田さん後押しありがとう。思わず焼き肉一緒に行っちゃったもんね。

この日ついに、サインを書いたら「あ、そういうお名前なんですね~」って人が現れる(笑)!

初めて見ましたって人が二天一流の列に並んでくれたのがこの日は40人くらい。

いつも必死で歌ってるだけです。嬉し過ぎるよ。


来てくれてありがとう。




10月9日(日)ららぽーと新三郷



IMG_201710161539450.JPG


この日もよく来てくれたよね。もう前日のライブを超えたいって嬉しすぎる悩みのピーク(笑)。

やばかった。もう本当にこの日もライブを愛せた。

必死に歌っていたけど、この日「二天一流」手に取った人は、

はじめましての人が半分くらいいた気がする。

またサインで名前を知る人がいたしー!

油断すると涙出る(笑)。


来てくれてありがとう。


写真は遅くまで手紙読むのに付き合ってくれてるぽん太くん。




10月15日(日)モラージュ佐賀


IMG_201710161541460.jpg


昨日のお話。11時30分の回と15時からの回。

あんなに来てくれると思ってなかったから、

日帰りの予定で1回目と2回目の間も3時間しかとりませんでしたが...。

結果として1分たりとも無駄な時間がない良い一日になりました(笑)!


来てくれてありがとう。


写真は僕の枕で寝ることを覚えたみみちゃん。

隣で僕は手紙読んでた。





オリコンウィークリー9位、改めてありがとう。


IMG_7638.JPG


一意専心、二律背反、二天一流。

中身も結果も、しっかり心に刻まれています。

その上で目をそらさずに視線は前!


決意表明のアルバムができた。

聞いてくれてありがとう。



伊東歌詞太郎です。




アルバム「二天一流」、受け取ってもらえてうれしいです。

基本的にこのブログのコメントも、お手紙も、ツイッターのハッシュタグも、

すべて見させていただいております。



ありがとう。

中身にも特典にも喜んでもらえて、作った甲斐がある。

喜んでもらうために作ってるんだよね。

改めて忘れちゃいけないなって思う。それ以外の理由はマジでいらないんだよ。

あなたに喜んでもらえるように作るだけでいいんだよな。



そこにこだわっても仕方なくないすか?

っていうところにこそ、(歌詞太郎の場合たいてい「丈夫さ」)

喜んでもらえる秘訣があるんではないかと思ってます。



なんでこんなこと書いてるのかっていうと、

ジャケットの紙質がいいって意見があってさ、もううれしくなっちゃって。

そうなんですよ!

ここにもかなりこだわっていて、いいものを選んだから気づいてもらえてうれしいんだ。



音にも同じことが言えるんだけど、

そここだわっても気づく人いなくない?

ってところも妥協せずつくるのがいいんだって今回分かった。

普通違いわかんなくない?っていう音のこだわりをめっちゃいっぱい積み重ねていったら、

音が良くなった。



受け取ってもらえてうれしい、ってテキストでも言葉でも伝えているのは、

そう言う意味を含んでいます!


ありがとう!



さてさて、タイトルの通り「帰ろうよ、マイホームタウン」のミュージックビデオですが

歌詞太郎チャンネルでも公開されている予定の時間になりましたが、

どうなんだろう?されてるよね(笑)??

って書いてるうちに公開されてましたー!よかったよ。

ちょっと心配になってしまいました。






今回の「二天一流」は、

表現したいものを表すために無駄なものを一切省いた、

逆に言うと必要なものだけで構成したかったんですね。


というわけで!

「帰ろうよ、マイホームタウン」のMVは全部、表現したかったことに基づいています。


今回のアルバムは、もう一度僕という存在を「理解してもらいたい」、

それがテーマでした。

だから僕自身がMVに出たことも、必要だと僕が思ったからです。



これをきっかけに顔出しをしたいってことではないんです。

なんか誤解があったら大変なのでここでちゃんと伝えておきます。ここは僕が書いて僕が投稿するだけの場所だからね!純度100%の言葉だよ。


求められて必要だと判断したら出すでしょうけど、いまのところ予定はありません。



そして両親の出演は僕も電話で依頼するときちょっと緊張しました。

この曲で表現したいことの肝は、やっぱり自分の親がいないとって感じてました。

役者さんを立てる手もありましたが、僕が出てるのに親が役者さんだとね?本物感が薄れるのかなと思ってしまい…!

しかしながら(HOWEVER)、

即答で出てくれるとのことだったし、
なんならどんな服着て行けばいいかまで質問するこだわりとやる気を見せてくれて(笑)。
一安心でした。



いつも曲を作っている東西線の門前仲町駅から行ける隅田川。

僕が生み出している曲の半分以上はあの川沿いの公園で作られました。

そこが僕の音楽の源泉です。
文字通り源泉だね。

途中に出てくるシーンも、

僕が実際に通っていた学校だったり昔住んでいた場所だったり、

塾の受験勉強に明け暮れていた頃の憩いの公園だったり。


もちろん、僕が憧れにあこがれている日本武道館。



そしてもう一つ絶対に外せない場所。

JR南武線の川崎駅。



柴田さんと共にここで何度路上ライブしたことか。

ある時期は世界で一番外で歌っていたと思う。

1日5時間くらいやってたし、当時は毎日やるのが当たり前っすよね!って思っていたから、
真冬でも真夏でもマジで関係なしにやっていた。


「僕」は路上出身のミュージシャンだって胸を張ってもいいだろうか?

その時の僕に誰も見とれちゃくれなかったけど。


今振り返るとよくぞ柴田さんついて来てくれていたなと.思います。

なんか過去の話みたいに言ってますが現在でも彼はいつも絶対に僕の横でギター弾いてくれます。

断られたことがない(笑)!

二人で演奏する時は今もはや何も気にしなくても演奏が合う。

僕は彼のギターが好きだ。



僕がライブを大切に考えるようになったのも、

この経験があるからだと思う。

すごい好きだ、ライブが。



「帰ろうよ、マイホームタウン」は作った当初、

僕に帰る実家がないって感じてることに端を発していたんだけど、

なんだか最近は違う気がしてきて。


実家って一番自分らしくいられる場所なんじゃないかなって感じるようになってきて、

僕が、歌詞太郎が、一番自分らしくいられる場所って、「ライブのステージ」じゃないかって。


歌が本当に好きだし、ライブが本当に好きだし、

武道館でワンマンライブがしたい。

ミュージックステーションに出たい。
子供の頃憧れてたテレビの中のシンガーになりたい。

「以前」と比べても「歌詞太郎」が何も変わらないこと。
夢を叶えるって、この足でしっかり道のりを踏まなきゃいけないんだなって今の僕はよく分かっている。
「僕には叶えたい夢があるのさ!」
もう遠慮しないで伝えていこうと思ってる。



歌詞太郎が活躍することが生きがいだって言ってくれる両親。

「以前」と比べて変わったこと。



本当に歌が好きなんです。

言わなくても分かるんじゃないかと思うんだけど、言わなきゃなって最近思ってます。


いま伝えておかなきゃいけない言葉や曲があるんだと思ってます。

その一つに、「帰ろうよ、マイホームタウン」のMVがある。


場所も、シーンも、演者の選定も、歌詞の出るタイミングもフォントも細部に至るまでしっかり責任をもって

歌詞太郎自身が作り上げました。

MV脚本は初挑戦だし、なんならほとんど初挑戦だからすごく楽しかった!



いま伝えたいことを詰め込んだものができたと思ってます。

感想とか聞くにはどうしたらいいのかな?

ハッシュタグ二天一流みたいに作ろうかな?

#帰ろうよ、マイホームタウン かな?


このブログへのコメントでも見てるし、

もし気が向いたら感想をお届けください!


ちゃんとSNS上で話題にしてくれたり、コメント残してくれたり、

そういうことがとっても嬉しいんだってことが最近は痛感します。


SNSってホントにみんなが見られる場所だから、

影響力の強さが頼もしく思えることもあれば、その逆もある。


3年前に貶し愛というものに悩まされた時期がありましてね?

その時うまく言語化できない気持ちがあったんだけど、

きっと今も似たような感情がある気がしています。

その正体はSNSという誰でも見られる場所に書かれる、

大小のネガティブなんだろうなって今の言葉で表すならこんな感じなんだろう。


僕の音楽を好きでいてくれる人たち同士でもSNSではつながってるわけで。
だからその一言(テキスト)の影響力の大きさよ。



嫌なものはもう嫌だと責任を持って言わなきゃいけないし、

嬉しいことは嬉しいと伝えていく。




お願いだ、伊東歌詞太郎を広めてほしい。

応援されるように、いい曲を作り、いいライブをするから。



今まで考えもしなかった、

いろんな気持ちが生まれていることを感じてここ数日過ごしてます。

今の自分の状況と環境が、教えてくれてるんだなって感謝をしています。


書き上げたのは深夜になってしまった。

というわけで迷惑にならない時間にアップロードするね!


改めて「帰ろうよ、マイホームタウン」のMVをお願いいたします!
再生することがどれだけミュージシャンの活動の原動力になることか!

頑張ります。

↑このページのトップへ