伊東歌詞太郎です!



発声許可が出て、出版をいちばん順調なスケジュールで進めることができることになりました。
プロットはだいたいまとまっていたので、
2月頭から書き始めて1か月で書き終えると出版社の方に超大宣言した僕。


2月24日当たりに気が付くわけですよ。



2月って、



2月って、



28日までしかないやん!!!




24日の時点で僕はあと一週間くらいある気持ちでいたんですけど、
このままいけばちょっとだけ間に合わない感じでした。

自分で宣言した締め切りですから、守らないと超絶失礼なので、
2月最後の方の週は余裕なんてまったくなく、何とか書きあがった感じでした。
次本を書く機会があった時は、2~3か月かけて書きたい。


書きあがってから大急ぎで出版に関するイベントの打ち合わせをしまくっていたら、
気づいたら残りの休める日数が15日間になってしまいました。
発声許可が早まって、イベントが早くできるようになったのが原因です(笑)。

免許を取る最短の日数は15日。

というわけで大急ぎで申し込んで、東北にある自動車学校へ合宿入学しました。
1日でも何か失敗があると、帰京の日が1日ずつずれていきます。
僕は最短卒業日の翌日に声優さんとの朗読会の読み合わせを入れていたので、
帰京がずれることは許されない。


そんな状況になっちゃった。


仮免許の学科、運転技能。そして卒業試験。これらで一度でも失敗すれば強制帰京&一からやり直し。
こんなにギリギリな感覚を味わったのは、アルバム「二天一流」の制作以来。
(意外と最近じゃないか。)


落ちたら即帰京はさすがに時間的にも費用的にも悲しいので、
めちゃくちゃプレッシャー感じて毎日過ごしていました。


卒業試験、僕は勘違いしていて、
運転技能の試験だけじゃなくて、学科試験もあると思っていたので、
前日までめちゃくちゃ勉強していました。
まぁ、ないんだけどね。
卒業試験は運転技能だけだからみんなは間違えないでね(笑)!


結果的には仮免許試験も卒業試験も一発合格し、予定通り帰京できました!


翌日、東京での本試験すぐに受けて合格し、免許交付となりました。
勘違いしてめっちゃ勉強したおかげです(笑)。人生に無駄はないのかも!

こんなに勉強したのは久しぶりでした。終わってみたら楽しかった。

そんなわけで昨日からは頭を切り替えて出版モードです!

明日4月12日(木)、池袋ニコニコ本社にて、朗読のイベントがあるワークショップが開催されます。
こちらのイベントは観覧無料となっております。


ニコニコ本社ワークショップイベント

朗読会は18時30分から。
転換を挟み、
ワークショップは19時30分から。
詳細は上記リンクを参照ください!

池袋にて、お待ちしています。
ではまたね!

伊東歌詞太郎です!






小説の出版を正式に発表いたします!



5月16日(水)


タイトル「家庭教室(かていきょうしつ)」


詳しくはホームページにもまとまっています。
NEWSページとEVENTページはこちらから!

お知らせできてすごくほっとしています!

初めて書いたもんだから手探りの連続でした。

なんとか発表までできたということが今の僕にはとてもうれしいです。


会話の許可ならびに、来月どのくらい話せるのかのめどが立ったのでこちらも発表します!

朗読会のイベント開催!


リハビリを普通にしていれば1か月あればもはや制限なく話ができるようになる見込みですので、

僕はリハビリの目標をこのイベントに定めることができていい感じにやる気出ます!


4月12日(木)※ニコニコワークショップ

4月25日(水)

5月2日(水)

5月9日(水)

5月17日(木)※ニコニコワークショップ

5月18日(金)


場所は大人の事情により「都内某所」と表記することしかできませぬが、

当選した方に行く連絡に明記されています。


そして4月12日、5月17日のニコニコワークショップは無料イベントで生放送が入ります。

池袋のニコニコ本社にて。


今回書いた小説の「家庭教室」は短編で構成されております。

その内容をベースに朗読会用のシナリオを作成し、

1話ずつ朗読して内容を伝えるイベントにしようと考えています。

今回なんと声優さんの力をお借りすることができるとのことで、

顔合わせやリハーサルはこれからなのですが楽しいイベントになるように頑張ります!

作者本人も、読みます。

自分で書いた内容を自分で読むのって、すごい恥ずかしいんじゃないかって一瞬思ったけど、

自分で作った曲を歌って生きている人生なので大丈夫だと思いなおしました(笑)。

やることは変わらないか!


朗読会の会場は、椅子席で車いすなどの対応もばっちりです。

気軽な気持ちで遊びに来てください。

音楽ではない、新しい形でのおもてなしを楽しんでもらえるように準備いたします!

(もちろん、音楽でも早くイベントしたい)


声が出せるようになると、こんな風にいろんなことが一気に進んで、

ここから動いていくぞ!って気持ちです。


一日一日、復帰に向けて頑張ります!

伊東歌詞太郎です!




東京は気温が上がって晴れた日が続くようになってきました。
それだけで気分が良くなります!東京でそんな感じに過ごしています。
みなさま3月も半ばになりましたがいかがお過ごしでしょうか??

僕はおととい、発声の許可が出ました!

時間の制限がありまだずっと声を出してもよいというわけではありませんが、
少なくとも来月には何も気にせず話をしてもいいようになれそうな見込みが立ちました。
筆談生活は終わりを迎えました。

声が出せるだけで気持ち的にはすごく楽になります。
まずは声が出せる段階まで細かく病状を見てくださっていた病院の先生たちに感謝です。
まだ違和感がありますが、1,2か月でまったく感じなくなるだろうとのこと。

今後は歌うことが再開できるように引き続き慎重にやっていきます。


執筆の方は「内容を考えて書く」ということは一段落しました。
今は誤字脱字と、文章が読みにくいところはないかチェックしています。
この作業は必然的に書き始めの方から順に読み直して進めるのですが、
初めの方の文章は不慣れ感がものすごいことになっていて読んでいて恥ずかしくなりました。

2月1日の頃の自分は手探りでやっている感覚はありましたが、
自分で感じていた以上に手探りすぎてびっくりです。
自分としてはこれなら楽しんでもらえるレベルに達したぞという判断が、
最初の頃は甘すぎたことが分かりました。
特に、本全体の一つ目の区切りまでは、結果として8割くらい新しく文章を書き直してしまった(笑)。
完成まではあと一歩なので、引き続き頑張ります!

そして話ができるようになってからこの本をどうやって出版していくか、
という話も急ピッチで進めています。
メールで話し合うと1日かかるところが会話だと15分くらいで終わる。ほんとびっくりする。
会話って、膨大な量の情報のやりとりができて便利なんだということが分かりました。
声が出るようになってから連日打ち合わせする時間を作ってくださっています。
先方も僕の状況に気を使ってくれて、なるべく話さないようにとか、
時間が長引かないように話をしてくれて、そういう気遣いに感謝。
読んでくれた人と関わってくださった人の両方が喜んでもらえるような作品になるように、
今まで動きが鈍かった分、一生懸命やろうと思っています!


今日も先ほどまで打ち合わせしていたのですが、お知らせできることが固まってきました。
明後日の16日に、文字上でお知らせする運びにさせてください。
本当は大切なお知らせは生放送などで直接声で届けたいのですが、
会話と違って一人で1時間しゃべり続けることのリスクはまだあるとの見立てだったので、
ごめんなさい。

完全に書き上げたら、太陽の光を昼間から浴びに外へ出たい!
近いうちにお知らせのブログを書き上げますゆえ、よろしくお願いします。
またね!

↑このページのトップへ