伊東歌詞太郎です!

石川県のホテルにて、山陰放送のぼくラジを聴きながらブログを書き上げております。
ホントに、第108回はいろんな意味で愛に溢れた回で、改めて聞いて照れくさくも嬉しい。

さぁ、今日から夏休みの人もいるだろうか。皆さまいかがお過ごしでしょうか??
夏休みじゃない人は、ご苦労様です!今年の夏は無理のないようにね?


さてさて、本日のブログタイトルのお話をしていこうと思います!応援、ということです。

まずは家庭教室を応援してくれる店舗が、どんどん増えていることです。
毎日、応援店舗として手を挙げてくださる書店さんが増えていること、編集長から連絡来ております!というわけで週明けにでも歌詞太郎先生はカドカワへ出社してまたメッセージ書きます。感謝。

カドカワも、以前お話ししていたように、
家庭教室の感想を特設ページにして全て掲載してくれてます!!

感想をもとに店頭に展開するためのポスターを作ってくださっているのですが、本当におかげさまでたくさんの感想が寄せられました。
物理的に全て掲載することは不可能なので、特設サイトを作る、というその心の動きが僕は本当に嬉しい。
カドカワ、という大きな大きな大きな会社が、「家庭教室」という作品と、その作品を読んだ人のことを大切に考えてくれていることが感じられる。
それが嬉しい。なんども言うけどすごくすごく嬉しいです!!
感想は全てに目を通させていただいています。ありがとう。それぞれが本気で、素直で、熱く、気持ちのこもった文だということがしっかりと感じられます。

応援店舗として手を挙げてくださった書店さんには上記の感想が彩られたポスターが届くということで、先日カドカワへそのお礼にと一店舗ずつ一筆書かせていただいたんです。そのリストの中で見つけた「福井 勝木書店」の文字を僕は覚えておりました。

というわけで本日は福井に来てましたのでふらりと福井駅前の勝木書店さんへ(連絡なし)訪店をしちゃいました!

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8385.HEIC


ご挨拶と感謝を受け取ってもらえただけでなく、色紙にサインまで書かせていただきましたー!!

もう残り2冊しかなかったのですが(カドカワに無断で)サイン本化してきました。

しかし一冊は僕が買ったので勝木書店さんには、はいもう残り一冊しかありませんー。はいー。

ホテルにて、勝木書店のブックカバーと共に。
2fadd2kdH5.jpg
そしてその残った一冊も、店員さんが欲しいと言っていたので、はいどうなるのかわかりませんー。はいー。

そして応援ということでもう一点。
本日なぜ福井県に来たのかというと、ライブをできる場所を求めてです。

2年前からお声がけいただいている場所がありまして、本日そこへ視察と打ち合わせに参りました。

のどかー。夏感じるー!!
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8381.JPG

とてもいいお話ができまして、実現に向けて大きな一歩を踏み出すことができました。
屋根はちゃんと付いております。今年はヤバいからね、太陽が。

というわけで歌詞太郎はいま、日本全国で路上ライブができる場所を求めています!!!!!!!!
もし応援してくださる方がいらっしゃいましたら仕事用のメールアドレスも公開しておりますし、ホームページのコンタクトもございます。連絡を下さい!いままで通り全てにお返事できるわけではありませんがなにとぞ、よろしくお願いします。


そして僕がなぜ石川県に泊まっているかというと、福井だと思って予約したホテルがなんと石川県だったからです。近くてよかった…。
ちなみに福井は今日ほとんどホテルが満員でした。
あわら市のあたりの温泉付き高級旅館の3万円コースあたりからはちらほら見つかるのですが、一人で高級温泉旅館懐石料理付きをキメるのはなんだか女将さんに「お食事はこちらでおしまいですが、このあと東尋坊には行かれませんよね…?」とか誤解されそうなのでぶっちぎり余裕でやめました。


でも石川県でも、もちろんやれる場所探してます!

福井まできたらさすがに1日で往復はキツいかと思ってホテルとったけど、意外といけそう。
自分がドライブ好きだったことに初めて気がつきました。

路上ライブの会場の視察なども含めて、車を使えるようになってとても音楽がやりやすくなりそうな予感がします。
車の免許を取ったのはこのためですから、免許とってよかったー!って思います。
自分の車を持つことに憧れはしますが、しばらくは妄想だけで楽しむ(笑)。

7月25日、渋谷O-EASTでの今後2度とやることはない復帰ライブ後の未来も見据えていきます!


あ、なんか眠くなってきた(笑)。
ホテルとってよかったかも。
おやすみなさい…。

725日に開催されるTSUTAYA O-EAST公演は多くの方からのエントリーを頂き、

一般発売と同時に完売となりましたが、皆さまから熱いご要望を頂きましたので、

急遽ワンマンライブHAPPY UNBIRTHDAY TO YOU」の開催が決定致しました!

 

そして友だち登録をして頂いている皆さま限定で、本日713()19時より抽選先行受付を開始致します!

■お申込みは下記URLより、専用申込ページへアクセスして下さい。

http://eplus.jp/ik-line/

【受付期間:7/13()19:007/16(月祝)23:59

※本受付は先着順ではなく抽選制となりますので、受付期間内のお好きな時間にお申込み下さい。

 申込みの順番は当落には一切関係致しません。

 

伊東歌詞太郎ワンマンライブ「HAPPY UNBIRTHDAY TO YOU

201898日(土)

岸和田市立浪切ホール 大ホール(大阪府)

開場 16:00 / 開演 17:00

全席指定 4,500

■チケット一般発売:84日(土)


という情報をLINE公式アカウントでみなさんに送りたかったのですが、
何かの手違いだと思うのですが「伊東歌詞太郎公式LINEアカウント」が存在しないことになっていました。
いま僕も歌詞太郎infoも原因を探っております。

19時からの告知になるはずだったのに遅れてごめんなさい...!

ブログにてまずは告知失礼します...!

上記の通り、大坂でも大きな会場を押さえられました!
復帰ライブの第2ラウンドだと思っていただければ幸いです。よろしくお願いします!

伊東歌詞太郎です!



先日、すでにお知らせしましたが家庭教室の3刷りが決まりました。
僕にとっては夢のような話で、
自分が書いた本が3刷りまでいけるなんて思ってなかったから、
めちゃくちゃ嬉しいです。


どうしてこんなに嬉しいのかを、ちゃんとブログでも表現したくて、
こうしていま書いているんですけれども、
いざこうして書いてみると読んでくれた人に正しく伝えられる自信がない。


ぜんぜん進まないので(笑)、ものすごい要点だけ伝えると、
書き上げた作品を受け止めてくれたことが本当にうれしい。

どうなんだろう、やっぱりものすごい要点だけにしたからか、
言葉にすると、なのか分からないけど、どこか心の中とは違う気がするなー。


受け止めてもらえないことが当たり前の世界を選んで僕は生きていること、
ちゃんとわかっています。
それは音楽も、出版も、変わらないと感じています。

そんな世界で、あなたがしっかりと「家庭教室」とう本を受け止めてくれたことが嬉しい。
いつもと言ってること変わんないじゃんって自分でも思うけど、
出版も受け止めてくれたんだ!って、そんな感じで嬉しいんです。

むむむ、ぜんぜん心の中を表現することはできなかった(笑)。
とにかく、

「ありがとう」「おかげさま」

煮詰めたら結局この二言なんですけれどもね?



そして先日お知らせしました、読者アンケート。

KADOKAWA 読者アンケート

こちらに「家庭教室」の感想を書いてくださいとお願いしました。

今現在、多くの書店さんが「家庭教室」に注目をしてくださるようになりました。
カドカワ社への問い合わせがとても増えてきています。
この状況はただただおかげさまで、あなたが手に取ってくれたからです。
というわけでカドカワ社と書店さんが「家庭教室」に対して非常に熱意を持ってくださり、
3刷りの決まったタイミングで、ポスターを作って展開をしてくれるということに!

先のアンケートに書かれた感想がポスターに掲載されることになっています。
つまりこの展開に、また皆さんの力を借りたいなと思っています。

しかしながら非常にたくさんのアンケートが集まったようで、
カドカワチームがびっくりしてます(笑)!
逆にこれだけ集まってポスターで一部しか使われないのはもったいないので、
さらなる施策を考えてくださることになりました。

カドカワチームが「家庭教室」をすごく愛してくれているのが僕にも分かるし、
こうやってアンケートがたくさん来たからこそ、
すべて活かすことはできないかという発想についてきてくれるのが嬉しい。


今のところ予定されている出版イベントは岡山と山陰の2か所ですが、
これは当初の予定にはなかった、追加公演的なイベントです。

僕はアーティストなのでむしろ土日にライブやったりイベントやったりは普通の感覚だから、
途中まで気が付かなかったけどふと思った。カドカワは土日休みだと(笑)!

というわけで岡山と山陰はカドカワチームは帯同しないはずだったんですけれども、
なんか一緒にイベント周っていくうちにグルーブ高まって、
どっちも来てくれることになりました(笑)。
ほんと無理しないでくださいって言ってたんですけど、そんな心意気がマジで嬉しいよね。


彼らにその時言われたのは、
歌詞太郎さんのイベントにくる人は見ていて気持ちいい、
むしろ横で見ていてちょっと泣いてしまうことがある、なんて言ってました(笑)!

カドカワチームだけでなく、ヴィレッズィヴァンガードゥの各店舗のイベント担当の人、
紀伊國屋、宮脇書店、星野書店、どこに行ってもみなさん驚いてます。
マナーがいいとか、とっても雰囲気がいいとか言われます。

僕がほめられてるわけじゃないんですけど、
なんか僕がほめられてるみたいな気持ちになりまして、
そう言ってくれた人に頭を下げつつ心の中で超絶ドヤってます!

そこに関してはイベント来てくれる人に全幅の信頼を置いてる系アーティストなので、
そういう類のことを言われると、あーまた言われちゃったー?参ったなー?
みたいに思ってすごい気持ちいいです(笑)!

カドカワチームや書店のグルーヴ高まってる理由は、ここによるところが大きいと感じてます。
3刷りまで連れてきてもらった上に、ポスター施策の協力も仰いでいますが、
引き続きお付き合いいただけたら嬉しいです。

アンケートまだ僕は見られていないのですが、当然必ず全部見ます。
僕の作品に価値をつけてくれてありがとう。


今この気持ちをふんだんに入れ込んだ曲を作りたいと思っています。
7月25日というはっきりとした目標ができてから、やっぱり視点が定まった感覚があります。
日々、もっと頑張ります!

↑このページのトップへ