伊東歌詞太郎さんのブログが投稿されたので
初めてブログを書きます。

長野から出てきて早2ヶ月
慣れない都会暮らしによく体調を崩す日々で、結構参っております…

そんな時、よく小説を読むのですが
これがまた難しく、勉強になる本で
深夜まで読んでしまい、寝不足の日々です。
幼い頃から妖怪がとても好きで、
生まれ変わったら妖怪になりたいとさえ
思います。
そんな妖怪の出てくる小説を深夜に
読み、昼間は最近、川端康成さんの
伊豆の踊子を読み返しています。
何回読んでもいい話ですね、他にも太宰治さんや夏目漱石さんの本、沢山の
文学者の本を読んでいます。
落ちてきますよね、本って。

歌を歌ってる時も楽しいのですが
また本を読むと自分の知らない世界が
広がって想像力が高まっていくのが
なんとも言えない楽しさがあります。

本が好きでない方も読んでみると
意外とハマってしまう本もあると思います。
ぜひ、本を読んでみて欲しいです。