伊東歌詞太郎です!




ここしばらくはお知らせが続いてしまいますと宣言してはいるというものの、

やはりそればかりでは心苦しくなってしまうので近況報告の写真を掲載していくスタイルにします。


僕の場合は写真って言うと、割とキャッツの割合が高いですよ。

歌詞太郎は猫の写真上げておけばいいだろ的にとらえてると思われたら、それは違うでしかし!って思うので、なるべく違う写真を選んでいきたい。




さて!まずは本日のお知らせを改めてブログでもお知らせいたします!


掲題の通り、

8月13日(日)、鳥取しゃんしゃん祭りに参加することが決定いたしました!!

その中の「鈴なるコンサート」にて、バンドをついに連れて赴くことができます...!


山陰でアコースティックスタイルでのライブはやってきましたが、

歌詞太郎バンドを連れていけるのは今回が初!

ついに実現しましたYO!!


鳥取市民会館にて15時開場、16時スタートになっております!


今後のお知らせもホームページにうまくまとまっているので、

そちらも参照していただけたらと思います!





昨日お知らせした、ぼくラジ公開収録の前日ですので、

もしもう一日山陰を堪能するor翌日も空いてるぜって方は、


13日しゃんしゃん祭り

14日ぼくラジ公開収録


の2日間楽しみましょうー!


行けない方は、両日ともにラジオで放送されるので一緒に楽しみましょう!




さらにエリア外でradikoプレミアムじゃないから聞けないじゃんって人は、

大丈夫、歌詞太郎はいつか必ず近くで歌う日がくるから待っててください。

これいつも思ってること。


「行きたいけど行けない」

は僕にとっては応援の言葉に感じます。

これ何度も言い続けたいこと。


音を生で聞きたいのに、いろんな事情があって聞けない!

っていう人がいるっていうのが、

僕が音楽をやりたい理由の一つになってるなって最近は感じてます。



その気持ちに嘘をつかないように音楽をやりたい。

来てくれた人も、スタッフも、僕自信も、

それこそ本当に全員が幸せなイベントを作りたい。

僕はそれが一番楽しいって思うタイプの人間です。



今年のお盆は山陰地方で会いましょうー!!




さて、冒頭に伝えた近況ですが、

美味しい牡蛎を食べました。これに尽きる。これぐらいだわ。


割とライブしてる以外は地下にこもって音楽作ってるしかないので、

思い出すと近況があまりにジミ。


IMG_201707191312330.JPG



そんな中、救世主のように現れた宝石のような牡蛎。

美味しかった。

ここ最近で一番彩のある写真これね。

フォルダにある他の写真はだいたい白いもん(猫)。


この写真は食べ放題ではないのですが、この前も牡蠣食べ放題チャレンジに行ってまいりまして、記録は50個。
以前食べた牡蠣65個の記録を越えたい。


また、明日か明後日にブログでお会いしましょう!





伊東歌詞太郎です!



お久しぶりになってしまいました。
皆さん元気にしていましたか?
まだ夏は始まっていないのに夏バテしますよね。ただバテてるだけじゃんそれ!

歌詞太郎は、元気です!


さて、しばらく経ってしまいお知らせや嬉しかったことの報告がいっぱいたまってしまいました。
今日からしばらく、あんまり間を置かずにブログにお知らせが更新される日々になりそうです。

随時お知らせしていきたかったんだけど、
タイミングとか気を使わねばならないこともあります。

今日からいっちゃうぜ!

一気に更新してもいいんだけど、あまりにたくさんの情報があると読むのに疲れちゃうからね。
少しずつ更新していきます。



今日のお知らせは、

「ぼくラジ、公開収録に踏み切る」の巻。


来る8月14日、お盆の時期に。
TSUTAYA角盤町店(鳥取県米子市)にて公開収録を行います!
観覧は無料、14時から開場して14時30分にスタートいたします。
題して、

「歌詞太郎、ここ(山陰)にいるから」
です!!


観覧希望者全員の氏名、年齢
代表者の住所と電話番号
僕への質問や斬ってほしい悩みや番組の感想などを添えて、

irukara@bss.jp

までメールを送ってください!
応募者多数の場合は抽選になりますが、たぶん送った人全員来られるから!
抽選にはならないと思うからどんどん応募してー!!


ちなみに斬ってほしい悩みはハンドルネームでも大丈夫。
仮にご家族といらっしゃっているのに、

「うちの旦那が浮気して辛いです」

みたいな悩みを相談しちゃって実名が読まれちゃったら家庭崩壊の危機ですからね。
歌詞太郎、ちゃんと気を使ってるから。

あ、でも、気になる人と一緒に観覧して

「今気になってる人がいて、その人を公開収録に誘いました。うまくいきますかね?」

みたいな悩みをくれて、あえての実名で間接的に告白するってんなら、
歌詞太郎それ優先的に読んじゃうよ。


そしてその日はまだ公開できない情報も絡んだ何かを行う予定でもあります。
マジでフワッとしか伝えられないのがもどかしすぎる。ふわふわだね。

あとは、公開収録後にもせっかく来てくれたんだから、
何かおもてなしできたらいいなって思っております。収録だけじゃあね、僕も何かしたいし!
収録中は放送にのせられることを。
収録後は放送にのせられないことでも言えますからね。
何をやってやろうかな(ゲスの極み乙女)。考えるのが楽しい。


この番組は、山陰放送のスタッフの皆様の愛が本当にありがたくて、
この前なんて泣かされそうになっちゃいました。
山陰にいける機会はなかなかないのでめっちゃ楽しみです!!!!



というわけで、お知らせの日々第一弾は

「ぼくラジ公開収録に踏み切る」の巻でした!


また明日か明後日にブログで会いましょうー!!

伊東歌詞太郎です!



先日ツイッターで「伊東歌詞太郎譜面集」が出るならばどんな楽曲を入れたらいいか?という
質問、

ハッシュタグ

#伊東歌詞太郎譜面集

をつけて希望曲をつのったところ、予想を大きく超える反応で驚いております!!!


僕は軽く聞いてみたつもりだったのですが、
ここまでの反応をもらえたので本腰入れてやらねば!という嬉しい気持ちでおります!




きっかけは先日立ち寄った楽器屋さんでした。



次に行く予定の打ち合わせ時間が遅くなり、
時間ができたのでふらりといつも行く楽器屋さんに。

特に何が欲しいというわけではなくても行ってしまう場所ランキングトップ3に入る楽器屋。
その日はビンテージのギブソンが気になったので弾かせてもらうことにしました。




ビンテージとは、簡単に言うと古い楽器です。
アコースティックギターの場合総じて新品よりも高い。

状態が良くて、1960年代前半よりも古いものだと、車が買えたりする値段もしばしば。
すごいよね。

知り合いの方でも、ビンテージギターを何本も所有している方もいらっしゃいます。
写真でコレクションを見せてもらったのですが、
これもしかして総額で家買えちゃうんじゃないですか?
って聞いたら、
うん、絶対に奥さんには値段言えないわ。とのこと。


なんだろう。
僕の感覚では年齢を重ねるとビンテージギターコレクターになる人が多い気がする。

アコースティックギターは同じメーカーの同じ型番の製品を買ったとしても、
全く同じ音が鳴るものは絶対にないから、何本もそろえたくなる気持ちは分かる。
俗にいうコレクター病。

このコレクター病がビンテージにまで手を出したら大変ですわ!



とはいえ、やっぱりいい音がするものは多いです。
古いだけで全然ならないビンテージも結構いっぱいあるんですが、
いいギターがちゃんと弾きこまれて年月を重ねたビンテージはめっちゃ鳴る。




話はそれまくりましたが、
その日はビンテージのGibson J-45を試し弾きしました。

年代が古いわりには手ごろな値段のそれは、
めっっっっっっっっちゃくちゃ鳴りました。
軽いストロークなのに音でか!!ってな感じです。


こんないい音でもなぜそこまで値段が上昇していないかというと、
その理由は一目瞭然。
あと一歩で壊れるんじゃないかと思えるほどの見た目。
状態がすこぶる悪いという点につきました。

楽器は見た目がきれいなほうが値段が跳ね上がります。
ビンテージにしては安いので僕は見た目気にしない人がこのギター買うんじゃないかな?
とか思いながら音を楽しんでました。
僕は自分の持ってるギター愛してるから買う気はないけども!
(でもマイギターより音は大きかった)


店内にその音が響いていたからか、
話かけられました。

「そのギターいい音だね!」

知らない方だったのですが、
ギブソンギターがその方も好きだということで話がはずんじゃいまして!
僕がJ-45ユーザーだと告げると同じギターを所有しているとのこと。


楽器屋さんで話し続けるのも営業妨害になっちゃうので、
近くのカフェにはいって話すことに。
すると、その方は職場に何本か素晴らしいギターがある、とのこと!
これ行くしかないっしょ的なバイブスで急にお邪魔する流れになりました!



数日後連絡してすぐにお邪魔いたしましたところ、
その方のデスク周りに鎮座していらっしゃる素敵なギターたち!

弾きたかった。非常に弾きたかった。
職場なので音が出せないのが残念でした!

しばらく話していたのですが、
僕の素性を全く明かしていなかったからだと思いますが、
君は何の仕事をしてるの?もしかしてミュージシャン?と聞かれたので、
素直にそうですと答えました。


入った時からうすうす気づいてましたが、
確実に出版社。
それも、僕はソロのアルバムリリースの時に取材でお世話になっている。

おや?とか思いながらその場にいたのですが、
絶対にお世話になった会社だったので、

「僕、伊東歌詞太郎と申しまして、2年前にアルバムを出だしたときにお世話になっているんです。」

と告げました。


すると彼は非常に驚き、
っていういか僕も驚き、


とりあえず握手しました。



こんなことってあるんだな...!
とか思いながらせっかくですのでなんか一緒にできませんか?

なんて話になり、
いろいろ話した結果、譜面集がいいのではないかということになりました。


音楽をする人口が増えたら、
音楽が好きな人が増えると僕は考えています。

それって音楽を奏でる楽しみを知る人が増える上に、
全ミュージシャンが生きていきやすくなるんじゃないか。

そんな話をしたら、
楽器を始める人の入り口として僕の曲が役に立てるんじゃやないか、
そんな風におっしゃっていただき...!

とはいえいつ出すか、
などは特に決めてないままその日はまたギターのお話をしてお暇しました。


こんな流れだったので、
僕的には軽い気持ちで、ジャブな気持ちでツイッターで聞いてみたのですが...!


そんなに反応してもらえるとはおもっていなく!
顛末を説明したならば分かってもらえる???

僕自身もギターが繋いでくれた縁にびっくりしている上に、
ライトな気持ちで聞いたんです。
だからこの反響がすっごい嬉しかった!!

軽い気持ちではなく、本腰を入れて、喜んでもらえるものをちゃんと作ります。

ということを例の出版社の彼に伝えねば!!
もしかしたらツイッターでもう知ってくれているかもしれない。

今回は顛末を知ってもらおうと思って書いたブログですが、
決まってることが少なすぎて、
フワッとしか書けない上にあらすじだけの詳細は書けない感じがもどかしかった。
どう伝えたらいいかちょっと苦労しました(笑)!


楽しいことが増えて本当に感謝です。
ツイッターのタグ、

#伊東歌詞太郎譜面集

で集計を行っていますが、かなり数え終えました。

なかにはこんな譜面集ならいいんじゃない?
というアイディアもいただいておりまして、参考にしながら作らせていただきます!

音楽の入り口になるような内容にしたいので、
初めて譜面を買った人が楽しめるものを!

というものをテーマに考えたい。

このブログのコメント欄でも希望曲、アイディアを募集します!
しっかり目を通して数えるからね!

できたらいいね!から、発売に向けて動く雰囲気にしたい。
わくわくします。

↑このページのトップへ