伊東歌詞太郎です。

2017年は、本当に実りある年だったと思っています。それもひとえに皆様のおかげです。
おかげ様です。
ありがとう。


生きてればいろんな感情を味わいます。楽しいとうれしいと幸せだけでももちろん良いのですが、
悔しさ、絶望、憎しみ、そういう感情を味わったら、
楽しいとうれしいと幸せというものが、深みを増していく。

「悲しみの意味を知る度に、希望の喜びがわかるから」
これに類することは世間ではよく言われていることですが、これは本当のことだと思います。

深く感情が振れた一年。
その分、作る楽曲、歌詞、アレンジにも深みが出ると信じてます。

いい一年でした。


2018年、今年はもっと深い感情を味わうんだなぁと思うと、
どれほど音楽の深淵からいかなるメロディーをとりだすことができるのか、
入ったことのないような深い意識からどんな言葉を見つけ出すのか、
すごい楽しみです!

悩みや悲しみ、悔しさが大きければ大きいほど、時間が長ければ長いほど、
成長して幸せや楽しさをつかむことができる。
しばらくしたらまた別のことで悲しんだり、悔しかったり悩んだりする。
繰り返してどんどん幸せは大きくなっていく。


僕の人生は振り返ったらそれでしかなかったので、
2018年は大きな幸せを歌にのせて届けられるようになりたい。
それが僕の小さな夢です。絶対にかなえるつもりです。




2017年12月、年末の寒い中フリーライブに参加してくれてありがとう。

新しい発見だらけの、刺激的な日々でした。
フリーライブって、もっとも素材そのままでの音楽の提供なんだけど、
僕はこれが大好きです。
2018年は素材にもっと磨きをかけるつもりです。
そういう音楽の出し方はこれからも大切にしていきたい。


ポプラのシークレットライブ、これも忘れられない。

神社の建物の一角を使わせてもらったんだけど、
当日行って僕もびっくり。もうね、その場所音楽やる雰囲気じゃないの(笑)!
畳に座布団、普通の家に楽器持っていきましたみたいな(笑)!
でもどんな場所でも僕は自分の音楽を信じてるから、いつも通り全力で歌ったらさ、
当選者の50人、全員泣いてたね(笑)。
見逃して一人くらい泣いてない人もいたかもしれないけど、
とりあえず僕はびっくりしてしまったよ(笑)。受け止めてもらえてすごくうれしくてね。
場所や雰囲気にすら左右されないで心を動かす音楽、もっと奏でられるようにするからね。



カウントダウンジャパン。

このステージに上がるまでのプロセスが僕の中では複雑だったので、
ステージに立った時に嬉しくて足が震えてしまった。生まれて初めてだよこんなの。
リハーサルの時、僕にとっては大きなステージでだったので、半分以上スペースがあった。
ステージの上だとよく見えるんだよね。ハッキリと。
全力で歌って、外にいるお客さんに届けたかったんだ。

5曲歌ったんだけど、マジで意味わかんない光景だった。
ステージの上だとよく見えるんだけど、人が入ってきてくれるんだよ。
僕はそれを見て歌いながら胸がいっぱいになってしまったよ。
終わった時にスタッフの方に聞いたんだけどあと200人で入場規制だったんだってさ。
惜しすぎる!!次は入場規制かけるほどの音楽を届けたい。



ナガシマカウントダウンパーティー。

晴れてよかった!
2年ぶり2度目の出場。
どうしてだかわからないけど、声ではなく、心を伝えたいって強く思った。
大晦日も本当にいい光景でした。外でもあなたの声と手拍子がよく聞こえてきてたよ。
ありがとう。
終わった後やけどするほどメンバーと熱い話ができたから、
このライブが非常にいいものだったんだって思った。
歌詞太郎まわりだけ朝五時まで話し込んでて、
気が付いたらほかのアーティストチームいなかったよ(笑)。
いい年明けでしょう?



ありがとう。
今年も心を動かす音楽を常に目指し続けます!

メリークリスマス!
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

素敵な年末になっていることをお祈り申し上げます!

さて、伊東歌詞太郎より妙なお知らせです。
なんかこう、シークレットライブの予定があるじゃないですか。

こう言われて心当たりのある方は、とある「手続き」を踏んでみてください。
情報が更新されているかも…?


仮にシークレットライブがあった場合今回はなんと入場料100円がかかるということで、その説明をさせていただきたく、クリスマスにブログを書いております。


許可を取った施設の方からアドバイスをいただきました。
「この場所は公園に寝泊りしている方が多少いらっしゃるので、完全にフリーでやった場合、本当に音楽目当てではない人が紛れ込んでしまいます。
いままでのケースでは入場料をとればそういうことはほぼ起こらないので、そちらをおすすめします。」
とのことでした。

というわけでシークレットライブが仮にあったとしたら、100円を握りしめて来てください。
完全にフリーにできなかったのは心苦しいですが、もろもろの事情を考慮したら施設の人のアドバイスの通りにした方がいいなとの判断で…!

シークレットライブという性質上、ここまで説明したらシークレットライブじゃないじゃん!と思うでしょうが全くその通りです(笑)!

年明けも、歌を届けられることが僕にとってとても嬉しく幸せだと感じています。
この日のライブも素晴らしいものにするため、全力で音を奏でます。楽しもう。

もしよろしければいらしてくださいな。

改めて、いい一日を。
またね!

伊東歌詞太郎です。




追加公演、これで今申請していたところはぜんぶ結果が出た形になります。

行けなかったところも来年以降でもちろんまわれたらいいなって思っております。



●12月8日(金)


ところ イオンモール盛岡南

とき 17時ライブスタート(物販は16時から)


●12月15日(金)


ところ 岡山県イオンモール岡山 未来スクエア

とき 17時ライブスタート(物販は16時から)



もちろんどの地域の「火鳥風月ツアー」半券や、「グッズを買えなかった券」持ってきてもらっても、

ステッカーと交換いたします。

チケットは思い出もあると思うので、もちろんこちらで回収することはしません。


ライブは誰でも見られるし、誰でも物販に参加できるし(ワンマンで買えなかった人が優先だけど)、

そのあとの対応はCD持ってなくてもグッズ買わなくても関係ない。

来てくれた人には時間が許す限り対応いたします!



あー!一点お知らせが!



今回のグッズでトートバッグを出したのですが、

こちらが生産が追い付かないほどの人気が出ましてですね...!

通販でまた速効なくなってしまったとのことで...。

歌詞太郎の抱えている在庫、というより大もとの工場に在庫がなくなってしまいまして(笑)。


笑い事じゃないんだけど!


15日の岡山公演までトートがない、という事態に陥ってしまいました...。

予想外でござんす。嬉しいけど!



なので、それ以前のフリーライブでトートバッグをご希望の方は、

物販で一筆書いていただくことになっちゃうのですが、

出来上がり次第、送料はかからないようにしてお届けします!



生地とデザインにかなりこだわったので、

好評だとすごく嬉しいです。



ホームページで前回のブログの内容とともに分かりやすくまとまってます。



年末の忙しいときだけど来られる方は一緒に楽しもう!



もちろん、ポプラのスクラッチは上記2か所でも持っていくので、

キャンペーンに参加できなかった人はガンガン削っていって下さいな。


洗剤と絵の具の割合によってめっちゃ銀の部分が固くなる傾向にあるので、

削るときは思いっきり力を入れて一気にやるのがおススメです(笑)!



ではまたね!

↑このページのトップへ