伊東歌詞太郎です。



ただいま真っ最中です。アルバム制作。
2年間も伊東歌詞太郎のアルバムが出せなかったのはまず、ごめんなさい。
僕自身もこうなると思っていませんでした。


まだ完成してないから思いのたけは言わないけど、
っていうかまずは完成を目指さなきゃね(笑)。


その代わりと言っては美化しすぎた表現になるかもしれないけど、
今まで僕が作ってきたどの作品よりも強い想いが込められてると思う。
込めないようにすることなんて無理だ。


発売延期もやむなしかな?
って思っていたけど、この前いただいたお手紙の内容、
すごい多くの方が、

「発売延期は許さん」

って書いてありました。

「歌詞太郎さんのタイミングでいいんですよ!」

って言ってくださる方もいるのですが、半々もしくは若干前者が多いくらい(笑)。
発売延期してほしくないくらい、楽しみにしてますよ!
って意味で書いてくれてるんだ。ちゃんと読んでるよ?

だから、延期もやむなしという考え方では今は決して動いておりません!!
日本一僕が発売日に「二天一流」を渇望している人間である自信があります。
負けないからね(笑)?

しかしながら(HOWEVER)。
日本一「二天一流」の進捗状況を知る僕です。
ほんと今日ツイッターに書きましたが55%くらいなんですわ間に合うの。

今日何とかいい感じに歌をたくさんレコーディングできたから、
終わりまで半分以上は来たかな?
ここから気を引き締めて頑張ります。
いろんなものと戦いながら、完成まで一歩一歩やってるよ。


10月4日には店頭に並びますように。


そんな感じで、たくさん歌詞太郎イベントが決まってます!
最近、すげぇライブばっかりやってるから覗いてごらんよ。
外でもモールでもホールでも関係なく音楽できてるから。

ホームページをチェックしてくださいね!
夜遅い時間に更新失礼します!

またね?

伊東歌詞太郎です!



二天一流の制作がすごく楽しい!
それに没頭する日々です。

今回は音周りの制作はもちろんですが、
ジャケットやブックレット、秘密のライブ(?)やイベント内容なども、
僕自身が考えております。



今回やりたかったことを表すと、
言葉での表現は様々だけどこんな感じだろうか。

「熱を感じる作品を作りたい」
「血が通った作品を作りたい」
「等身大の作品を作りたい」
「初めから終わりまで真正直な作品を作りたい」

どれも当てはまると思う。

ここまで作ってきて思うのは、
自分がやりたいと思ったことを作品に反映させることができているのが幸せだということ。
このまま制作が進めば、すごく大切な作品になると思う。


そんな作品を8月5日に生放送にて発表いたしました。
まだ2週間も経ってないということに驚きを禁じ得ない(笑)!!

もう2か月前くらいのことに感じる。
制作や山陰での2日間ライブしたりで、きっと中身が詰まっているからだろうか。


二天一流の発売日は10月4日。
ひととおり告知する内容は話し終えたところで、

「今から1時間後に川崎で路上ライブします!」とつたえて機材もって家を出る。

やりたくなっちゃうんですこういうこと。
その日は関東でいくつかの花火大会が開催されていて、
電車が遅れまくりめっちゃどぎまぎした。

結局、到着したときには川崎路上ライブベストポジションを確保してくれた柴田さんが、
告知を知って来てくれた人たちに囲まれていた(笑)!


東京近郊で突然路上ライブができる場所はもはや川崎くらいしかありません。
聖地というよりかは、最後に残された場所って感じ。
突然どころか個人で許可取ろうとしてもほぼ断られてしまうし、
いい場所でフリーイベントを行うにはオトナの力を使わないと難しい。
とはいえそういう状況は逆に燃えるのが歌詞太郎ですけれどもー!




川崎に到着したら、柴田さんがいて二人で演奏をする。
足を止めてもらった人に自分たちのことを説明する。
そんな未来を描いていました。



本来の僕の路上ライブは、立ち去る人の足を止められるかが勝負。
それほど魅力的な音楽を奏でないと勝負にならないのが自分の中での川崎のルールでした。

1時間後にライブしますと伝えて来られる人なんてほとんどいないだろうと思ってましたが、
なんと400人ほど来てくださいまして...!
手描きのチラシを余裕もって200枚コピーしていたのに、
追加追加で結局なくなってしまいました。


その時僕は、なんて心強いんだろうって思ってました。
仲間がいないで柴田さんと2人だけで戦うのも大好きだけど、
その場所にいてくれて、初めから一緒に戦ってくれるのも嬉しすぎる。


僕は、絶対にどれだけ味方がいてもそこに頼り切った歌はうたわない。
僕は、絶対にどれだけ味方がいなくなっても挫けない。

5日の夜は、そんなこと考えちゃいました。
この日の歌は、すごくいい歌だったって夜眠る前に実感しました。
ボーカリストとして幸せな感情です。


また忘れられない日が増えた。


突発的にやったけど、
これから先、いろんなところでイベントに呼んでもらえています。
まずは8月13,14日の山陰!

この日は今思い出してもちょっとよくわからないくらい良いライブできたし、
山陰を観光させていただけたので今後ブログに書きたい。


各地マジでできる限りまわろうと思っていますので、
もし都合が合えばありがとうを言わせてください。


そして翌6日、もはや感無量。
IMG_6926.JPG



前日告知失礼しました。その上詳細も特に言えてなかった。
決まったのが直前だったから実際どこまで何ができるのかわからなかったからではありますが、
それでも来てくれてありがとう...!

炎天下を700人がさらに熱くしてくれた。
僕はのせられた(笑)!ほんとに。嬉しかった。
いつも全力で歌うのは当然だと思ってるんだけど、
全力を超えたものが見えた。

僕の夢のひとつに「歌そのものになりたい」
というものがあるのですが、なんかちょっと夢かなっちゃうんじゃないか、
そんな気持ちにさせられました。

「歌そのものになりたい」って意味わからないと思うんだけど、
うまく説明できない(笑)。
歌がうまくなりたいとかそんなのマジでどうでもよくて、
うまい歌とかじゃなくて、説明できない圧倒的な歌をうたいたい。

歌を愛する気持ちが2日間でものすごい溢れたことがはっきり実感できて嬉しかった。

こんな気持ち、一人で歌ってたら味わえなかったかもしれない。
こんな突発的な路上ライブに集まってきてくれてありがとう。
仲間に対する感謝。
なんかさっきも書いたけど、路上ライブは僕の中で戦いだから、
初めからいてくれる人は一緒に戦ってくれてる!仲間だ!って感覚があるみたいです。
書きながら気づいた。
来てくれるあなたがいたからこその歌だったと思う。
圧倒的な感情になった瞬間が確かにあった。
この日のライブを超える歌を絶対に歌ってやるって終わった後、そのことばっかり考えていた。


仮に一人で歌っても僕と同じ気持ちで歌えるボーカリストがいたら、
ちょっとそいつにはかなわないかもしれない(笑)。
仲間と共に気持ちがつながって奏でる音楽と歌、これが最強なのではないだろうか。

超えていきたい、この時の自分を!

あなたにまたライブ見てもらいたい。
そのために、日々音楽を楽しんで、もっと愛していきたい!

僕はもっと音楽を愛したい。


そうだ!!
伊東歌詞太郎ワンマンツアー2017「火鳥風月」の2次先行が始まっています!


伊東歌詞太郎HP

このホームページクリックするとフワッと出てくる、
まるでポップアップ広告みたいな、広告じゃないんだけど、
その画面に従ってチケットが予約できます!

1次先行よりも数が多くチケットを用意してあります。
1次先行で潤沢だったので今回はより潤沢ということで、

J . Y . U . N . T . A . K . U .

ワンマンツアーは3回目 J Soul Brothersということで、
お待ちしております!!!!

またね!

伊東歌詞太郎です!




8月14日、すでに告知をしたのですがぼくラジの公録がございます。


そちらは山陰放送さんが会場を確保してくださったので、

スペースの都合上人数を制限しなくてはいけませんでした。



とはいえお盆の平日の昼間から来てくれる人は、

なかなかいないんじゃないかなーと思っておりましたし、


けっこうな人数を想定していたんです。

要するに潤沢にお席を用意してたんです。






マジですからね?








「要するに潤沢」って「要潤」みたいだね。








話それましたがマジですからね?

なんと予定人数を超える数が集まってしまいまして...。

真面目に予想外でした。ほんとに来てくれるのかな...(笑)?



というわけで、

その日山陰に来たくても来られない人が多少出てきてしまいました。



その上、前日13日はしゃんしゃん祭りにてライブ。

話はそれますがこちらも鳥取市民会館にて!!

今回も感謝と歌が好きな気持ちを全力で込めてやります。

山陰初の歌詞太郎バンドでの演奏ですし!




前日は行くけれど、14日は来られません...。

という方もいらっしゃいます。

直接伝えてくれてありがとう、そうじゃなきゃ気づけなかった。



一人でも望んでくれるなら、僕は歌を聞いてもらいたいので、

公録後に路上ライブできないかなって思っちゃったんです。

僕はほんとずーっと路上で歌ってきた身ですし、思いつくことはすぐ路上。

何かできないかな?と思って口を開けば路上。


路上の聖地川崎は特に思い入れが深い、って話は次回に回します!

今回話それまくってるから。



なんとか、やれちゃいませんかね?ってわがまま言ったら首を縦に振っていただけました!



もう山陰放送さんもあきれてるんじゃないだろうかと心配しましたが、

公録後にライブする場所をそのらまま時間延長で確保してくださいました!!!!!!

あきれながら確保してくれたのかもしれないけど...?



ほんと嬉しい。

望んでくれる人の前で歌うことができるのは贅沢な幸せです。

ご褒美的な感覚です。




もし13日見に行くけど14日までいるよ!って人がいたら聞きに来てくださいな!

もしくは13日行けないけど14日ならって人や、

両方行ったるわ!という猛者も全力で歓迎します!


詳細は歌詞太郎ホームページに分かりやすくまとまってます!!






情報がブログだけではスピードが遅い!

と感じた方は、HPをこまめにチェックしてくださいな...!

ちゃんと伝わるように僕もブログ、ツイッターなどで呼びかけますゆえ...!


SNSでホームページ並みに情報をまとめてくださっている方にも:感謝。

っていうかこのブログ見てくれてるあなたに感謝。


というわけで、ぼくラジ公録後にお会いできる方はよろしくお願いします!

ますます楽しみになりました!


またね?

↑このページのトップへ