月別アーカイブ / 2010年11月

こんばんは


昨日の続きです。


”正解”に振り回されない

パーソナルカラーの取り入れ方とは

どういったものでしょう。



ring for lulu sweet style blog


本来パーソナルカラーは

正解を限定するものではなく

よりベターなものを知るためのツール。



限定して、幅が狭まるよりは


苦手色(似合いにくい色味)の

面積を小さくしたり

ボトムに持ってきたり


逆にお顔の周りには得意色(似合う色味)を

意識してみるとか


そういった使いかたであれば

迷うことは少ないですよね



テイストに関しては

もっともっと言えることで


この色味だからこのテイスト!

という言葉には

ほとんど意味がないと思います。



確かに、その色味から

連想しやすいテイストはありますが

(ゴールドやワインレッドなどを含む”秋”カラーなら、ゴージャスなど)

それは、色に関してだけのことであって



その方の雰囲気・キャラクター・ライフスタイル・・・

そこを一切無視した判断だからです



パーソナルカラーは

上手に使えばとても頼りになるものです。

でも、とらわれすぎてしまうと

逆にオシャレの楽しみを奪うものにもなり得ます。



頭を柔らかく、良い部分を取り入れて

自分らしいオシャレを楽しめたら良いですよね





先日新宿にて

カウンセリングショッピングアテンド

させていただいたお客様から

感想が届きました


-----------------------------------------


ともみ様

昨日はありがとうございました。

その後、パンツも無事に買うことができました☆


昨日の買い物でも

特にキャミソールとスカートは

自分1人で買い物にいっていたら
絶対に買うことの無かった色と形でした。

パンツも、自分の体形に合ったものが

見つけられなかったと思います。

パーソナルカラーを受けてから

逆に、何を買ったらいいのか

分からなくなってしまったので


昨日、いろいろアドバイスを頂いて

自分の世界が開けた感じがしました。

また、季節の変わり目にアテンドしてもらいたいです。

---------------------------------------


そうなんです。

パーソナルカラーを受けてから

何を買えばいいのかわからなくなる


そういって、ring for lulu へ

いらっしゃるお客様が

たくさんいらっしゃいます。


パーソナルカラーを受けると

「あなたは秋!だからこういう色が似合うの。

テイストはゴージャスorシックです!」

なんて、色見本を見せられながら

”正解”を限定されすぎてしまうことが多い。


何を買っていいかわからなくなるお客様は

皆さん、この”正解”に振り回されて

悩んでしまいます。


「わたしは、この色しか着ちゃだめなのね。

このテイストなのね。」って


このお客様も

ふんわりとした印象をお持ちでありながら

お顔の色味やパーツだけで判断すると

パーソナルカラー”冬”のグループの方


深紅ロイヤルブルーが似合うと言われたけれど

そんなに強い色の服を着るのはちょっと・・・

と、悩んでおられました。



では、正解に振り回されない

上手なパーソナルカラーの取り入れ方とは

どういうものでしょう。


明日、続きを書きますね




ring for lulu sweet style blog-IMG_18440001.JPG

昨日の撮影です。

なんと ringforluluのモデルをお願いしているヤナちゃんと偶然にも同じお仕事でした!

一年半振りの再会でした。

やっぱりかわいい~♪

↑このページのトップへ